10代限定の夏フェス『マイナビ 未確認フェスティバル2019』グランプリは「SULLIVAN’s FUN CLUB」!

10代アーティスト限定の音楽フェス『マイナビ 未確認フェスティバル2019』が、8月25日(日)新木場STUDIO COASTで開催された。審査の結果、グランプリは「SULLIVAN’s FUN CLUB」、準グランプリは「ヒライス」、審査員特別賞は「玉名ラーメン」がそれぞれ受賞しました。

グランプリのSULLIVAN’s FUN CLUB

会場となった新木場STUDIO COASTには、のべ4,200人のリスナーが来場。応募総数3,101組の中から、デモ審査・ネット審査・ライブ審査を勝ち上がった8組の10代アーティストがファイナルステージに挑みました。

渡邉美穂(日向坂46)が「これまでに体験したことのない、最高の、伝説の1日にしましょう!マイナビ 未確認フェスティバル2019、スタート!!」と元気に開会宣言し、ギターをかき鳴らすと、それを合図にオープニングライブがスタートし、マイナビ 未確認フェスティバル2019は幕を開けました。

渡邉美穂(日向坂46)の開会宣言

そして、イベント休憩時間明けでは、渡邉美穂が『SCHOOL OF LOCK!』パーソナリティのあしざわ教頭とのコラボを披露!あしざわ教頭が「ムネト坂46」を名乗り、日向坂46の「ドレミソラシド」のダンスを披露すると、渡邉美穂が後ろからサプライズ登場し、「前々からムネト坂のことは小耳に挟んでいましたが、同じ坂道グループとして負けていられない。」と言い、あしざわ教頭のパフォーマンスを「まだ思い切りが足りてない。ハッピーオーラも足りてない」とダメ出し。その後、渡邉美穂とあしざわ教頭は「ドレミソラシド」のコラボを披露し、会場からは大きな拍手が沸き起こりました。

渡邉美穂とあしざわ教頭のコラボ

同世代のステージを見た渡邉美穂は、閉会式にて感極まって涙。「普段はあまり泣いたりしないんですけど…音楽って本当にいいなと思いました。同じ10代として、びしびしと伝わってくるものがありました。今日、このステージを確認したみなさんのこれからに活かして欲しい。応援ガールとして参加できてよかったです」と言葉に詰まりながら感想を述べました。

渡邉美穂とあしざわ教頭のコラボ

 

◆オープニングアクトは昨年のグランプリ・マッシュとアネモネ「楽しみで眠れなかった」

マッシュとアネモネ

オープニングアクトをつとめたのは、昨年の未確認フェスティバルのグランプリ・マッシュとアネモネ。昨年のグランプリ賞品で、自分だけのオリジナルをそれぞれオーダーしたpantherのスニーカーを履いて登場し、「世界一気に入っているスニーカーで、世界一人生を変えたステージに帰ってきました!」と挨拶し、昨年のウイニングライブ曲「ユートピア」を含む3曲を披露。「思ったより人がいて、めちゃくちゃ緊張しました。ビシッと決めないと、と思って楽しみで昨日も眠れなかった」と。感想を述べました。

 

◆シークレットゲストに未確認フェスの前身イベント「閃光ライオット」出身の片平里菜が登場!

片平里菜

イベントの前半終了時には、マイナビ SPECIAL LIVEのシークレットゲストに片平里菜が登場。未確認フェスティバルの前身イベント「閃光ライオット」のファイナルステージに出演していた片平里菜は、2011年の大会を振り返り、「あのときの自分の輝きをなかなか超えられない期間があったが、8年ぶりにこのステージに立ち、出場している10代のアーティストを見て、周りの環境だけでなく、自分のステージにどれだけ思いを込めるかが大切だと改めて感じました。」と語り、閃光ライオットのファイナルステージでも演奏した「夏の夜」を含む3曲を披露し、10代たちに”先輩”としてメッセージを贈りました。

片平里菜

 

◆ライブゲストは、CHiCO with HoneyWorks!「今の10代は満ち溢れている!」

CHiCO with HoneyWorks

ライブゲストは、CHiCO with HoneyWorks。ライブ以外ではメディア露出をしないチコハニ。ボーカルのCHiCOは、「普段の私達のライブではみんなサイリウムを持っているのですが、今日はそれがないロックな雰囲気。さすが未確認フェスって感じです!持ってる人も、持ってない人も目一杯楽しみましょう!」とオーディエンスに呼びかけ盛り上げました。そして、途中のMCでは「みなさんの応援もあり、今年デビュー5周年を迎えることができました。私のデビューのきっかけはオーディションなんですが、今日のみなさんよりずっと緊張していて、こんなに堂々とパフォーマンスすることなんてできなかったのを覚えてます。本当にのびのびと、全てを出し切っている感じが本当にかっこよかったです。私は学校が終わって家に帰ってゲームをするような高校時代だったから、今の10代ってなんて自信に満ち溢れているんだろうって思いました。これからも頑張って欲しいです!」と語り、デビュー曲「世界は恋に落ちている」や、8/7発売のアニメのオープニング主題歌にもなっているニューシングル「乙女どもよ。」など全5曲を披露しました。

CHiCO with HoneyWorks

 

◆特別審査員は、蔦谷好位置、菅野結以、そしてゲストの片平里菜も特別参加!
『マイナビ 未確認フェスティバル2019』の特別審査員をつとめたのは、昨年に引き続き、音楽プロデューサーの蔦谷好位置、『RADIO DRAGON-NEXT-』パーソナリティの菅野結以、そしてシークレットゲストの片平里菜。

[審査員コメント]
★片平里菜「1組1組最高で、想像以上でした。初めて審査というものを経験して、こんなにも大変なんだなと。みんなの1票1票も大切だし、この子に入れたいっていう熱意もあれば、全員に入れたいっていう気持ちもあった。賞はもらえたら嬉しいけど、それだけじゃない。環境に甘えてダメになる人もいれば、悔しさをバネにもっと輝く人もいる。どんな形でも続けてほしい」
★菅野結以「今年で5年目、ずっと審査をさせてもらっているけど、今回が一番難しかった。みんな個性が豊かで、違う方向を向いていて。でもどれもかっこいい。8種類のかっこいい・美しい世界を違う方法で見せてもらった。演奏している姿に、ここまで積んできた練習や日々の奥行きが見えた。人が何かに向かって頑張ってきたことは全部正解。瞬間の輝きが本当にすごかった」
★蔦谷好位置「去年も意見が割れたけど、今年は去年に増して審査が割れた。みんなほぼ満点。お客さんの意見も入れて民主的に決めたし、僕は冷静に見ないといけない立場だったのに、1曲目失敗したのに2曲3曲と成長していく姿を見るとエモくなって、感動してしまった。そして、今回の8組に残らなかった人でも素晴らしい人がたくさんいた。どうかこれからも進み続けてほしい。」

 

■マイナビ 未確認フェスティバル2019・審査結果

<グランプリ> (賞金100万円)
SULLIVAN’s FUN CLUB/北海道

グランプリのSULLIVAN’s FUN CLUB

ヨシダカズマ/Gt. (18歳)
ヨシダレオ/Vo.Gt. (19歳)
タダカズキ/Dr. (18歳)
ヤダニイナ/Ba. (18歳)

演奏曲:
『DOOR』
『PINK YELLOW BLUEZ』
『FAST LIFE SONG』

 

<準グランプリ>
ヒライス/山梨県

準グランプリのヒライス

大久保優太/Ba. (18歳)
志村勝/Dr. (17歳)
依田颯斗/Vo. (17歳)
村松侑芽/Gt. (17歳)
小林夢佳/Key. (17歳)

演奏曲:
『革命前夜』
『マホロバ』
『ray』

 

<審査員特別賞>
玉名ラーメン/東京都

審査員特別賞の玉名ラーメン

ラッパー(18歳)
演奏曲:
『Raisins』
『own』
『0wa』

Tokyo Now Author