主題歌は小泉今日子が担当!岩井俊二監督「8日で死んだ怪獣の12日の物語」-劇場版- 予告編解禁!

コロナ禍でも最新のエンターテインメントを届けたいという想いから、岩井俊二監督 × 斎藤工 × 武井壮 × 樋口真嗣がタッグを組み、YouTubeにて配信された『8日で死んだ怪獣の12日の物語』。7月31日(金)より全国のミニシアター支援のために劇場版が公開されることが決定している本作の予告編と主題歌情報が解禁となりました。

本作品は、SNSにて樋口真嗣監督ら5人の監督が発動した「カプセル怪獣計画」の番外編であり、全編ほぼリモートで撮影されました。

主人公のサトウタクミを演じるのは、現在「BG〜身辺警護人〜」(テレビ朝日系)が絶賛放送中で、ミニシアターパークの活動などを通して積極的にミニシアターを支援している斎藤工。俳優としてだけでなく、監督やプロデュースまでもこなすそのバイタリティをリモート撮影という特殊な状況下でも発揮し、主演を務めます。

そして『この世界の片隅に』(2016年)で圧倒的な存在感を発揮したのんが演じるのは、通販で宇宙人を買ったという丸戸のん。「この役を演じられるのはのんしかいない」という岩井監督からのラブコールに応え、岩井組に初参加します。

サトウタクミの先輩オカモトソウを演じるのは武井壮。そして、話題作への出演が続く穂志もえかがYouTuber“もえかす”を演じ、これまでとは違った一面を見せます。個性豊かな岩井組初参加の面々に加え、原案の樋口真嗣も登場し、フィクションなのにドキュメンタリーのようなちょっと不思議で優しい世界へと導いてくれます。世界中が今も直面している新型コロナウイルスとの戦い。このような状況下だからこその岩井俊二のクリエイティブ力が光る、2020年の今を切り取る作品がここに誕生しました。

公開された予告編では、YouTube配信版では見られなかったカプセル怪獣の登場や、サトウタクミ(斎藤工)と新たな登場人物たちの奇妙な会話が展開されています。「地球ってこのままで良いと思います?」丸戸のん(のん)が問いかけるこの言葉が意味することとは…!仮面をつけたダンサーや、空飛ぶカプセル怪獣等、想像もつかないストーリー展開に期待が高まる予告編となっております。

また、主題歌を歌うのは小泉今日子。岩井監督が本作の主題歌はこの曲しかない!と、1987年の小泉の名曲「連れてってファンタァジェン」をリアレンジ。熱烈オファーを受けた小泉がセルフカバーを快諾し、岩井監督がプロデュースするikireとのコラボレーションが実現しました。ピアノには中村由利子を迎え、弦の旋律も混じり合う、2020年版「連れてってファンタァジェン」がここに誕生します。

小泉今日子 コメント
コロナ禍の日々の中、毎朝の配信を楽しみにしていた「8日で死んだ怪獣の12日の物語」がミニシアター支援のために劇場公開されることになったということで、微力ながら参加させて頂きました。33年振りに歌った「連れてってファンタァジェン」でした。この映画が誰かの心のファンタァジェンになりますように。

岩井俊二 コメント
かつて小泉今日子さんのオリジナルビデオに『Phantásien』というファンタジー作品があり、若かりし頃、いつか自分もこういう作品を作ってみたいと思ったものでした。『連れてってファンタァジェン』はそのクライマックスに出てくる曲でした。今回、『8日で死んだ怪獣の12日の物語』のテーマ曲を考えていた時に、不意にこの曲を思い出し、これ以外にないと思ってしまいました。コロナ禍のつらい日々の中で、ファンタジーを強く希求する自分がいて、久しぶりに聴いたこの曲は、今なお色褪せない力強さがありました。小泉今日子さん自身に歌って頂けることになり、本当に夢のようです。

 

<作品概要>

8日で死んだ怪獣の12日の物語

2020年7月31日(金)より全国のミニシアターで順次公開!

[スタッフ]
脚本・監督・造形:岩井俊二
原案:樋口真嗣
主題歌:小泉今日子+ikire「連れてってファンタァジェン」
音楽:蒔田尚昊=冬木透 ikire
プロデューサー:宮川朋之 水野昌

[キャスト]
斎藤工、のん、武井壮、穂志もえか、樋口真嗣

制作:ロックウェルアイズ
配給:ノーマンズ・ノーズ

映画公式サイト:https://12daymonster8.com
Twitter 岩井俊二映画祭:@iwaiff

ⓒ日本映画専門チャンネル/ロックウェルアイズ

 

カプセル怪獣計画
本作品は、「カプセル怪獣計画( @kaijudefeatcov )」の番外編にあたる岩井俊二のオリジナルストーリーです。
カプセル怪獣計画とは、樋口真嗣監督ら5人の監督が発動した「怪獣の人形に願いを込めてコロナウイルスを倒そう」という趣旨のもと、自宅で撮影した見えない大怪獣コロナと自分の怪獣との戦いを、次の仲間にリレー形式でパスしていくものです。

Tokyo Now Author