コロナ時代における 新しい旅のカタチを映像化!電子雑誌「旅色」がオリジナルショートムービーを公開

株式会社ブランジスタメディアは、電子雑誌「旅色」のオリジナルショートムービーを公開しました。

「旅色」オリジナルショートムービー「おばあちゃんとの旅」ストーリー:https://tabiiro.jp/yado/cp2007/movie2/

コロナ禍のなか旅の意義が問われています。Go Toトラベルキャンペーンを享受する人がいる一方、出かけることを逡巡する人たちもいます。不要不急の基準が個人に委ねられるなかで、それでも旅はあらゆる人の日常に寄り添ってくれるリフレッシュの装置だと思っています。

こんな時代だからこそ、旅メディアとして情報を発信するだけではなく、旅をすることの本質的な価値を伝えたいと思っていました。観光スポットを巡ってたくさん写真を撮る旅も、もちろんステキです。でも、それだけじゃない。みんな自分に合った旅のスタイルを楽しんでいいはずです。そのような想いを一つの物語として映像で届けられる“映画”という手法が、ぴったりとハマりました。

国内のオリジナル旅行プランを無料相談できる「旅色コンシェルジュ」へこれまでに寄せられた7,000件以上の実際の問い合わせの中から、家族を想う旅というテーマに合ったものを選び、『リュウグウノツカイ』、『桜ノ雨』、『天使のいる図書館』など、人物描写に定評のあるウエダアツシ監督と議論を重ねてストーリーを作り上げました。

コロナ禍の影響で引きこもりがちになってしまった祖母にガンが見つかり、孫が祖母を喜ばせるために2人旅に出るという少し重たく感じる内容なので躊躇がありましたが「戸惑っていては伝わらない」という監督の声に背中を押していただき、思い切って制作に踏み切りました。

2007年の創刊以来、さまざまな旅のスタイルを伝えてきた「旅色」だからこそ、心を満たす旅の本質を伝えられると思っています。これからも「旅色」は、ウェブ媒体の特性を生かしながら、さまざまな旅のカタチを展開していく予定です。

ウエダアツシ監督 コメント
今は自身の心持ち次第で自粛にもGo Toにも不要不急にもなりうる、そんな時期ではないでしょうか。でも「もう安全」ではまだありません。ウイルスが近くにあることは忘れず、都度思案し、自分なりのポリシーと対策をもって歩みを進めていくことが大事なのかなと思います。人それぞれ状況も感覚も異なりますが、この物語がひとつのケースとして、今の旅のカタチを考えるきっかけになれば嬉しいです。

作家・マンガ家/小林エリカ コメント
いつどんなときにも誰かが旅している姿を観るのは楽しいものですね。こんな宿やこんな旅ならこんなストーリーもありえるかもと空想が膨らみます。気鋭の監督と俳優、素晴らしい宿の合体。旅色のムービーたちが、それを観たひとりひとりの旅が、ここから生まれていきますように。

映画ソムリエ/東紗友美 コメント
旅の意味って一緒に行く人と、特別な空間で、普段話せない話をする。非日常がもたらす人と人の心を一つにしてくれるちいさな奇跡。いまだからこそ、改めて旅の意義を感じます。

 

<作品概要>

「旅色」オリジナルショートムービー「おばあちゃんとの旅」

キャスト:佐藤玲、今野ひろみ、竹内ちさ子
脚本、監督、編集:ウエダアツシ
撮影:松井宏樹
録音:弥栄裕樹
衣装:小宮山芽以
ヘアメイク:菅原美和子
取材協力:竹林庵 みずの

Tokyo Now Author