「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ――線の魔術」千葉雄大と山田五郎が展覧会オフィシャルサポーターに就任!

7月13日(土)〜9月29日(日)まで、Bunkamura ザ・ミュージアムにて、「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ――線の魔術」を開催。展覧会の開幕に先立ち、オフィシャルサポーターに就任した俳優の千葉雄大さんと山田五郎さんが就任会見に登場しました。

本展は、ミュシャが手掛けたポスターなどのグラフィック作品はもとより、彼に強い影響を受けた明治期の文芸誌の挿絵、1960-70年代を中心にアメリカ西海岸やロンドンで一大ムーヴメントを巻き起こしたグラフィック・アート作品、そして、日本のマンガなどおよそ250点を展示。作品を通じて、時代を超えて愛される画家の秘密をひも解く、かつてない展覧会です。

会見では、華やかなフラワーシャワーの中、タキシード姿に身を包んだ千葉雄大さんと山田五郎さんが登場。
「“華やか“という言葉がぴったりなイベントですね。タキシードを着たことで、華やかさの中にもクラシックな感じがします」と千葉さん。本展では音声ガイドも担当する千葉さんは「ミュシャの繊細なタッチや色遣いなどもお伝えできるよう精一杯頑張ります」と意気込みを語りました。
また、この展覧会の魅力を存分に語った山田さんは「この展覧会のことなら何でも聞いて!」と早くもオフィシャルサポーターぶりを発揮しました。

 

<ミュシャ体操>

さらに展覧会を盛り上げるPRコンテンツとして、動画「ミュシャ体操」を配信。
ミュシャの代表作の1つでもある、《舞踏―連作〈四芸術〉より》。この女性のような美しいポージングに不可欠なのは、しなやかな筋肉です。
今回の動画では、日本テレビの番組でも活躍中のティップネス・福池部長と、情報番組「バゲット」の尾崎里紗アナウンサーが、ミュシャの作品のように美しい筋肉を手に入れるためのエクササイズに挑戦。1コンテンツの中に、作品解説・筋肉解説の両方をコンパクトにまとめています(ウエストライン編、ヒップライン編、バックライン編、カーフライン編の全4種、各2分程度)。

 

<展覧会概要>

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ――線の魔術

[会場]
Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷・東急本店横)

[会期]
2019年7月13日(土)〜9月29日(日)
*7月16日(火)、7月30日(火)、9月10日(火)のみ休館

[開館時間]
10:00-18:00
*毎週金・土曜日は21:00まで
*入館は各閉館時間の30分前まで

[主催]
Bunkamura、ミュシャ財団、日本テレビ放送網、BS日テレ、読売新聞社

[公式ホームページ]
https://www.ntv.co.jp/mucha2019/

Tokyo Now Author