“ろう”の写真家・齋藤陽道が子育てを通して嫌いだった「うた」と出会うまでの美しい記録したドキュメンタリー映画『うたのはじまり』公開決定!

“ろう”の写真家・齋藤陽道さいとうはるみちが、 自身の子育てを通して、 嫌いだった「うた」に出会うまでを記録したドキュメンタリー映画『うたのはじまり』が2020年2月22日(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムで公開されることが決定。公開決定情報ならびに、 特報映像、 ポスタービジュアル、 場面写真、 応援コメントが解禁されました。

© 2020 hiroki kawai/SPACE SHOWER FILMS

ある日、 息子への子守歌が生まれた――。

“ろう”の写真家、 齋藤陽道。 20歳で補聴器を捨てカメラを持ち、 「聞く」ことよりも「見る」ことを選んだ。 彼にとっての写真は、 自分の疑問と向き合う為の表現手段でもある。 そんな彼の妻・盛山麻奈美も“ろう”の写真家である。 そして彼女との間に息子を授かった。 “聴者”だった。
幼少期より対話の難しさや音楽教育への疑問にぶち当たり、 「うた」を嫌いになってしまった彼が、 自分の口からふとこぼれた子守歌をきっかけに、 ある変化が訪れる…。 生後間もない息子の育児を通して、 嫌いだった「うた」と出会うまでを切り取った記録。 抱いた赤子に突然泣かれ、 ふと子守歌がこぼれる、 誰にでもある経験。 音は「どんな色をして、 どんな形をしているのだろうか?」。 無意識に現れた「うた」は一体どこから来たのか。

監督は、 古川日出男等による朗読劇「銀河鉄道の夜」の活動を二年に渡り追ったドキュメンタリー映画『ほんとうのうた』(14)、 七尾旅人が戦死自衛官に扮したライブ映像作品『兵士A』(16)等の河合宏樹。

劇場公開に寄せて河合宏樹監督からのメッセージ
赤子をあやす為に彼からぽろっと溢れたうた、 その瞬間にすべては語られた。
歌が祈りに戻った瞬間。 人類が初めて歌った瞬間。
うた、 音楽、 の本来の役割とは何だったのか。 齋藤陽道と共に考えた数年間。
誰しもが持つ歌心に対して、 または、 現在の音楽との接し方について、 今一度、
その根源を思い出して欲しいと思いこの映画を制作しました。
河合宏樹

 

ー応援メッセージー
私がここに記しているコメントの文字に触っても、 そこから振動は感じられない。 けれども、 あらゆる「うた」には響きがある。 私たちの肉体に鼓動があるように、 やっぱり響きがある。 それは結局、 愛には響きがあるのだ、 と言っているような気がする。 私は、 そうした衝撃的な事実を、 この映画『うたのはじまり』に触れて、 知った。 私という小説家は、 この映画に「触った」のだと思う。
古川日出男(作家)

音楽が大好きだというあの娘や、 ステージ袖でガチガチに固まっているあいつや、 歌詞が書けないだなんて悩んでいる彼に見せたい映画でした。 もちろん、 君にも見てほしいし、 むしろ僕こそが見るべき作品だ!と思いました。
後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

 

<作品情報>

映画「うたのはじまり」

2020年2月22日(土)よりシアター・イメージフォーラム ほか順次公開

出演:齋藤陽道、 盛山麻奈美、 盛山樹、 七尾旅人、 飴屋法水、 CANTUS、 ころすけ、 くるみ、 齋藤美津子、 北原倫子、 藤本孟夫 他

監督・撮影・編集:河合宏樹
整音:葛西敏彦
字幕作成:Palabra 株式会社
Score Drawing:小指
配給:SPACE SHOWER FILMS
2020 年|日本|カラー|16:9|86 分|DCP|PG12

公式HP: http://utanohajimari.com/

© 2020 hiroki kawai/SPACE SHOWER FILMS

Tokyo Now Author