吉田羊・鈴木梨央 出演の「ポカリ、のまなきゃ。」シリーズ第14弾新CM公開

大塚製薬株式会社は、健康飲料「ポカリスエット」の新CM「ふたりで坂道」篇、「冬よ来い、来てみろ」篇、「おとなりの洗たくもの」篇、「冬はホットで」篇などを、11月29日(日)から全国で放映開始します。

新CMのテーマは、「今年の冬は“強い自分を守っていこう”」。
今回は少し大人になって、将来を考える年頃の娘と、まだまだ無邪気な母との掛け合いです。
毎日通りかかる家の近所の坂道を舞台にして、ふたりの“冬の散歩”を描きました。

 

■吉田羊さん、鈴木梨央さんインタビュー

今回の歌唱収録について聞かれた吉田さんは、「梨央ちゃんとの母娘共演も6年目に入り、二人の歌声が年々似てきているなと感じます。時々しか会えなくても、ポカリの世界観という共通認識が二人をぐっと近付ける、本当に不思議でステキなCMだなと感じています」と鈴木さんとの共演を振り返りました。鈴木さんは今回の3人の共演について、「石崎ひゅーいさんの作詞作曲された『さよならエレジー』が大好きで、実際にお会いした時は羊さんと2人でテンションがあがってしまいました。緊張して自分からうまく話せなかったことを後悔しています」と石崎さんとの初共演に興奮した様子でした。

今回CMシリーズ史上初、男性のコーラスが入り、その感想を鈴木さんは、「メロディの音色、ハモリも、より深まったと思います。3人で歌っていた時、不思議な感覚になり、あたたかくて幸せな気持ちになりました」と語りました。吉田さんも「初めて母娘の歌声に男性の声が乗り、また世界が広がりました。ひゅーいさんの歌声は、ポカリ母娘をそっと見守ってくれているようで、なんだかホッとします」とコメントを寄せてくださいました。

吉田さんは仕上がった楽曲を聞いて「今回も優しい世界が出来上がったな」と感じたと答え、さらに「この男性はこの母娘にとってどんな存在だろうと、背景にある物語を想像する楽しみも加わりました」と続けました。鈴木さんも「心の中にあたたかいものがふわっと入ってくるような優しい気持ちになりました」とコメントしました。

「どんな時でも常に笑顔で楽しむこと、そしてくじけない」ということを考えながら、歌詞に寄り添って歌ったという鈴木さんは、今回のCMについて「(今回のCMをみて、楽曲を聞いて)心があたたかく笑顔になっていただけたら嬉しい」と話しました。また、ポカリのCMで歌を歌う時はいつも「まっすぐに届ける」ことを意識しているという吉田さん。「今回は特に『負けない』というシンプルな強いメッセージだったので、よりまっすぐ、より心を込めて歌いました。様々なものと世界中が闘っているこの冬、このCMが皆様を元気付けるものになったらいいなと願っています」と想いを語りました。

 

■石崎ひゅーい コメント

僕がスタジオに着いた時にはもう吉田さんと鈴木さんのレコーディングが終わっていて、歌入れの前にそのテイクを聴かせていただいたのですが、それがとても素敵すぎて…あたたかい気持ちになりました。家族の一員になれたような気がして嬉しかったです。すでにお二人の世界が出来上がっていたので、そこに溶け込んでいくようなイメージで歌わせていただきました。冬も近づいて、だんだんと寒くなってきましたが、このカントリー・ロードを聴いて温かい気持ちになっていただけたら嬉しいです。

 

■動画リンク

・「ふたりで坂道」篇15秒:https://youtu.be/iWF4O9OICDU
・「冬よ来い、来てみろ」篇15秒:https://youtu.be/FIcgOGDsLHU
・「おとなりの洗たくもの」篇15秒:https://youtu.be/aeE1l7Vvv18
・「冬はホットで」篇15秒:https://youtu.be/YKK-T4elDUw
・「冬よ来い、来てみろ」篇30秒:https://youtu.be/B1W3C2cO6Ew
・「ヒトもネコもタコもかわきます」篇60秒:https://youtu.be/PcxMDN8LOQ8
・ロングバージョン:https://youtu.be/xOdj8qXFJ_A

Tokyo Now Author