ワコール×セント・フォース キレイなひとのビューティールーティン『時短ボディメイク』ガードル推進プロジェクト発表会を開催

株式会社ワコールは、セント・フォースとともに「ワコール×セント・フォース キレイなひとのビューティールーティン『時短ボディメイク』ガードル推進プロジェクト」を発足。それに伴い、7月8日(月)に、ワコール×セント・フォース キレイなひとのビューティールーティン『時短ボディメイク』ガードル推進プロジェクト発表会を実施しました。

当日は、本プロジェクトのプロジェクトリーダーとなった新井恵理那さんが、「ガードルをはいたからこそ着たい服」として夏を感じるさわやかな浴衣姿で登場。ガードルをはくことできれいにととのえられた後ろ姿をお披露目しました。

令和初の夏に浴衣を着てしたいことをたずねられると「同じセント・フォースの友人とお祭りに行って盆踊りや金魚すくいをしたいですね。盆踊りで360度見られても後ろ姿に自信が持てたのでいいアピールになりますね。」と笑顔でコメント。また、ニホンモニター調査による「2019上半期タレント番組出演本数ランキング 女性キャラクター部門」で初めて第1位となったことについて「まさかという気持ちもありながら、たくさんチャンスをいただいて頑張ったなと達成感を感じています。」と少し照れながら嬉しそうに話しました。

同日より特設サイトにて公開される、新井恵理那さん、高見侑里さん、小野寺結衣さん出演のスペシャルムービーについては、「着用前は自分にとって遠い存在だと思っていましたが、実際に着用してみると、すっぽりとカラダを包み込んでくれて快適に過ごせています。私にとって元気をもらえるアイテムです。」と撮影秘話も公開。

さらに、20代の一般女性への調査結果が発表され、多くの人が下半身のラインに悩みを持っていることについて「私もボディラインが気になっているので、コンプレックスを持っている人たちの気持ちはすごくわかります。」と一言。また、来場者から「忙しい中で実践している朝の時短テクは?」と質問されると、「朝は時間をかけないよう、寝る前に翌日の服を決めてから寝るようにしています。」とコメント。最後に「私のようにこれまでガードルをはいたことのない人にも試してもらいたいです。ボディラインがととのうことで、気分もあがるのでチャレンジしてほしいです。」と語り、改めてガードルの魅力をアピールしました。

 

■特設サイト: https://www.wacoal.jp/2ndgirdle/

Tokyo Now Author