新感覚エンタテインメント「コントと音楽 vol.01『振り返れない。』」12月開催!

株式会社ブルーノート・ジャパンは、横浜赤レンガ倉庫内の直営ライブレストラン“モーション・ブルー・ヨコハマ”にて、映画監督/脚本家 飯塚 健氏の演出・脚本による会場一体型コント劇『コントと音楽』を開催します。

ときは2019年師走。場所は横浜のとあるライブレストラン。
ふと耳に入ってくる、気になる会話がすべてのはじまり・・!!
「ヤバい。向こうの席に、元カレがいる!」
「お父さんとご飯食べれるの、もう最後かもしれない」

などなど・・・たまたま入ったレストランで隣の席の会話が気になったりしたこと、誰でもあるはず・・そんな思わず「きき耳立てました」的なシチュエイションを主軸に繰り広げられる、元カレも元カノも家族も友達も入り乱れてのコントの連続。そしてそこに寄り添う煌びやかなメロディとリズム。まさにザッツ・きき耳&盗み聞きエンタテインメント・ショウ!

脚本・演出を務めるのは来年春に新作の全国公開も控えており、これまでも数々の作品を世に送り出してきた気鋭の映画監督/脚本家の飯塚 健。ライブレストラン、モーション・ブルー・ヨコハマを舞台にした、ちょっとおかしな人生縮図ヴァラエティ・ショウ、ここに開幕!

 

■about「コントと音楽」

横浜赤レンガ倉庫内、モーション・ブルー・ヨコハマというライブレストランを舞台に繰り広げられる、新しいエンタテインメントの形「コントと音楽」。

いわゆる“演劇”というスタイルではなく、普段のステージはそのままに(オンステージでは当店のいつものようにバンドが演奏)、客席の一部を小さな舞台装置として出演者が着席。1ステージ約70分程度の上演時間の中に、何本かのコント・シークエンスがあり、その合間にオンステージではバンドが(コントの内容と連動する形で)演奏。時に演者が客席からステージへ登り、歌をうたうことも。店内全体が舞台となり、演者は生きたレストランという環境の中でコントを演じ、時に歌い、時に踊る・・というヴァラエティ・ショウ。

脚本・演出を担当するのは、「荒川アンダー ザ ブリッジ」をはじめ数々のヒット映画/ドラマを手がけてきた映画監督/脚本家、飯塚 健。“コント”、“音楽”、“食”が三位一体となった前代未聞の本企画、そのvol.01を、師走の横浜という絶好なロケーションの中で、ぜひお楽しみください。

 

コントと音楽 vol.01「振り返れない。」

開催期間:2019年12月6日(金)~12月8日(日)

[公演時間]
12月6日(金) 1部 16:30開場、17:45開演/2部 19:30開場、20:45開演
12月7日(土)&12月8日(日) 1部 15:00開場、16:15開演/2部 18:00開場、19:15開演

会場:モーション・ブルー・ヨコハマ(横浜赤レンガ倉庫 2号館3階)

料金:全席指定席 ¥10,000(税込)

音楽プロデュース:海田庄吾
演出・脚本:飯塚 健
衣装:白石敦子

[出演者]
関めぐみ、中別府葵、三浦俊輔、加村真美、日高七海、山田瑠々、久具巨林、平田貴之、市原朋彦、他

公演詳細URL:http://www.motionblue.co.jp/artists/conte-to-ongaku/

Tokyo Now Author