映画『青春カレイドスコープ』舞台挨拶リポート

8月24日(土)、池袋HUMAXシネマズにて映画『青春カレイドスコープ』初日舞台挨拶が上映前に行われ、小島梨里杏、米山穂香、湯浅典子監督、みおり、田中美麗、神村友征監督、鎮西寿々歌、百川晴香、安倍雄治監督が登壇。MCはシャバダバふじが努めた。

左から、小島梨里杏、米山穂香、みおり、田中美麗、鎮西寿々歌、百川晴香

本作は「おかえり、かー子」「明日きっともっと」「夏色のマフラー」3つの作品からなるオムニバス作品となっている。

「おかえり、かー子」からは、湯浅典子監督、主演の小島梨里杏、友人役の米山穂香が登壇した。
主演が決まったときの心境を聞かれた小島は「私自身が生活している上で、自分と他人の見える世界の差について違いを考えることが多かったんですよね。なので、この作品が決まったときは、嬉しかったですし、詩織の役柄(先天性赤緑色覚異常)を知ったときにすごいご縁を感じた。(役に)呼んでいただい気がして嬉しかったですね」とコメント。

続いて、友人の由実役について米山は「由実役と共通点が一つあるなぁ思っていまして、『熱』の漢字の一文字が当てはまると思いました。なぜ、そう思ったかは、みなさん観て、こういうことだったのかなぁと感じていただけたらと思います」とポイントを語った。

現場の雰囲気について聞かれれると、小島は「そうですね・・・笑っていたよね」米山も「ずっと笑っていました」と頷くと、「穂香ちゃんがめちゃくちゃ笑ってくれるのが嬉しくてふざけて笑わす」にっこり。「(小学生並み)お箸を落としただけで笑いが止まらないレベル、だからお話できることがない。舞台挨拶前に話すことを思い返していたんですけど、具体的なことを思い出せなかった」と笑いが絶えなかった様子がトーク中も窺えた。

湯浅監督は、撮影中に意識していたことについて聞かれると「『青春カレイドスコープ』ということで青春の話ですが、『おかえり、かー子』に関しては恋と色がリンクしていくような短編のお話になればいいなと思っていた。撮影も色を意識して撮らせてもらいました。(3篇の中で)一番短い15分なので、ずっと強調して瞬きしないで見ていただきたいです」とアピールした。

 

「明日きっともっと」からは、神村友征監督、W主演を務めるみおりと田中美麗が登壇した。
話が来た時の心境について、みおりは「初めて作品の役柄を見たときに、声優を目指しているところや年齢も近くて二次元が好きなところとか重なる部分が多くて、これは私がやらなければいけない運命だなと思った」と心境を語ると「実際に受かってみて、初めての映画、初主演をいただいて本当に嬉しかったです。すごく陰キャで、髪の毛の量がおびただしくて、そんな感じは経験したことがなかったので、そのへんの役作りが難しかったです」と振り返った。

田中は「オムニバス映画が大好きで、撮影が楽しくできるなと思ってウキウキしていました。OL役なんですけど、人生で初めて男装のコスプレをしました。(会場が)池袋ですしコスプレが好きな方もいらっしゃると思うので共感してくださったら嬉しいなぁ」とにっこり。

みおり&田中は「最初はそんなにしゃべらなかった。緊張しちゃって、ちょっとずつ一緒に絡むときにしゃべれるようになったんですけど、私達よりも、カメラマンや監督のほうが仲が良くて、こちらも楽しくなるような雰囲気を作ってくれた」更に「監督の口癖が『いいじゃん!』リハーサルのときからプラス思考で終始ハッピーでした。飛行機が飛んだり、フンが落ちてきたり、トラブルもあったんですけど、楽しく進められた気がします」と語ると、監督は「言った覚えがないですね(笑)だから口癖なのかもしれませんね。ポジティブなのでみんなが幸せになればいいかな」と笑った。

見どころについて神村監督は「コスプレがけっこう満載で、コスプレの衣装を作るのに相当時間がかかりました。劇中にも出てくる麻倉ひな子役(朝川寛子)が頑張ってくれたので、そこも注目していただきたい」とアピールした。

 

「夏色のマフラー」からは、安倍雄治監督、主演の鎮西寿々歌、親友役の百川晴香が登壇した。
鎮西は「(話を頂いたとき)ちょうど母とジムの入会手続きをしていて、私が『あぁ、やったー!』と言ったら、母は喜んでくれたんですけど、筋トレしているみなさんがこっちを振り返って(笑)」役柄について「美咲は真っ直ぐなんですけど、恋愛に奥手だったりちょっと不器用な部分が私と似ています。もも(百川)とは強い友情で結ばれているんですけど、幼馴染のことを思い出したり、撮影前に幼馴染に電話して温かい気持ちで演じさせていただきました」と語った。

百川は「初めてあったときから、すごい二人が仲良く波長が合う感じでした。台本を見て『こんな青春があるのか!』みたいな話なんですけど、高校時代に戻って学生の友情とかリアルな青春を体験できたような気がしてめっちゃ楽しかった」と微笑んだ。

鎮西&百川から「撮影が4月中旬で、桜が咲いて暖かい頃なんだろうなとイメージしていて、(しかも)撮影場所が(日本一暑い)埼玉の熊谷だと聞いていたので衣装が制服の半袖なので、ちょうどいいねと話していたのに撮影に入ったら、大雪・強風で(笑)ひまわりがあるのに雪でべちゃべちゃ降っていて、寒かった。めっちゃくちゃ寒かったんですけど、本当にスタッフも私たちキャストも仲が良くて私たちがカイロのようにみなさんを温めました(笑)」と撮影時のエピソードを話した。

監督は「先程、二人が話していたように、温かい空気感を見せたかったり、可愛らしく作りたいという感じでやっていました。本当に二人が仲いい感じで、アドリブも多くずっと撮っちゃったりして」と言うと二人から「カットがかからない(笑)」「僕が一番尺が長いんですよ、切りたくなくって・・・」と嘆いた。

映画『青春カレイドスコープ』は8月24日(土)より池袋HUMAXシネマズにて公開。

Tokyo Now Author