第58回「宣伝会議賞」10月1日から応募受付開始!

株式会社宣伝会議は、日本最大規模の公募広告賞である第58回「宣伝会議賞」の応募受付を10月1日(木)より開始しました。締切は11月19日(木)です。

広告界で活躍する一流のコピーライターや、糸井重里氏・林真理子氏といったプロの書き手を多数輩出してきた本賞。毎回、広告業界が今注目する、ブレイク寸前の女優をイメージキャラクターに起用しています。今年は、元nicolaモデルで江崎グリコ「ポッキー」、「キリン 午後の紅茶」、ソフトバンク「SoftBank学割」などのCM出演で注目を浴びる南 沙良さんがイメージキャラクターに就任し、全国主要駅・主要書店に掲出中の公式ポスターや、月刊『宣伝会議』の表紙を飾っています。

 

■南 沙良さんコメント

Q. 普段生活する中で、「言葉」や「広告」をどのように捉えていますか?
言葉を扱うって難しいな、といつも思っています。私は、自分の感情に「しっくりくる言葉」を探したり、選んだりするのに時間がかかってしまうので、言葉選びや使い方には、日々難しさを痛感しています。広告は普段から目にする身近なものですが、その中にも目を引く言葉もあれば、勇気づけられるような言葉もあって、言葉の存在感の大きさに改めて気づかされますね。

Q. 「宣伝会議賞」に応募する皆さんにメッセージをお願いします。
言葉は「自分らしさ」が反映されるものですよね。自分の想像力や好奇心を言葉で表現できる機会はそう多くないと思うので、ぜひたくさんの方に応募していただきたいと思います。

 

第58回「宣伝会議賞」

[募集内容]
協賛企業から出題される、商品・サービス・企業広告などの広告課題に対して、キャッチフレーズもしくはCM企画の作品を募集します。

[応募期間]
2020年10月1日(木)~2020年11月19日(木)13:00
※応募はWebサイトからのみ受け付け。

[URL]
公式サイト:https://senden.co

[応募資格]
年齢、職業、国籍は一切問いません。個人・実名での応募に限ります。過去に当賞の金・銀・銅賞、もしくはグランプリ・準グランプリ・コピーゴールド・CMゴールドのいずれかを受賞された方は応募できません。また現在、課題関連の広告制作に携わっている方も応募できません。

[応募方法]
宣伝会議賞Webサイトで応募者登録の上、作品を入力・応募することができます。

[審査員]
審査員長の仲畑貴志氏(コピーライター/クリエイティブディレクター)ほか、広告界の第一線で活躍するコピーライターやCMプランナー、クリエイティブディレクター約100名。

[各賞の概要]
グランプリ(1点)       賞状・賞杯・賞金 100万円
コピーゴールド(1点)     賞状・賞杯・賞金 30万円
CMゴールド(1点)      賞状・賞杯・賞金 30万円
眞木準賞(1点)        賞状・賞杯・賞金 30万円
シルバー(7点)        賞状・賞金 5万円
協賛企業賞(各社1点、計36点) 賞状・賞金 3万円

[発表スケジュール]
課題発表:『宣伝会議』2020年11月号(10月1日発売)
一次審査通過者発表:『宣伝会議』2021年3月号(2月1日発売)
二次・三次審査通過者、協賛企業賞及び「中高生部門」受賞者の発表:『宣伝会議』2021年4月号(3月1日発売)
グランプリの発表:2021年3月中旬に都内で開催予定の贈賞式および『宣伝会議』2021年5月号(4月1日発売)

[「宣伝会議」11月号予約注文]

 

「宣伝会議賞」とは
1962年にスタートし、今年58回目を迎える日本最大規模の公募広告賞。日本を代表する企業の実在する商品・サービスを課題として、キャッチフレーズやテレビ・ラジオCM企画のアイデアを募集する“誰でも参加できる”公募型コンテストです。審査員には仲畑貴志氏・谷山雅計氏・山本高史氏ら日本を代表するクリエイター約100名が名を連ね、一次審査通過率は約1%!応募数は増加を続けており、前回の第57回には、応募数は過去最大の62万4670点にのぼりました。

Tokyo Now Author