ミュージカル『アリージャンス~忠誠~』開幕!

濱田めぐみ・海宝直人が姉弟役を演じるミュージカル『アリージャンス』が3月12日(金)東京国際フォーラム ホールCにて、日本初演を迎える。

ミュージカル『アリージャンス~忠誠~』
(左から)ケイ・キムラ役/濱田めぐみ、サミー・キムラ役/海宝直人、カイト・キムラ役/上條恒彦、タツオ・キムラ役/ 渡辺徹

第二次世界大戦下アメリカで起きた日系人強制収容を描くミュージカル『アリージャンス~忠誠~』。「スター・トレック」シリーズで知られる米国日系人俳優ジョージ・タケイ氏と家族の実体験をもとにした物語で、2015年ブロードウェイで上演、今回、日本キャストで初上演される。

『アリージャンス』は戦時下のアメリカを生きた日系アメリカ人たちの物語。1942年に米国のルーズベルト大統領が署名した大統領令により、日系米国人は「敵性外国人」と見なされ約12万人が全米各地で数年間にわたり強制収容された。本政策に対しバイデン大統領が本年2月に声明を発表し、改めて謝罪をしたことは記憶に新しいが、広くは知られていない歴史の1ページでもある。

自由の国でアメリカ人として生きていた彼らは、ある日突然“日系”という理由だけで国家の敵とされ、強制収容所に移送されてしまう。アイデンティティを否定された中で、何に忠誠を誓い、何に信念を持って生きるのか― 葛藤しながらも、希望を見つけ前に進んでいく人々を描く。

激動の時代に翻弄される日系キムラ一家。それぞれの信念を貫いたがゆえの家族の分裂、そして再生を描いた感動のストーリーだ。

ミュージカル『アリージャンス~忠誠~』
(左から)ケイ・キムラ役/濱田めぐみ、タツオ・キムラ役/渡辺徹、カイト・キムラ役/上條恒彦、サミー・キムラ役/海宝直人

記念すべき日本初演では日本ミュージカル界を牽引する濱田めぐみと海宝直人がキムラ家の姉ケイと弟サミーを演じる。キムラ家の“おじいちゃん”カイト役に上條恒彦、父タツオ役に渡辺徹、ほか中河内雅貴、小南満佑子、今井朋彦をはじめ実力派キャストが結集した。

日系家族の物語が軸となる本作にはブロードウェイで英語上演された際も日本語や日本文化が散りばめられていた。日本で上演するにあたり演出チーム、キャストともに日本の観客が自然に理解できるよう、試行錯誤、調整を重ね、同時に当時の日系一世、二世それぞれが持つ価値観や時代背景を考えながら繊細な感情表現まで模索していった。

日系人収容という史実を描く一方で、楽しいダンスナンバーやドラマチックな音楽も見どころだ。逆境でも希望を失わず力強く生きる登場人物たちの姿に勇気づけられる。

ミュージカル『アリージャンス~忠誠~』
(中央)フランキー・スズキ役/中河内雅貴

撮影:宮川舞子

 

濱田めぐみ コメント
いよいよ来たかという感じです。一公演一公演、大切に演じたいです。日系人収容所のお話自体、広く知られていない歴史だと思います。色々な資料を読み当時の方の経験を知って、ショックを受けることもありました。深い想いを持ちながらお芝居をしたいと思います。『アリージャンス』という作品が持っているメッセージ・テーマは、まさに今を生きている我々とリンクします。「あなたは何者ですか?」「あなたは何に忠誠を誓いますか?」と問われている気がします。お客様にもこの作品をご覧になって何かを見返すきっかけになるようなメッセージを届けたいです。

海宝直人 コメント
日本人だけで演じるのが難しい作品でもあると思います。そんな中で、皆で試行錯誤して創り上げてきました。ブロードウェイ版とはまた違う素晴らしい日本版が出来上がっていると思います。精一杯演じていきたいです。
本当に素晴らしい俳優たちが集結しているのでぜひ舞台上の役者のエネルギーを感じてほしいです。

渡辺徹 コメント
ミュージカル初挑戦になります。はじめてで、いきなりミュージカル界を代表する二人の父親を演じるので、足を引っ張らないようにしたいです(笑)。濱田さん、海宝さんの歌を常に特等席で聞けるのは非常にラッキーですね。本作は日系人たちの歴史を描く一方で、家族の話でもあります。今の時代、「分断」という言葉がいたるところで聞かれます。大変な状況で家族の絆がどうあるべきか、そういったところもぜひご覧いただきたいです。

 

■東京公演チケット情報

25歳以下限定チケット U25発売中
https://horipro-stage.jp/event/allegiance20210121/

【対象公演来場特典】『アリージャンス~忠誠~』アフタートーク・バックステージツアー映像プレゼント
https://horipro-stage.jp/event/allegiance20210222/

 

<公演概要>

ミュージカル『アリージャンス~忠誠~』

ミュージカル『アリージャンス~忠誠~』

[キャスト]
濱田めぐみ
海宝直人

中河内雅貴 小南満佑子

上條恒彦 今井朋彦

渡辺徹

照井裕隆 西野誠 松原剛志 俵和也
村井成仁 大音智海 常川藍里

河合篤子 彩橋みゆ 小島亜莉沙
石井亜早実 高橋莉瑚

[スタッフ]
脚本:マーク・アサイト、ジェイ・クオ、ロレンゾ・シオン
作詞・作曲:ジェイ・クオ

演出:スタフォード・アリマ
共同演出:豊田めぐみ
上演台本・訳詞:高橋知伽江
翻訳:渋谷真紀子
音楽監督:江草啓太
振付:前田清実 藤山すみれ
美術:松井るみ
衣裳:前田文子
照明:中川隆一
映像:新保瑛加
音響:佐藤日出夫
ヘアメイク:宮内宏明
アクション:渥美 博
歌唱指導:西野 誠
通訳:伊藤美代子
演出助手:福原麻衣
舞台監督:北條 孝

[東京公演]
期間:2021年3月12日(金)~28日(日)
会場:東京国際フォーラム ホールC
主催:ホリプロ/TOKYO FM

[名古屋公演]
期間:2021年4月17日(土)~18日(日)
会場:愛知県芸術劇場大ホール
主催:キョードー東海
お問い合わせ:キョードー東海
TEL:052-972-7466 (10:00~19:00 日・祝休)

[大阪公演]
期間:2021年4月23日(金)~25日(日)
会場:梅田芸術劇場メインホール
主催:梅田芸術劇場
お問い合わせ:梅田芸術劇場
TEL:06-6377-3800 (10:00~18:00)

企画制作:ホリプロ

[感染症対策]
本作品は、お客様に安心して観劇していただく為、感染対策を徹底しています。楽屋や大道具小道具にはすべて抗菌処理を施し、楽屋内に菌を持ち込まないよう衣服の除菌・靴の履き替え・マスクの取り替えなど厳密にルール化。
舞台稽古もギリギリまでマスクを着用して実施しています。
劇場での対策も徹底し、検温・消毒、劇場内のこまめな消毒、ロビーでの密を避ける動線確保や換気の強化にも努めるなど、様々な対策を講じています。

こちらもご一読ください
『アリージャンス~忠誠~』ご来場のお客様へご案内《主催の取り組み、注意事項》
https://horipro-stage.jp/pickup/allegiance20210311/

Tokyo Now Author