東京都美術館にて特別展「没後70年 吉田博展」開催決定!

東京都美術館では、「没後70年 吉田博展」を2021年1月26日(火)から3月28日(日)まで開催します。

福岡県久留米市に生まれた吉田博(1876-1950)は、若き日から洋画に取り組み、幾度もの海外体験を通じて東西の芸術に触れながら、独自の表現と技法を確立しました。画家として才能を発揮した吉田は、画業後半期にはじめて木版画に挑戦し、新たな境地を切り開きます。深山幽谷に分け入り自ら体得した自然観と、欧米の専門家をも驚嘆させた高い技術をもって、水の流れや光の移ろいを繊細に描き出しました。画家の没後70年という節目に開催する本展は、最初期から代表作の木版画を一堂に集めるとともに、版木や写生帖をあわせて展示し、西洋の写実的な表現と日本の伝統的な版画技法の統合を目指した吉田博の木版画の全容を紹介します。世界に挑み、ダイアナ妃やフロイトにも愛された画家、吉田博の作品をこの機会にぜひお楽しみください。

 

<開催概要>

没後70年 吉田博展
Yoshida Hiroshi: Commemorating the 70th Anniversary of His Death

[会期]
2021年1月26日(火)~3月28日(日)

[会場]
東京都美術館 企画展示室

[休室日]
月曜日

[開室時間]
9:30~17:30

[観覧料]
詳細は決まり次第、特設WEBサイト等でお知らせします。

[主催]
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、毎日新聞社、日本経済新聞社

[協賛]
ニューカラー写真印刷

[特設WEBサイト]
https://yoshida-exhn.jp

[お問い合わせ]
03-5777-8600(ハローダイヤル)

Tokyo Now Author