映画『君は永遠にそいつらより若い』が香港国際映画祭“Fantastic Beats”部門へ出品決定!

 

映画『君は永遠にそいつらより若い』
©「君は永遠にそいつらより若い」製作委員会

芥川賞作家・津村記久子のデビュー作にして第21回太宰治賞受賞作品である『君は永遠にそいつらより若い』が実写映画化され、2021年秋にテアトル新宿ほか全国順次公開となります。

本作は、卒業間近の大学生である主人公がなんとなく過ごす日常の中で、ふとした折に「暴力」「児童虐待」「ネグレクト」などの社会の闇と、それに伴うやり切れない「哀しみ」に直面する物語。

そして今回、香港国際映画祭“Fantastic Beats”部門への正式出品が決定した。本作初の海外上映となり、映画祭招待にあたっての吉野竜平監督によるコメントが届きました。

吉野竜平監督コメント
香港国際映画祭での上映、大変光栄に思います。
日本の片隅に生きる若者たちのとりとめのない日常や苦悩や痛みが海外のお客さんにどう受け止められるのか今からハラハラしていますが、この映画のキャラクターたちは国境を軽々と飛び越える力を持っていると信じています。

©「君は永遠にそいつらより若い」製作委員会

 

■第45回香港国際映画祭は4/1~12開催!

今回で45回目となる香港国際映画祭は、4/1~12にかけての12日間、オンラインとリアルで併催されます。本作が正式招待された“Fantastic Beats”部門は、2018年まで“I See It My Way”部門だったものが2019年開催時から改称されたもの。若い観客向けの作品を紹介する部門として、日本映画では過去に『リバーズ・エッジ』『勝手にふるえてろ』などが上映されました。

 

―STORY―
大学卒業を間近に控え、児童福祉職への就職も決まり、手持ちぶさたな日々を送るホリガイは、身長170cmを超える22歳、処女。変わり者とされているが、さほど自覚はない。バイトと学校と下宿を行き来し、友人とぐだぐだした日常をすごしている。
同じ大学に通う一つ年下のイノギと知り合うが、過去に痛ましい経験を持つイノギとは、独特な関係を紡いでいく。
そんな中、友人、ホミネの死以降、ホリガイを取り巻く日常の裏に潜む「暴力」と「哀しみ」が顔を見せる…。

 

映画『君は永遠にそいつらより若い』

2021年秋 テアトル新宿ほか全国順次公開

[CAST]
佐久間由衣 奈緒/小日向星一 笠松将 葵揚 森田想/宇野祥平 馬渕英里何 坂田聡

[STAFF]
監督・脚本:吉野竜平
原作:津村記久子『君は永遠にそいつらより若い』(ちくま文庫)
主題歌:小谷美紗子「眠れない」

プロデューサー:深谷好隆
共同プロデューサー:戸山剛
ラインプロデューサー:南陽
助監督:二宮崇
撮影:平井英二郎
照明:友野雄作
美術:小林楽子
録音・整音:吉方淳二
音楽:加藤久貴
スタイリスト:中村絢・ヤマダタカノブ
ヘアメイク:菅原美和子
制作担当:久保田辰也・渡邊翔太
宣伝プロデューサー:和田有啓
アシスタントプロデューサー:志家千春・阿部瑶子
製作統括:トリックスターエンターテインメント
制作プロダクション:マウンテンゲート・プロダクション
配給:Atemo
配給協力:アーク・フィルムズ
企画協力:筑摩書房
製作:「君は永遠にそいつらより若い」製作委員会・読売新聞社・トリックスターエンターテインメント・キョードーグループ・オセアグループ・博報堂DYミュージック&ピクチャーズ
2020|日本|日本語|シネマスコープ|5.1ch|DCP|118分

公式サイト:https://www.kimiwaka.com/

©「君は永遠にそいつらより若い」製作委員会

Tokyo Now Author