菅田将暉 初監督作品『クローバー』を特別上映!「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019 -秋の映画祭-」10月17日(木)から開催

今年21年目を迎えた米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)は、 東京都共催、 第32回東京国際映画祭との提携企画として、 東京都写真美術館ホールにて10月17日(木)~20日(日)の日程で「秋の映画祭」を開催します。

本イベントでは、 ショートフィルムの魅力を広めることと、 若手映像作家の育成を目的に、 今年5-6月に開催したSSFF & ASIA 2019の受賞作品を特集上映します。 ジョージ・ルーカスアワード(グランプリ)を始めとする選び抜かれた作品を一早くまとめてご覧いただけるとともに、 今年は菅田将暉さんが初監督した『クローバー』を特別上映、 そして『IT/イット THE END “それ”が見えたら、 終わり。 』のピエロ役怪演が話題を呼んだ人気急上昇中の俳優ビル・スカルスガルド出演作品『石が現れた』を日本初公開いたします。

 

■SSFF & ASIA 2019 秋の映画祭 注目ポイント

(1) 2つの特別上映作品 : 話題の菅田将暉さん初監督作品『クローバー』とビル・スカルスガルド( 『IT/イット THE END “それ”が見えたら、 終わり。 』)主演『石が現れた』日本プレミア公開

(2) 注目の次世代俳優作品:次世代映画界のミューズ・柳ゆり菜さん(『東京アディオス』)、 芋生悠さん(『左様なら』)出演作品や2017年アカデミー賞受賞作『ムーンライト』の助演俳優ジャレル・ジェローム主演作品、 テレビシリーズ「ウォーキング・デッド」のグレン・リー役、 スティーブン・ユァン主演作品などこれからブレイク必至の役者たちの貴重な作品を公開!
※柳さんは10月17日(木)15:00~16:40の回に、 芋生さんは10月18日(金)17:00~18:40の回に舞台挨拶に登場!

(3) 現代の社会問題にフォーカス:環境・人種・宗教・家族・SDGs...。 世界では何が起こっているのか。監督の思いがストレートに語られやすいショートフィルムだからこそ描かれる、 世界の様々な「今」を知るプログラム

このほか、 Netflix「13の理由」にも出演、 監督にも挑戦しているマリア・デッジアが母として、 妻として、 女としての佇まいや感情をリアルに演じる作品など、 キラリと光る女性映画人の特集、 そして、 才能あふれる世界のアニメーションクリエイタ―特集など、 ショートショートならではの視点で構成した特集全6プログラム、 30作品を超えるラインナップを上映します。

トークセミナーには『寝ても覚めても』が2018年カンヌ国際映画祭のコンペに入賞、 317分という長編『ハッピーアワー』が国内外で注目され、 ロカルノ映画祭では主演女優4名が最優秀女優賞を受賞、 ポスト黒沢清として次世代の日本映画界をけん引する濱口竜介監督に登壇いただき、 映画と時間の関係、 監督が描く「生きた」映画の人物表現などの話を聞きます。

また、 今回の「秋の映画祭」では、 SSFF & ASIAのスタッフがプログラムや作品についての解説を行い、 来場者と意見交換する機会も設けます。 「監督の視点や想い、 強いメッセージが描かれるのがショートフィルムの魅力。 作品を見た後、 各々がどう思ったかを話してみたくなるはず。 」と来場者との対話を期待しています。

さらに、 企業がブランディングを目的として製作したブランデッドムービーを特集する「BRANDED SHORTS」では、 作品の上映に加えて、 国内外でのクリエイティブ事例が豊富で、 カンヌライオンズや数々の国際広告祭で審査員も務めた広告業界のプロフェッショナル3名をゲストに招き、 海外と進める広告制作の魅力や秘訣をたっぷりと語って頂きます。

 

<開催概要>

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019 -秋の映画祭-

期間:2019年10月17日(木)~10月20日(日)
会場:東京都写真美術館ホール
主催:ショートショート フィルムフェスティバル アジア実行委員会
共催:東京都
後援:J-WAVE
WEB: https://www.shortshorts.org/2019/autumn/
チケット:無料
申込方法:優先入場の申し込みはホームページにて先着順で受け付けます。
※全てのプログラムで当日券をご用意しております。初回上映の20分前より、 当日上映する全プログラムの当日券を先着順にて配布いたします。
※上映日時の詳細はホームページをご参照ください

Tokyo Now Author