乃木坂46・与田祐希「blt graph.」2度目の表紙と16ページに渡るグラビアに挑戦

「TVガイド」や「B.L.T.」等の雑誌を発行する、 株式会社東京ニュース通信社は、 写真集クオリティーのグラビア&インタビュー新型マガジン最新号「blt graph.vol.49」を11月20日(水)に発売しました。 

「blt graph. vol.49」(東京ニュース通信社刊)

今、 アイドル界を牽引する乃木坂46の新たな顔として期待される与田祐希。 グループで音楽番組、 バラエティー番組、 ライブツアー、 海外公演など精力的に活動するほか、 個人としてもファッション誌でレギュラーモデルを務めるなど、 活躍の幅を広げる。 そんな彼女が今回、 「blt graph.」で2度目となる表紙と、 16ページにも渡るロンググラビアに挑戦。 雰囲気のある空間の中、 ニットワンピースでゆったりと佇んだり、 女性らしいキャミソール姿で物憂げに見つめてくるその瞳は、 思わず恋してしまいそうになるほど。 男性ならずとも、 女性でも、 そのかわいくて美しい、 儚げな表情に引き込まれるだろう。

さらに、 グループ加入から4年、 2020年に20歳を迎えるにあたって10代最後を過ごす現在の心境を告白。 その語り口や佇まいから、 のんびりした印象を持たれがちだが、 その実、 とても芯が強く、 目の前の現実から目を離さず立ち向かうたくましさを兼ね備えている。 今の自分の人生について聞かれると、 「崖を登っている感じ」とたとえた与田。 「日々立ち止まったり、 もうムリだって思うこともあったりする」と明かしたうえで、 それでも「誰かが手を差し伸べてくれるし、 応援してくれる人もいるから“また登るぞ!”って気持ちになれるんです」と温かな笑みを浮かべる。 加入した頃より、 いろいろ分かってきたぶん、 プレッシャーの大きさやハードルの高さを感じる毎日。 「どんどん険しい崖になっている」と捉えている与田は、 その崖の先に何が見えているのか。 ――先々のいかなる道にも怯まない、 与田祐希の信念を知るインタビューに注目だ。

【別冊付録ポスター】「blt graph. vol.49」(東京ニュース通信社刊)

このほか、 2020年カレンダーを発売したばかりの 広瀬すず 、 半年で3枚のシングルを発売し、 飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長中の日向坂46から 東村芽依 、 スマホゲーム「戦国布武~我が天下戦国編~」のCMが話題となった 中村里帆 、 「ZIP!」(日本テレビ系)のリポーターを務め、 今年すでに4本ものドラマに出演している 喜多乃愛 、 昨年デビューながら、 愛らしいルックスと魅力的なボディーが話題の 十味 、 水着グラビア初挑戦の野球女子・ 坪井ミサト が登場。

そして、 欅坂46二期生連続企画ラストを飾るのは次作シングルでフロントメンバーに選ばれた 松田里奈 。 人気連載「タビレナ」は、 武田玲奈 が三重県の志摩地中海村を訪れる。

 

■購入者特典

下記対象法人にて『blt graph. vol.49』をご購入の方にポストカードを1枚プレゼント!
※ご購入する法人によって特典絵柄が異なります。

セブンネットショッピング
[特典内容]
与田祐希(乃木坂46) ポストカード 全3種類よりランダムで1枚

【セブンネットショッピング購入者特典】「blt graph. vol.49」(東京ニュース通信社刊)

セブンネットショッピングでのご購入:https://7net.omni7.jp/detail/1107044979
※在庫には限りがございます。 ご了承ください。

TOKYO NEWS magazine&mook
[特典内容]
松田里奈(欅坂46) ポストカード1枚

TOKYO NEWS magazine&mookでのご購入:https://zasshi.tv/products/detail/HBBLT191120_001-00-00-00-00-00
※在庫には限りがございます。 ご了承ください。

[注意事項]
※11月20日現在
※予約開始日時は店舗によって異なる場合がございます。 詳しくは各社HP等にてご確認ください。
※特典付き商品の販売は、 特典の在庫がなくなり次第終了いたします。

 

<商品概要>

「blt graph.vol.49」

  • 発売日 : 11月20日(水) ※一部、 発売日が異なる地域がございます
  • 定 価 : 本体 1,000円+税
  • 表 紙 : 与田祐希(乃木坂46)
  • 仕 様 : A4ワイド判(297×225)、 無線綴じ

全国の書店、 ネット書店のほか、 TOKYO NEWS magazine&mook( https://zasshi.tv/ )にてご予約いただけます。

Tokyo Now Author