西森英行 書き下ろし作品『大悲』7月19日(金)より開幕!

7月19日(金)、紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYAにて『大悲』が開幕した。

『大悲』は、 今回の脚本・演出を務める西森英行による書き下ろし作品。
その内容は、 かつて、 白昼の小学校で起こった、 無差別殺傷事件がテーマ。
実際に起きたこの凶悪事件をもとに、 弁護士と被害者遺族、 二つの視点で描く人間ドラマである。

7月19日(金)に開幕した31mm編は、 西村まさ彦が主演。
凶悪な犯罪を犯した佐久間護(玉城裕規)を国選弁護人として弁護することになった新谷重雄が、 極刑は避けられないと認識しながらも、 なぜ、 佐久間はこのような犯罪を犯すに至ったのかを佐久間との会話劇で紡いでゆく。
新谷を演じる西村のセリフの量は尋常ではなく、 約2時間の公演中、 凶悪な殺人犯との緊迫した会話劇が続く。
その勢いは見るものに呼吸を忘れさせるほどの緊張感は、 かつて見たことのない舞台演劇作品となっている。

公演後の観客も、 劇場を後にしながら、「西村まさ彦って、 テレビでのイメージだとコミカルな役が多いから、 イメージが変わった!」、 「あの緊張感とシリアスな西村まさ彦の演技が演技とは思えない緊張感」、 「舞台上行われている凶悪殺人犯との会話が、 自分もその場に立ち会って聞いているような緊迫感がすごい」と西村・玉城の演技に魅了された様子。
そして、 実際の事件を扱った内容に、 こういう現実があったであろうという緊迫感も今作品のみどころとなっている。

7月20日(土)から開幕する『大悲」37mバージョンで主演を務める壮一帆も一部に出演し、西村と対峙するシーンも盛り込まれていることと、 実際の事件の犯人サイド・被害者サイドと双方の葛藤を見てこそ全編が成立する構成から、 必ずや両方のバージョンを確認したくなる作品に仕上がっている。

出演 西村まさ彦さん コメント
『大悲』の台本を初めて読んだ時、 私の演じる弁護士の男をしっかり作り上げた脚本・演出の西森英行さんはすごい!と、 ひたすら敬意を表しました。
この作品は実際にあった事件をベースにしています。
西森さん は脚本執筆にあたり、 ご自身で当事者に取材して、 さらに膨大な資料を読み込まれました。
今回、 この作品の台本を読んで、 報道で知っていた情報と実際とは、 かけ離れる部分があることに気づかされました。
本当のところを知るには、 自分の目で見、 足を運んでみる必要がある…「第三の目」を人は持つべきだと改めて思いました。
マスコミ報道を批判するつもりはないのです…出される情報の鵜呑みや左右されることなく、 第三の目を持って人と向き合い、 社会と向き合うことが大事なのではないか…。
この作品がそう考えるきっかけになれば、 そこに意味を持つのではと思います。

脚本・演出 西森英行さん コメント
この作品は、 まもなく発生から丸18年が経とうしている、 付属池田小事件をモチーフとしています。
この事件に関して、 13年以上に渡り、 弁護士さんや被害者のご遺族、 学校関係者の皆さん、 メディア関係の皆さんなど、 事件に関係された方々に、 取材を続けてきました。
この作品で描かせて頂くことは、 センセーショナルな事件の奥で、 「語られなかったこと」、 「忘れ去られていったこと」、 そして、 「今も続いていること」。 そしてその中に、 大切な、 人間の深い内奥があると感じています。
ご本人もメディア人である 丹羽プロデューサー とご一緒させて頂いて、 この事件を多面的に描くため、 作品を鍛練し続けてきました。

丹羽多聞アンドリウプロデューサー コメント
この事件は実際にあった事件を下敷きにしております。
犯人や被害者家族たちはどんな事を経験し、 考えてきたのか。
作・演出の 西森さん は弁護士や被害者家族にも直接会っていたので、 いろいろ遠慮が生まれると思い。 彼が書きにくかったことを書いてもらうのが私の仕事と考えました。
もちろん取材はしたもののフィクション部分で相当に膨らませております。
ちょうど脚本の執筆中に登戸で同じような幼い小学生を狙った殺人事件が起きました。
同じようにエリート校を狙った犯行。
犯人の動機も酷似しております。
ぞっとするとともに、 歴史同様に事件も繰り返すのだと思いました。
『大悲』 はふたつの舞台からなります。
ひとつは重大事件を起こした犯人と弁護士からの目線。 もう一つは被害者家族の目線。
事件は一つですが、 見方によって感じ方も変わってきます。


7月20日(土)からは、 壮一帆 主演の『大悲』37mバージョンが開幕した。
白昼、 小学校に侵入し、 8人の児童を次々に殺傷するという凶悪な殺人犯に佐久間護(玉城裕規)に、 長女・明日香(小野田華凜)の命を奪われ、 それぞれ後悔の念を抱く、 母・清水結衣(壮一帆)、 父・謙介(河相我聞)、 兄で長男の秀斗(正木郁)。
それぞれが、 自分がこうしていればと明日香は命を奪われずに済んだのではないかという思いを抱き、 犯人に殺意を抱くもの…家族に対する信用を失っていくもの…など、 それぞれの葛藤を描いていく。

31mmバージョン とは全く異なる緊張感に包まれる劇場では、 愛する人の命を突然失った人間の心の機微を見事に描いていく。
人は、 事故であれ病であれ身近な人の命の灯火が消えたとき、 どんな形にしろ後悔の念を抱くのは想像できる…その想像が、 ましてや殺人という凶悪な行為によって奪われたとき…そんな状況に自分が立たされたかのような空間に一瞬にして引きずり込まれる緊張感を生み出すキャストの演技は、 劇場を出た後でも、 「あ~あの人たちのお嬢さんが殺害されたのか…」と現実の事件が題材になっているだけに、 心から離れない絶対に見ておくべき作品に仕上がっている。
そして、 副題の「37m」の意味とは…それは、 涙無くしては語れない数字となっている。
その答えは、 ぜひ劇場で確認していただきたい。

こちらの、 37m編にも、 31mm編で主演、 弁護士役の西村まさ彦、 凶悪殺人犯役の玉城裕規も出演し、 裁判所のシーンでは、壮一帆らが演じる家族と対峙するシーンも盛り込まれている。
どちらのバージョンから見ても内容がわかる構成になっている上に、 片方を見ると、 片方を確認してみたくなるストーリーにもなっている。

主演 壮一帆さん コメント
この作品を上演する意味は何か、 ということを出演が決まった時からずっと考えていました。
台詞を覚えながら役を染みこませつつ、 私は今、 この事件を“体験”しています。
粛々と感じ、 それを表現して行く…。
稽古場からずっと心が震えています。

 

<公演概要>

[公演日程]
7月19日(金)~7月29日(月)
7月19日(金) 【A】開演19:00 ※終了
7月20日(土) 【B】開演18:00 ※
7月21日(日) 【A】開演13:00/【B】開演18:00
7月22日(月) 【A】開演19:00
7月23日(火)  休演日
7月24日(水) 【B】開演19:00
7月25日(木) 【A】開演14:00/【B】開演19:00
7月26日(金) 【A】開演19:00
7月27日(土) 【A】開演13:00/【B】開演18:00
7月28日(日) 【B】開演14:00
7月29日(月) 【A】開演13:00/【B】開演18:00
※ロビー開場は開演の1時間前、 客席開場は開演の30分前。

会場:東京・新宿 紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYA
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/theatre.html

[料金]
全席指定 ¥8,800(税込)
全席指定 ¥8,800(税込)

[公式ホームページ]
https://www.innocentsphere.com/daihi/

[出演]
story A[大悲 31mm]
西村まさ彦 玉城裕規
黒川深雪 三浦知之 吉田英成 小野田華凜(ハロプロ研修生) 武藤晃子
壮 一帆 河相我聞 正木 郁
久世星佳

story B[大悲 37m]
壮 一帆 正木 郁
村上幸平 黒川深雪 三浦知之 吉田英成 小野田華凜(ハロプロ研修生)
西村まさ彦 玉城裕規
吉川 友 西興一朗
河相我聞

[脚本・演出]
西森英行(Innocent Sphere)

[プロデューサー]
丹羽多聞アンドリウ(BS-TBS)

[主催・企画・制作]
BS-TBS/ オデッセー

[お問い合わせ]
オデッセー 03-5444-6966(平日11:00~18:00)

Tokyo Now Author