話題の最新スペイン映画を一挙上映!「スペイン映画祭2019」6月25日(火)より開催

話題の最新のスペイン映画を上映する「スペイン映画祭2019」が、2019年6月25日(火)よりインスティトゥト・セルバンテス東京(東京・市ヶ谷)にて開催されます。

スペイン映画業界は今、従事する女性の急増、地方分散化、業界の再編成、ドキュメンタリー方式のヒットなど様々な動きを見てとることができます。スペインのアカデミー賞と呼ばれるゴヤ賞で作品賞を含む3部門でトリプル受賞し、米アカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表作品にも選出された話題作『チャンピオンズ(仮題)』を特別上映するほか、サン・セバスチャン国際映画祭で最優秀作品賞を受賞した『二筋の川』や、『二筋の川』の監督で今スペインで注目されているイサキ・ラクエスタ監督と河瀨直美監督の間で取り交わされた書簡を映像化したドキュメンタリー『イン・ビトゥイーン・デイズ』、スペインの巨匠カルロス・サウラ監督を映したドキュメンタリー映画『サウラ家の人々』、本年 3月に開催された TAAF2019 のコンペティション部門・長編アニメーションでグランプリを受賞したアニメーション映画『アナザー デイ オブ ライフ』など全9作品の上映と、イサキ・ラクエスタ監督などスペインから来日する監督や特別ゲストのトークショーを予定しています。

本映画祭は入場無料で最新のスペイン映画をご鑑賞頂ける貴重な映画祭となります。

 

<上映作品>

『二筋の川』原題:Entre dos aguas


兄弟のイスラとチェイトは、それぞれ全く異なる人生を歩んできた。刑期を終えて出所したイスラと海軍での長い兵役期間を終えたチェイトはサン・フェルナンドの島へと戻り、そこで2人は再会を果たす。再会により子供の頃経験した父の死の記憶が蘇るとともに、失われた人生を取り戻し和解を図ろうという思いから、再び兄弟の絆が強まっていく。2018年に数々の映画賞受賞やノミネートされる。ゴヤ賞の作品賞と監督賞にノミネート、サン・セバスティアン国際映画祭の最優秀作品賞・黄金の貝殻(コンチャ・デ・オロ)賞、フォルケ賞の作品賞、そしてフェロス賞の特別賞などを受賞。

イサキ・ラクエスタ監督/2018年/ドラマ/2時間16分/日本語字幕付
6月25日(火) 17:00〜オープニングイベント開始
17:15〜イサキ・ラクエスタ監督のトークショーを予定
17:50〜上映開始予定

 

『フリア・イスト』 原題:Júlia ist

主人公のフリアは、将来のビジョンを明確に思い描いていた——ベルリンへ留学するまでは。生まれて初めて1人ぼっちになってみると、思っていたほど自分自身のことを知らず、何をしたいかもはっきりと分からないことに気付く。人々で賑わうドイツの首都で、新たな人生を歩むという挑戦に立ち向かう姿を映したドラマ作品。本作はソナシネで3賞を受賞した他、マラガ映画祭にも出品された。

エレナ・マルティン監督/2017年/ドラマ/1時間36分/日本語字幕付
6月26日(水) 17:00〜上映開始予定

 

『内通者』原題:Mudar la piel

アナ・シュルツ監督の実父フアン・グティエレス氏は、当時武装組織ETAとスペイン政府の和解仲裁役を務めていた。フアンの友人でありながら、何年にもわたり彼の活動をスパイしていたロベルト・フロレス氏。バスク地方がテロリズムに脅かされていた時代の友情と裏切りを描いたドキュメンタリー『内通者』は、テロリズムの歴史だけでなく、バスク人が平和を取り戻していく経緯を様々な側面から映し出す。2019年のフェロス賞ドキュメンタリー部門にノミネート。

クリストバル・フェルナンデス監督・アナ・シュルツ監督/2018年/ドキュメンタリー/1時間29分/日本語字幕付
6月26日(水) 19:00〜上映前挨拶 19:10〜上映開始予定
※上映終了後、アナ・シュルツ監督のトークショーを予定。

 

『イン・ビトゥイーン・デイズ』原題:Correspondencia: Isaki Lacuesta y Naomi Kawase

イサキ・ラクエスタ監督と河瀨直美監督の間の取り交わされた書簡を映像したドキュメンタリー作品。映画祭への出品をきっかけに二人は出会い、その瞬間から通信が始まった。新しい手法を使った実験的映像で、彼らの関係を緊密な映像を通じて見せてくれる。2012年のバルセロナ市賞受賞作。

イサキ・ラクエスタ監督・河瀨直美監督/2011年/ドキュメンタリー/44分/日本語字幕付
6月27日(木) 17:00〜上映前挨拶 17:10〜上映開始予定
※上映終了後、イサキ・ラクエスタ監督のトークショーを予定。

 

■特別上映会

『チャンピオンズ(仮題)』 原題:Campeones

©Rey de Babia AIE, Películas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE

スペイン版アカデミー賞と呼ばれるゴヤ賞にて 11 部門ノミネート、作品賞を含む 3 部門でトリプル受賞。米アカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表作品にも選出された話題作を特別上映。プロバスケットボールチームのコーチを務めるマルコは、試合中にヘッドコーチとトラブルになり、さらには飲酒運転で交通事故まで起こしてしまう。チームをクビになったマルコは、裁判所から社会奉仕として知的障害者の施設でバスケットボールチームのコーチを命じられる。始めはまとまりのないチームにうんざりするマルコだったが、彼らと苦楽を共にするうちに心に変化が訪れる…。実在する障害者チームから着想を得た、心温まる感動ドラマ。
2019年12月ヒューマントラストシネマ、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA 他、全国公開予定。

ハビエル・フェセル監督/2018 年/ドラマ/1 時間 58 分/日本語字幕付
上映協力:シンカ
6月27日(木)19:00〜上映開始予定
※上映終了後、Skypeにてハビエル・フェセル監督のトークショーを予定。

 

『マリア(とその一家)』原題:María (y los demás)

15歳で母を亡くして以来、マリアは家族の世話を一手に引き受けてきた。責任感の強い彼女は、家族を支え続けてきたことを誇りにしていたが、ある日父が看護師カチータと再婚することになり、状況が一変する。失望を感じた彼女は、これを機に35歳で自分の人生を歩む決心をする。2016年ゴヤ賞で新人監督賞と主演女優賞にノミネート、同年のフェロス賞で最優秀主演女優賞受賞。

ネリー・レゲラ監督/2018年/ドラマ・コメディー/1時間36分/日本語字幕付
6月28日(金) 16:00〜上映開始予定

 

『さよならが言えなくて』原題:No sé decir adiós

父と長い間連絡を取っていなかったカルラは、ある日父が病気になったという連絡を受け、直ちに飛行機で幼少期を過ごしたアルメリアの家へと向かう。医師に父の寿命が残りわずかであることを告げられ、現実を認めたくない彼女は、皆の反対を押し切ってバルセロナへ父を連れて行く決意をした。そこで治療をしてみようというのだ。誰もが受け入れられない現実から逃れるべく、親子はバルセロナへの旅路につく。2018年、ゴヤ賞、フォルケ賞、フェロス賞にて主演女優賞受賞、映像作家組合賞受賞。

リノ・エスカレラ監督/2017年/ドラマ/1時間36分/日本語字幕付
6月28日(金) 18:30〜上映開始予定

 

『サウラ家の人々』 原題:SAURA(S)

監督のフェリックス・ビスカレットは、偉大な映画監督のカルロス・サウラ氏を映したドキュメンタリー映画の制作に乗り出した。アラゴン州に生まれ、7人の子供を持つサウラ氏との会話の中で、今までは知られていなかった彼の様々な表情が明らかになっていく。絵を描くことや写真が好きだというサウラ氏は、過去について話すことを好まない。しかし、ビスカレットは何とかその部分を聞き出そうと試みる。2018年ゴヤ賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

フェリックス・ビスカレット監督/2017年/ドキュメンタリー/1時間35分/日本語字幕付
7月1日(月) 18:30〜上映開始予定

 

■特別上映会

「アナザー デイ オブ ライフ」

© 2017: Platige Films SP. Z O. O., Kanaki Films S. L, Walking the Dog BVBA, Wüste Film GMBH, Animationsfabrik GMBH, Arena Comunicacion Audiovisual S. L

本年3月に開催された、TAAF2019 のコンペティション部門・長編アニメーションでグランプリを受賞した、多彩な映像表現で大きな評価を受けている『アナザー デイ オブ ライフ(ANOTHER DAY OF LIFE)』の特別上映会となります。1975年のワルシャワ、カプシンスキは素晴らしいベテランのジャーナリストであり、また理想主義者で、見込みの無い活動や革命の友と呼べる男でもあった。彼は、国の独立前夜に血みどろの内戦が勃発したアンゴラへ派遣してくれるよう、ポーランドの通信社で上司を説得する。彼は、一見自殺ともとれる内戦の心臓部に向けての旅に出発する。アンゴラは彼を大きく変えてしまう。ポーランドを出たのは記者であったのに、戻って来たのは作家であった。

ラウル・デ・ラ・フエンテ監督・ダミアン・ネノウ監督/2018年/アニメーション/1時間22分/日本語字幕付
共催:東京アニメアワードフェスティバル
協力:ラテンビート映画祭
7月2日(火) 18:30〜上映前挨拶 18:40〜上映開始予定
※上映終了後、小林治氏(アニメーション監督)のトークショーを予定。

 

<開催概要>

スペイン映画祭2019

開催場所:
インスティトゥト・セルバンテス東京
(東京都千代田区六番町 2-9 セルバンテスビル)
東京メトロ有楽町線「麹町駅」5,6番出口より徒歩3分
JR/東京メトロ有楽町線・南北線/都営新宿線「市ヶ谷駅」より徒歩6分
JR/東京メトロ丸ノ内線・南北線「四ツ谷駅」麹町出口より徒歩 7 分
※駐車場はございませんのでご来館の際はご注意ください。

開催日程:2019年6月25日(火)〜7月2日(火)
※6月29日(土)、30日(日)休映

鑑賞方法:無料。下記サイトよりご予約を受付しております。
https://cervantestokyo.peatix.com/view

来日/登壇予定ゲスト:※変更の可能性もございます。
イサキ・ラクエスタ(Isaki Lacuesta)監督
アナ・シュルツ(Ana Schulz)監督
小林治 監督(アニメーション監督)※ゲストとして登壇

主催:スペイン大使館、インスティトゥト・セルバンテス東京
オフィシャルサイト:https://tokio.cervantes.es/jp/default.shtm

Tokyo Now Author