主演・原作・脚本・監督・プロデューサー全て女性!世の女性に贈る…究極の”現代型”ラブコメドラマの誕生!?ドラマパラビ「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」今秋配信決定!

動画配信サービス「Paravi」では、テレビ東京で2020年の秋に放送するドラマパラビ枠(毎週水曜深夜0時58分)で「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」を独占先行配信する事が決定した。

©「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」製作委員会

「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」は、2019年に開催されたテレビ東京、note、幻冬舎による「コミックエッセイ大賞」の入賞作品で、今年10月に書籍化(著:松本千秋)も決定。同コンテストの入賞作品をドラマ化した初めての作品となる。

究極の”現代型”ラブコメドラマの誕生!?「いまどき、マッチングアプリで出会うなんて普通でしょ?」という人もいれば、「えっ、出会い系だよね?正直引く…」という人も。でも何事も実際にやってみないとわからない!「知らない世界を体当たりで体験し作品にして広く伝える」、コミックエッセイの醍醐味ともいうべき作品…それが「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」だ。

友人の勧めで、好奇心からマッチングアプリを始めた38歳の主人公〈松本チアキ〉。恐る恐る覗いたアプリの中には年齢差なんて気にしない年下のイケメン男子が大量にいた!しかも、女性はびっくりするくらいモテまくる!?しかし、出会う相手には体の関係だけが目的のいわゆる「ヤリモク」男たちもたくさん出現。早くに結婚してしまい男性経験があまりないチアキは戸惑いながらも、遅咲きの青春を謳歌!いつの間にかその世界にどっぷりとハマってしまう…。彼女が出会ったのは自分の世代とはあまりにギャップが大きい「イマドキの恋愛観」、そして「アラフォー女性ならではの悩みと孤独」だった…。

年齢を重ね「もう私にハッピーな時間なんて訪れないのかな」なんて少し暗くなっている女性たちに、勇気を出して一歩を踏み出せば新しい世界が広がっていること、いくつになったって自分で人生は変えられるし、それは大きな喜びにあふれているということをお届けしたい。まさに、現代を生き抜く女性たちへの応援歌となるようなドラマである。

主人公の〈松本チアキ〉には、山口紗弥加が決定。24歳で結婚し35歳で離婚した、現在38歳のバツイチ独身女。早期の結婚で失われてしまった青春を取り戻すべくマッチングアプリを始めるが、好奇心からいろんなタイプの男性に出会い、新たな自分を発見するアラフォー女性を演じる。脚本には現代女性の複雑な恋模様を描く名手・舘そらみ。監督にはドラマだけでなくMVや映画、舞台まで多彩な才能を発揮している酒井麻衣。主演・原作・脚本・監督・プロデューサーとすべて女性で構成される本作はそれぞれの考え方や人生経験、過去の恋愛などが少しずつ作品に投影されていて、尋常ではない熱意のこもった意欲作となっている!

 

■松本チアキ役/山口紗弥加 コメント

Q. 本作のオファーを受けた時の感想をお聞かせください。
マッチングアプリって何ですか!?
が正直な感想だったのですが、すっこ抜けた青春を取り戻す38歳・独身女の冒険記と聞き、これはぜひ、実体験として挑戦させていただきたいと思いました。

Q. 台本を読んでみての感想をお聞かせください。
膨大な台詞量に震え、何人と、何回キスするの!?と…
不器用な人間たちによる、甘美と辛酸のミルフィーユのようなドラマです。舘そらみさんが紡がれる言葉たちは一種の生命体で、口にするのも躊躇うような単語すらさらりと吐き出してしまうから、その生々しさに思わず丸呑みされてしまうような危うさがあります。

Q. 松本チアキの役どころについてはどう感じましたか?
年齢的にも、青春を取り戻したいという正直な欲望にも、共感を覚えます。チアキにとっての四つ葉のクローバーを何とか一緒に見つけたい。そんな気持ちです。

Q. 役を演じるにあたっての思い、意気込みをお聞かせください。
私にとっての38歳はまさしく人生の岐路でした。「まだ、30代。」と言い聞かせながら40歳へのカウントダウンを始めるような、気付けばどこかに“焦り”が潜んでいたような…。チアキもそんな時間の中で必死にもがいているのだと思います。もちろん私も同じです。必死で38歳のカラダを作りました。あらゆる意味で「挑戦」です。

Q. 視聴者へのみどころなどメッセージをお願いします。
女性に観ていただきたい作品です。
チアキの“真実の欲望”が、どこかで、誰かの幸せに繋がることを願っています。
どうぞよろしくお願いします。

 

■原作 松本千秋コメント

38歳の春から始めた某マッチングアプリで、私は色んな初体験をしました。
世間的常識を取っ払って飛び込んだその世界は、時に危険で怪しく、ロマンチックで官能的でもありました。この経験を物語として描き始めた当初から、この作品は絶対に映像化を狙っていきたい、という気持ちを込めていました。コミックエッセイ大賞に応募したのも、テレビ東京さんに届いて欲しい一心からでした。この思い、キャッチして頂けてめちゃくちゃ幸せです。皆さん、このドラマ、眩しくて目が潰れそうな美青年が数々登場します。そしてチアキを演じてくださる山口紗弥加さん、その凛とした美しさ…これはもう、ほんと観て!観なきゃ絶対損!!

 

■祖父江里奈(テレビ東京ドラマ室プロデューサー) コメント

多くの人が気になっているけれど、なかなか踏み出すことのできないマッチングアプリの世界。それを少しだけ覗き見できるようなドラマになればと思っています。

20代など若い世代ではマッチングアプリでの出会いはもはや普通で、数種類のアプリを使い分けることもあるようです。私自身は36歳でマッチングアプリというものに正直なところまだ抵抗があります。怖い目に遭ったり個人情報が流出したりするんじゃないかと。しかしこの原作を読んだとき、まだ見ぬ新しい世界への大きな興奮を抑えられなくなりました。同時に、歳を重ねた女性がぶち当たる人生の壁・悩みなどが丁寧に描かれている作品だとも思いました。

主演の山口紗弥加さんは確かなキャリアを重ねている女優さんでありながら、無理を感じさせないキュートさと上品さが大きな魅力で、それゆえ多くの女性から愛されていることがご出演をお願いした理由です。この主人公は一歩間違うとただの奔放な女性に見えてしまう恐れがありますが、実力と品の良さを兼ね備える山口さんならきっとうまく演じてくださるだろう、と。またそれでいて、どこかはかなさや危うさも感じさせる方なので、ハッピーなラブシーンだけでなくアラフォー女性ならではの寂しさや生きづらさも巧みに表現してくださるだろうなと確信しています。あと、原作の松本千秋さんご本人にどことなく雰囲気が似ています(笑)

脚本にはあらゆる女性の生き様・恋模様を描く名手の舘そらみさん。渋谷の街角で「あなたの恋バナ聞きます」という看板を持って立ち、街ゆく女性の恋愛事情を調査するという不思議な活動をしていた方で、その成果は間違いなく今回の作品の表現にも生きています。

監督にはドラマだけでなくMVなどでも活躍中の酒井麻衣さん。映像表現のアイデアが次々と湧き上がってくるパワフルな方で、山口紗弥加さんと若きイケメン男性たちとのめくるめく世界をどのように描かれるのか楽しみでしかたありません!

 

<番組概要>

ドラマパラビ「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」

放送日時:2020年秋放送 毎週水曜深夜0時58分放送
配信:動画配信サービス「Paravi」
Paravi (パラビ):https://www.paravi.jp
原作:「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」(著:松本千秋)
主演:山口紗弥加
チーフプロデューサー:山鹿達也(テレビ東京)
プロデューサー:祖父江里奈(テレビ東京)小松幸敏(テレビ東京)石塚清和
脚本:舘そらみ(『来世ではちゃんとします』『グッド・バイ』『コーヒー&バニラ』)
監督:酒井麻衣(『荒ぶる季節の乙女どもよ。』『恋のツキ』『死役所』)
制作:テレビ東京・ファインエンターテイメント
製作著作:「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」製作委員会
番組公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/38appli/
番組公式twitter:@tx_38appli

Tokyo Now Author