吉沢亮、役柄に今までにないほど共鳴!? 「ここまで内面と役柄がフィットする瞬間はなかなかない」『AWAKE』完成報告会見を開催

12月25日より全国ロードショー、映画『AWAKE』が公開に先駆けて、12月8日にグランドハイアット東京で完成報告会見を開催。主演の吉沢亮をはじめ、若葉竜也、落合モトキといった若手実力派俳優に加え、山田篤宏監督が登壇し、撮影裏話や公開に向けての思いを語った。

©2019『AWAKE』フィルムパートナーズ

棋士になる夢を諦めた最強将棋ソフト開発者・英一役の吉沢は「将棋映画だしAIだし、難しいのかと思いきや、ド直球のエンタメです。爽快感のある青春ストーリーで本当に面白い。いい作品が出来て、それに参加できたのは嬉しい。すごく好きな作品です」と自賛するほどお気に入り。演じる上では「撮影前に体重を増やしたり、将棋を指しているときの姿勢や体の揺れ、表情なども工夫しながら」とこだわりを明かした。

英一のライバルで人並み外れた強さを誇る棋士・陸役の若葉は「実際に子供たちの将棋を見に行ったり、映像で棋士の立ち居振る舞いを見たり。棋士の方々の差し手や所作を体に落とし込みました」と役作りを回想。英一の先輩で変わり者のプログラマー・磯野役の落合は「セリフが専門用語すぎて大変。呪文のように覚えようと、意味を考えずに言葉を喋っていたイメージです」と専門的役柄に苦労もあったようだ。

本作で第1回木下グループ新人監督賞グランプリを受賞した山田監督は、今をときめく俳優陣総出演での商業デビュー作に「凄いなぁ…と見てます。いまだに…」と緊張気味も、晴れ晴れとした表情を浮かべていた。

また吉沢との初共演に落合が「素晴らしい役者さん。二人の空間で嬉しい気持ちで毎日やっていました」と弾んだ声でいうと、同じく初共演の若葉は「吉沢君には勝手なイメージで爽やかでスターな感じなのかと思っていたら、死ぬほど暗くて…。こんな感じなんだと思った。英一は本来の吉沢君の姿に近いのかも」と自身が抱いていた吉沢のイメージとのギャップに驚き顔。それに対して吉沢は「英一と僕は近いです。自分で言うのもアレですけど…」と否定せず「周りに興味はあるけれど、あまりに暗くて興味のないふりをしている感じとかが理解できる。ここまで役柄の内面とフィットする瞬間はなかなかない」と英一に共鳴していた。

さらに藤井聡太二冠の「AI超え」にちなんで、それぞれが今年「超えた」と思うものを発表。若葉は「洋服にはお金をかけないタイプだけれど、ありえない金額のコートを急に買いました」と告白。吉沢は「筋トレ超え」といい「役作りのために去年の終わりくらいから筋トレをやり始めて、細マッチョというよりは、ガタイが大きい感じになった。今は痩せましたが、腕も胸もボンッ!となっていたときもあります」と報告した。

山田監督は「このような会見などで、度々緊張を超える瞬間があります」と照れ。落合は「30歳になったので食を見直しました。最近は大人っぽく、ウナギを食べるようになった」とウナギ超えを明かしていた。

くじけそうになった時の回復方法は?との質問には、幼少期から大衆演劇で俳優として活動していた若葉は「ほぼ毎日くじけています。自分が唯一生活できる可能性の高いのはこの仕事。挫折的に役者の仕事をしているので、今もくじけ中です」と日々試行錯誤の連続のよう。

吉沢は「壁をどう乗り越えていいのかわからないときは、自分をネガティブに落とし込む。いざ蓋を開けたら何もなかったというパターンが多い。やるしかない状況に自分をネガティブに落とし込んでいく。そうすると意外とできることが多い」と自ら実践しているメソッドを明かした。

落合は「時間が解決するとは思うけれど、応急処置は必要。そんなときは飼っている二匹の猫が寝ているところに顔をうずめる。猫に迷惑をかけるけれど、それが僕の応急処置」とペットが癒しだと明かす。山田監督は「落ち込みそうになった時は、人のせいにする。問題を自分の身から一旦離して考えると意外と深刻にはなりません」と回避方法を勧めていた。

写真撮影タイムには、英一(吉沢)が作った将棋プログラムの指し手として、劇中で使用されたロボットアーム【新電王手さん】もステージに登場。公開に向けて吉沢は「将棋ファンはもちろんのこと、そうでもない方にも楽しんでもらえる作品。友情や青春、成長など普遍的なものが根本のテーマにあるので、色々な世代の方々に観てほしい。クリスマスにぜひ!」と呼びかけていた。

 

―STORY―
大学生の英一(吉沢亮)は、かつて奨励会(日本将棋連盟の棋士養成機関)で棋士を目指していた。同世代で圧倒的な強さと才能を誇る陸(若葉竜也)に敗れた英一は、プロの道を諦め、普通の学生に戻るべく大学に入学したのだった。幼少時から将棋以外何もしてこなかった英一は、急に社交的になれるはずもなくぎこちない学生生活を始めるものの、なかなか友人もできない。そんなある日、ふとしたことでコンピュータ将棋に出会う。独創的かつ強い。まさに彼が理想とする将棋を繰り出す元となるプログラミングに心を奪われた英一は、早速人工知能研究会の扉をたたき、変わり者の先輩・磯野(落合モトキ)の手ほどきを受けることになる。自分の手で生んだソフトを強くしたい―。将棋以外の新たな目標を初めて見つけ、プログラム開発にのめり込む英一。数年後、自ら生み出したプログラムを<AWAKE>と名付け、コンピュータ将棋の大会で優勝した英一は、棋士との対局である電王戦の出場を依頼される。返答に躊躇する英一だったが、相手がかつてのライバル、若手棋士として活躍する陸と知り―。

 

映画『AWAKE』

12月25日、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

出演:吉沢亮 若葉竜也/落合モトキ 寛一郎/馬場ふみか 川島潤哉 永岡佑 森矢カンナ 中村まこと
監督・脚本:山田篤宏
製作総指揮:木下直哉
エグゼクティブ・プロデューサー:武部由実子
プロデューサー:菅野和佳奈
アソシエイトプロデューサー:新野安行
音楽:佐藤望
撮影:今井哲郎
照明:酒井隆英
録音:渡辺丈彦
美術:小坂健太郎
装飾:櫻井啓介
衣裳:松下麗子
ヘアメイク:小坂美由紀
音響効果:渋谷圭介
視覚効果:豊直康
PC 画面制作:北郷宏行
演技事務:平藪明香
助監督:五藤陵
制作担当:米田伸夫
音楽プロデューサー:杉田寿宏
ラインプロデューサー:氏家英樹
将棋協力:日本将棋連盟
将棋電王戦協力:dwango DENSO DENSO WAVE
プログラミング協力:コンピューター将棋協会(CSA)
製作:木下グループ
制作協力:ザフール
制作・配給:キノフィルムズ
2019年/日本/日本語/119分/カラー/シネマスコープ/5.1ch

公式HP:https://awake-film.com/
公式Twitter:@awake_eiga2020
公式Instagram:@awake_eiga2020

©2019『AWAKE』フィルムパートナーズ

Tokyo Now Author