主題歌は元チャットモンチー 橋本絵莉子の書き下ろし!小川紗良 長編初監督作品、映画『海辺の金魚』予告&ポスターヴィジュアルが解禁

女優・文筆家としても活動する小川紗良の長編初監督作品、映画『海辺の金魚』(6月25日公開)の、予告編及び本ポスターヴィジュアルが解禁されました。

映画『海辺の金魚』
©2021 東映ビデオ

同作は、身寄りのない子供たちが暮らす家を舞台に、そこで育つ少女たちの世界と心の成長を描く人間ドラマ。主役の花役は長編初主演となる小川未祐が演じ、晴海役を現地オーディションで選ばれた花田琉愛がつとめ、芹澤興人、福崎那由他、山田キヌヲが脇を固める。また、4月29日から韓国で行われる第22回全州国際映画祭インターナショナルコンペティション部門での上映も決定している。

そして今回、解禁されたポスターヴィジュアルでは、ストーリーのメインとなる二人の少女、花と晴海の溢れる笑顔を大きく切り取った作品のやわらかな雰囲気が伝わるヴィジュアルとなっている。予告編では、身寄りのない子供たちが暮らす家で育つ花のところに新たに入所してきた晴海との出会い、そして二人の気持ちが次第に通じてあってゆく繊細な心模様が、ロケ地・鹿児島県阿久根市の雄大な自然と対比しながら優しい眼差しで描かれている。そして、後半から流れる橋本絵莉子の主題歌「あ、そ、か」が、温かく包み込むような印象を与える仕上がりとなっている。

https://youtu.be/_OruL3iJItU

また、主題歌については小川監督が小学生のころからファンだった橋本のオフィサシャルサイトへ直接メールでオファーしたことがきっかけで実現した。橋本は主題歌を書き下ろした経緯について「ソロになってサイトを開設したばかりの時に、小川監督から直接の依頼だったのでびっくりしましたが、ラッシュ映像をみて一瞬で引きこまれました。普段、自分が目にしない知らない世界をテーマに扱っていて、そこに自分の息子と同じくらいの子供たちが沢山いる―。どうしようもない強い衝撃を受けました。そして、私でできるかな?私でできることはあるかな?という二つの気持ちから主題歌を引き受けました。どうしたらこの作品の世界観の一員になれるか、自然に寄り添うことができるかなと意識しながら制作しました。ソロになって初めてのバンド編成での制作となった曲ですが、小川監督に気に入って頂けて良かったです。」とコメントした。

なお、全国共通特別鑑賞券も4月23日(金)より上映劇場(一部除く)、前売券通販サイト「メイジャー」で発売も決定。映画『海辺の金魚』は2021年6月25日より新宿シネマカリテほかで公開。

『海辺の金魚』チラシ裏
©2021 東映ビデオ

 

■小説『海辺の金魚』の発売も決定!

文筆家としても活動する小川紗良の書き下ろした小説「海辺の金魚」が、ポプラ社より6月10日に発売することも決定。映画と同じ施設を舞台に、そこで生きる子供たちの姿を綴ったオムニバス形式の短編集で、映画「海辺の金魚」のエピソードも一遍に収められている。

小説『海辺の金魚』

小説『海辺の金魚』

書名:海辺の金魚
著者名:小川紗良
発売日:6月10日
定価:本体1500円(税別)
発行:ポプラ社
詳細:https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/8008345.html

―あらすじ―
児童養護施設で暮らす花は、夏を迎えて18歳になった。翌春には施設を出るきまりだが、将来への夢や希望が何ひとつない。花が8歳のとき、母親が無差別殺人の罪で逮捕・勾留されて以来、彼女の心には何物も入り込む余地がなくなっていたのだった。ある日、ボロボロのぬいぐるみを抱えた女の子・晴海が施設にやってくる。必死になってぬいぐるみを抱きしめている晴美の姿に、花はかつての自分を重ね合わせていた……。表題作「海辺の金魚」の他、「みっちゃんはね、」「星に願いを」「花びらとツバメ」の4篇を収録した連作短編集。

 

<作品情報>

映画『海辺の金魚』

映画『海辺の金魚』

6月25日(金)新宿シネマカリテほか公開

出演:小川未祐 花田琉愛 芹澤興人 福崎那由他 山田キヌヲ
監督・脚本・編集:小川紗良
撮影:山崎裕
音楽:渡邊崇
スチール:川島小鳥
企画・プロデュース:小出大樹
共同プロデューサー:岡田真 佐藤現
主題歌:橋本絵莉子「あ、そ、か」(Sony Music Artists Inc.)
特別協力:鹿児島県阿久根市・阿久根市フィルムコミッション
製作・配給:東映ビデオ
公式サイト:https://umibe-kingyo.com/
公式ツイッター:@UmibeKingyo

―STORY―
児童養護施設で暮らす18歳の花(小川未祐)は、施設で暮らせる最後の夏を迎えていた。そこに新たに8歳の少女・晴海(花田琉愛)が入所してくる。かつての自分を重ねた花は、晴海と過ごすうちに今までに無かった感情が芽生えてゆく。

©2021 東映ビデオ

Tokyo Now Author