世界初の『ONE PIECE』ブラス・エンターテインメント「ワンピース音宴(おとうたげ)~イーストブルー編~」本日開幕!!

8月12日(日)、東京国際フォーラム・ホールCにて世界初の『ONE PIECE』ブラス・エンターテインメント「ワンピース音宴(おとうたげ)~イーストブルー編~」が開幕した。初日公演に先駆けゲネプロが公開され応援サポーターである山里亮太(南海キャンディーズ)と平祐奈が応援に駆けつけた。

「ワンピース音宴」は大ヒットアニメ『ONE PIECE』の世界を音楽とパフォーマンスで体現する今までにないステージ。キャラクターを演じるパフォーマーのダンスやアクションと管楽器やパーカッションを体の一部のように扱うミュージシャンの演奏 で「イーストブルー編」の名シーンを『音楽 x パフォーマンス x アニメ映像』で再現。 数々のライブショーを手がける演出家・金谷かほりと
「ウィーアー!」をはじめ多くの『ONE PIECE』の名曲を生み出した田中公平がタッグを組み、 厳しいオーディションから選び抜かれた日米総勢35名のキャストで世界初のステージに挑む。

1幕は、ルフィがシャンクスと交わした麦わらの約束から、ゾロ、ウソップ、サンジ、ナミとの出会いなど感動のシーンが音楽とともに蘇る。2幕は、『ONE PIECE』の楽曲をふんだんに盛り込んだ「音の宴」。ステージと客席が一体になる興奮 MAX の仕掛けが用意されている。

聴覚と視覚にビビット食い込んでくる高揚感に包まれるステージは何度見ても楽しい、何度見ても新しい、会場の一体感は最高だ。さぁ、海賊たちが奏でる「宴」に、君も参加しよう!!

 

終演後、感想を聞かれた山里は「いやー、すごかったですね!初めて観せてもらったものが完成形じゃないかなと思っていたら更にこういう進化を遂げるんだと驚かされっぱなしで、あと音楽でこんな遊び方があるんだと感動しましたね。新しい魅せ方を見れたのも発見でした」と興奮気味に語ると、平は「大迫力で『ONE PIECE』キャラクターのキャストから演奏されてる方々の表情の一つ一つが素晴らしくて、全員が楽しまれているが伝わってきてお客さんと一体になって最初から最後まで楽しめるなぁ」とにっこり。

以前、『ONE PIECE』はあまり詳しくないと発言していた平は「アニメを事前に観させてもらったんですよ。みなさん言葉がないのに体全部で表現されているのが、(舞台上部にあるスクリーンに映し出されたアニメのシーン)頭の中でいろいろリンクされておもしろい楽しみ方だなと思いました」と話す。

一番印象に残ったシーンを聞かれると山里は「ゾロとミホークの対決シーン」、平は「サンジがお料理をしているシーン」を上げた。

最後に山里は「照れていないで、参加する思いが強ければ強いほどば、自分に何倍、何十倍になって返ってくるので全力で前のめりになって挑んでもらいたいです」と熱いメッセージを送ると、平は「心がはずんで夏の良い思い出になると思うので『ONE PIECE』は大航海するんですが、見ても後悔させないので是非見てください」と、お馴染みのダジャレで締めくくった。

 

「ワンピース音宴(おとうたげ)イーストブルー編」

© 尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • 2018年8月12日(日)~9月2日(日) 全28公演
  • 東京国際フォーラム・ホールC(東京・有楽町)
  • 原作:尾田 栄一郎(集英社『週刊少年ジャンプ』連載中)
  • 演出・構成・振付 :金谷かほり
  • 音楽監督 :田中公平
  • 料金:S席9,800円、 A席8,300円、 B席6,800円 *3歳以下のご入場はお断り致します。
  • お問合せ:キョードー東京 0570-550-799(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)
  • 主催:キョードー東京/フジテレビジョン/東映アニメーション音楽出版
  • 協賛:伊藤園
  • 後援:BSフジ・WOWOW
  • 監修:集英社/東映アニメーション
  • 企画制作:キョードー東京
  • 公式サイト:https://otoutage.com/
  • Facebook:@onepieceotoutage
  • Twitter:@otoutage
  • Instagram:otoutage

Tokyo Now Author