名匠・佐々部清監督、渾身のラストストーリー!映画『大綱引の恋』全国公開決定!

10月31日より鹿児島にて先行公開された映画『大綱引の恋』が、2021年5月より全国公開されることが決定。それに伴い、全国版の本ポスタービジュアルが公開された。

本作は、『陽はまた昇る』(02)『半落ち』(04)『ツレがうつになりまして。』(11)『八重子のハミング』(16)など数多くのヒット作を産み出し、今年3月31日に62歳で急逝された名匠・佐々部清監督の渾身のラストストーリーです。人々の交流や、夫婦・家族を描くことにこだわった佐々部監督が、最後に描いた作品もまた家族がテーマ。鹿児島で400年以上にもおよぶ歴史と伝統を守り続けている川内大綱引を軸に、主人公・有馬武志の家族や、彼自身の愛の物語を描きます。

主人公・武志役を『RAILWAY 49歳で電車の運転士になった男の物語』で日本アカデミー賞第34回新人俳優賞を受賞するなど、演技力の評価が高い三浦貴大。武志が思いを寄せる甑島に勤務する韓国人女性研修医役を、女優だけではなく岩井俊二監督の指導を受け監督もこなす知
英。武志の妹・敦子役には、NHK連続テレビ小説でヒロインを演じるなど、出演作が目白押しの比嘉愛未。その他、石野真子、松本若菜、中村優一、西田聖志郎、朝加真由美、升毅など実力派豪華俳優陣が集結しています。

ポスタービジュアルには、祭りのシーンから力強い太鼓打ちのシーンが起用され、登場人物のビジュアルとともに、鹿児島の壮大な風景がコラージュされました。佐々部監督が遺した、愛おしい人、大切な人への愛の物語に是非ご注目ください。

 

―物語―
有馬武志(三浦貴大)は35歳にして奥手の独身。鳶の親方であり“大綱引”の師匠でもある父・寛志(西田聖志郎)から常々「早う嫁を貰うて、しっかりとした跡継ぎになれ」とうるさく言われている。とある日、ふとした事件から韓国人女性研修医ジヒョン(知英)と出会い、次第に心を通わせるようになる。その頃有馬家では、母・文子(石野真子)が定年退職を宣言し女将も家事も放棄したため、妹・敦子(比嘉愛未)はじめ家族の皆が四苦八苦する。一方、年に一度の一大行事“大綱引”が迫るなか、武志はジヒョンから「あと2週間で帰国するの」と告げられる。「出会いとは?」「結婚とは?」「家族とは?」「覚悟とは?」―二人の恋を通して描かれる様々な愛の物語。

 

映画『大綱引の恋』

2021年5月より新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座他 全国公開

[出演]
三浦貴大 知 英/比嘉愛未/中村優一 松本若菜 西田聖志郎 朝加真由美 升 毅  石野真子 金児憲史 金井勇太 伊㟢充則 安倍萌生 月影 瞳 小倉一郎/恵 俊彰(友情出演) 沢村一樹(友情出演)

[監督]
佐々部 清

[主題歌]
AI「Story」

[企画・原案]
西田聖志郎

[脚本]
篠原髙志

[プロデューサー]
臼井正明

[音楽]
富貴晴美

[製作]
映画「大綱引の恋」フィルムパートナーズ

[企画製作]
パディハウス

[制作協力]
シネムーブ

[公式サイト]
http://ohzuna-movie.jp/

[上映時間]
108分

Tokyo Now Author