フォトグラファー・桑島智輝と俳優・安達祐実、レンズを挟んだ2人の日常をまとめた写真集「我我」発売決定!

株式会社青幻舎は、雑誌や広告、写真集などでの撮影、特にポートレイトのジャンルで活躍を続けるフォトグラファー 桑島智輝が、その妻で俳優の安達祐実を日々撮り続けた写真集「我我(がが)」を9月に刊行します。

桑島と安達は2011年に写真集の撮影の仕事がきっかけで知り合い、約2年半を費やした安達の写真集『私生活』(集英社)の発表を経て、2014年に結婚。その後、現在に至るまで、桑島は被写体として安達を毎日撮影し続けている。

撮影はフィルムカメラで行われ、出来あがった写真はL判のプリントの状態でアルバムに入れて保管するというルーティンが続けられ、約8年が経った今、264枚入りのアルバムは100冊を超え、写真は35,000枚に及ぶ。

その途方もない量のアーカイブから、本書では2015年11月13日の結婚記念日から、2人にとって初めての子どもの誕生を挟んだ、約3年間にフォーカスを当てた。3年間といっても対象となる写真はアルバム70冊分、18,500枚を超える量となった。そこから1年半という時間をかけ、135枚に凝縮された写真は、有名俳優である妻とフォトグラファーである夫という前提を忘れさせ、あらゆる要素が輪郭を失い、透明になっていった。

妻と夫/被写体とフォトグラファー。レンズを挟んで営まれる夫婦の、家族の日常。
そこにあるのはカメラを媒介にして成り立つ、ただひたすらに純粋なコミュニケーションのかたち。

本書は、写真史において数多くの写真家達によって形作られてきた、「家族写真」というジャンルに新しい地平を開く1冊となるだろう。

 

<書誌情報>

我我(がが)

著者:桑島智輝(写真・文)、安達祐実(文)
構成・デザイン:町口景
判型:A5
総頁:160頁
予価:本体2,500円+税
一般発売予定日:2019年9月下旬

Tokyo Now Author