伝説となった渋谷の踊り子「匠悠那」が藤里一郎の手によって蘇る。

渋谷道頓堀劇場で突然ステージを去った踊り子「匠悠那」。ストリップの世界を牽引してきた彼女を延べ7年間にわたり撮影。24,000枚という膨大な作品群から湿度と熱を帯びた36点を展示。今、ここに匠悠那がよみがえります。

匠悠那という踊り子がいた。
あの日も僕は胸が熱くなった。
あのフトモモに触れてみたかった。
あの光り輝く汗が美しかった。
そして10年ほど温めた想いが今、原色の熱情としてよみがえる。
匠悠那という踊り子は、僕の中で生き続けている。

 

<開催概要>

藤里一郎写真展「原色の熱情」

[作家名]
藤里一郎

[日程]
2020年7月28日(火)~8月2日(日)

[時間]
10時~19時(最終日は17時まで)

[入場料]
1,000円

[会場]
Nine Gallery
東京都港区北青山 2-10-22(谷・荒井ビル 1F)
(銀座線 外苑前駅より徒歩3分)
https://ninegallery.com

[アートディレクション]
三村漢

Tokyo Now Author