来場10万人突破!有名人に人気のフエルサブルータ「WA!」に恒松祐里さんがハロウィン仮装で登場

2017年10月17日(火)、品川プリンスホテル ステラボールで上演中のフエルサブルータ 「Panasonic presents WA!」が来場10万人を突破した。

記念すべき10万人目は、神奈川県在住の丸山伸一さん、絵梨香さんご夫妻。お二人にフエルサブルータを勧めたのはご両親だと言う。「両親が二人で観て来て、すごく不思議で、きれいだから、観るといいと言って勧められました」と、伸一さん。「子どもを預かってあげるから、行ってきたら、と言ってくれたので今日は楽しみです」と、絵梨香さんも笑顔を見せた。

そんなお二人を、魔女のドレスのハロウィン仮装をした恒松祐里さんが「おめでとうございます!」と祝福。プレゼントを渡し、一緒に記念写真を撮影した。

恒松さんは「中学生の時にバレエで白雪姫の魔女役を演じ、その時に魔女の衣装を着たので、こういうドレスは5年ぶりです。ハロウィンは毎年、部屋をハロウィン風に飾って、かぼちゃのコスプレをして過ごしています。今年はこのフエルサブルータに家族や友達と一緒に来て、できたら仮装もしてみんなで盛り上がりたいです!」と答えた。

恒松さんはこの日、フエルサブルータ「WA!」の楽しさ、素晴らしさを伝える、新・公演アンバサダーに就任した。これからは、舞台裏に入ったり、自らパフォーマンスに挑戦したりと、新シーズンのフエルサブルータ「WA!」を盛り上げていきたいと意気込みを見せた。

この公演で恒松さんはワイヤーで吊るされて空を飛ぶアクションに挑戦。「空を飛ぶのが夢」だっただけあり、堂々としたパフォーマンスに拍手が湧いた。

初めてワイヤーアクションを経験した恒松さんは、 「ビルの3階くらいの高さがあって、 気持ち良かったです。 高い所にいて足が宙に浮いている感覚は初めてで、 やみつきになりそうです」と、 うれしそうに語った。

初めてワイヤーアクションを経験した恒松さんは、「ビルの3階くらいの高さがあって、気持ち良かったです。高い所にいて足が宙に浮いている感覚は初めてで、やみつきになりそうです」と、うれしそうに語った。

初めてフエルサブルータ「WA!」を観た恒松さんは、「動画で公演の様子を見てはいたのですが、実際に体験すると全然違いますね。こんなにワクワクできる場所が日本にあるなんて、驚きました!上から落ちてくるプールに触れたのも、すごくどきどきしました!泳いでいる出演者の方と距離がすごく近くて、これは体験して、触れてみて初めて感じる感動です」と、フエルサブルータの魅力を力説した。

実はフエルサブルータには、有名人のファンが少なくない。フエルサブルータ「WA!」には連日多くの芸能人やアーティストの皆さんが来場している。

この日の公演にも、Da-iCEのメンバーやMAXのMINAさんが来場。パフォーマーに見つかったDa-iCEの花村想太さんやMINAさんは一般の観客と一緒に山車の上で踊り会場を盛り上げた。

フエルサブルータ 「Panasonic presents WA!」は12月10日まで、品川プリンスホテル ステラボールにて上演。10月はハロウィン企画としてDJナイトやグループ特別割引チケットも販売している。

 

<公演概要>

フエルサブルータ『Panasonic presents WA!』~Wonder Japan Experience~

会場:品川プリンスホテル ステラボール

オフィシャルサイト:http://www.FBW.jp
Instagram:@fb_tokyo
Twitter:@FB_Tokyo
Facebook:http://facebook.com/fuerzabrutaJPN
YouTube:http://www.youtube.com/fuerzabrutaJPN

Tokyo Now Author