渋谷のまちが舞台の”みんなでつくる”音楽フェスティバル「第6回 渋谷ズンチャカ!」開催

渋谷ズンチャカ実行委員会は2020年9月6日(日)、渋谷区立宮下公園を舞台に、市民参加型音楽フェスティバル「第6回 渋谷ズンチャカ!(以下、渋谷ズンチャカ!)」を感染症対策を万全に期して開催します。

渋谷のまちは音楽・ファッションをはじめとした文化の発信地として、多種多様な才能を持った人々が集い、発展を遂げてきました。そして今、渋谷駅を中心に大規模開発の真っ最中です。

渋谷ズンチャカ!はそんな変わりゆく渋谷のまちなかに「1日だけの音楽解放区。」と称し、市民アーティストによる音楽ステージや誰もが音を楽しむことができるワークショップを設置。渋谷に集う多種多様な人々が自由な音楽を通じて繋がり、変わりゆく渋谷の未来に対して誇りや愛着を持って関わるきっかけを生むことで、「ちがいをちからに変える街」渋谷区の象徴として新しいコミュニティーの形を提案してきました。

ただ、今年はコロナウイルス感染拡大がつづくなか、開催について多くの議論がありました。しかし、こんなときだからこそ「音」でつながりたい、つなげたい!という想いのもと、会場を宮下公園に絞りきり、感染症対策を万全に行ったうえで実施および一部のコンテンツについては公式Youtubeチャンネルで配信という決断にいたりました。常に変わりゆく渋谷の街のように渋谷ズンチャカ!も誰も経験したことのない時代に合わせて新しい音楽フェスティバルの形に挑戦していきます。

 

■第6回渋谷ズンチャカ!注目企画

出演者は全員公募!「まちなかステージ」
宮下公園の中にそれぞれ特色ある、3つのステージを設置します。公募で集まった35組の多様で愉快なアーティストが、行き詰まった空気を吹き飛ばすように、この宮下公園の各ステージで、演奏をかき鳴らします。

会場に来れない人も一緒に楽しめる!ズンチャカ初の「オンライン配信」
渋谷に行きたい!でも今年は行きにくい!という方のために、今年は初めての試みとして、宮下公園から、渋谷ズンチャカ!の空気を公式Youtube( https://bit.ly/2YrEHfY )でお届けします。

ソーシャルディスタンスしても音はつながる「ズンチャカ!フィナーレ」
1日の締めくくりは、参加者全員が自由に音を鳴らす毎年恒例の大セッション大会。例年”密”が持ち味でもあったフィナーレですが、今年はソーシャルディスタンスを守りながら、離れていても音で繋がる体験に挑戦します!

 

<開催概要>

第6回 渋谷ズンチャカ!

[日時]
2020年9月6日(日)11:00~18:00
(小雨決行、荒天中止)

[場所]
渋谷区立宮下公園

[入場料]
無料

[主催]
渋谷ズンチャカ実行委員会

[共催]
渋谷区

[後援]
一般財団法人 渋谷区観光協会

[助成]
公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京 Tokyo Tokyo FESTIVAL

[企画]
チーム・ズンチャカ!(市民ボランティア)

[企画協力]
株式会社ヤマハミュージックジャパン 音楽の街づくり推進課

[URL]
WEBサイト:http://shibuya-zunchaka.com/

 

新型コロナウイルス感染症対策について
「渋谷ズンチャカ!2020」は宮下公園にエリアを限定し、政府の新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針およびガイドラインに基づき、東京都のロードマップに準拠した上で、以下の取り組みを中心に、新型コロナウイルス感染拡大の防止対策を徹底の上で開催いたします。

・各企画参加者の適切なソーシャルディスタンスを保つこと
・手指・機材設備等について使用前後に消毒を行うこと
・機材備品等について共用・手渡しを最大限に避けること
・マスク等の飛沫感染を防ぐものの着用にご協力いただくこと
・検温等、直前の症状確認と、それに応じた入・来場判断にご協力いただくこと

また、どんなに対策を徹底したとしてもゼロリスクを求めることはできないため、万が一、感染の恐れがある方が発生した場合は、東京都の新型コロナウイルス感染症電話相談窓口へのナビゲーションを徹底し、スタッフ・出演者については氏名・連絡先情報を事前登録のうえ公的機関と連携することで、クラスター対策への協力を徹底いたします。

Tokyo Now Author