日本の祭を再興する若き神輿職人のドキュメンタリー映画『MIKOSHI GUY 祭の男』3月23日(土)~アップリンク渋谷ほか公開!

一般社団法人明日襷は、 2019年3月23日(土)~29日(金)にアップリンク渋谷で、 製作協力を行ったドキュメンタリー映画「MIKOSHI GUY 祭の男」を公開します。

本作は、 主人公・宮田宣也が神輿へ情熱を傾けるきっかけとなった祖父の死や、 東日本大震災といったターニングポイントと、 神輿と向き合う日々を捉えたドキュメンタリー映画です。 物語は、 神奈川県小田原市や宮城県石巻市、 岡山県岡山市、 フランス・モンレジョ、 ダクス、 ドイツ・ベルリンなど、 日本だけでなく世界中を舞台に繰り広げられます。 さらに、 出演する宮田宣也や彼の仲間たちが作り上げる祭りや神輿を通して、 彼ら自身の成長や友情も描いた作品となっています。

宮田宣也 コメント
日本には数え切れない祭があります。 どんな小さな祭にもその祭を守り,継承するために命を賭けた多くの人々の人生がありました。 地元の祭に情熱を傾けている人達がたくさんいます。 しかし社会は残酷。 集落から人が消え,産業が消え,祭も消えそうになっています。 祭が無くなってしまうということはその里で生きた人たちの思いが途絶えてしまうということです。 過疎や災害,産業の後継者不足など,日本文化は危機に立たされています。 その伝統を僕の世代で終わらせるわけにはいきません。 祭の本質を探求して,その力でこの時代を乗り切る方法を見つけられる。 この映画を通じて僕の挑戦を見ていただき,共に考えるきっかけになれば幸いです。

監督・イノマタトシ(猪股敏郎) コメント
近年、 世界はすべてが経済でまわり、 人々は損得でしか動かなくなっているように思えてなりません。 この国を変えよう、 社会を変革しようという若者はどこに行ってしまったのか。 そんな時、 この映画の主人公、 宮田宣也と知り合いました。 日本の祭の衰退に危惧を感じ、 神輿を担いで生きていこうと決意した彼の生き様をみてもらい、 一緒に「日本の祭の未来、 日本の社会の未来」について考えていただければと思っています。

 

ーSTORYー
お祭りは、 好きですか?日本の祭の豊かな風景は、 日本人が数百年ずっと守り続けて来た大切な文化です。 それが今、 消えてしまいそうな現状にあること、 そしてまだなんとか残っていること。 そしてそこには必死に祭に情熱を傾ける人達がいること。 この映画は、 日本の祭の再興を願って全国の神輿を担ぎ、 海を越えて神輿をあげる一人の男、 宮田宣也と彼の仲間たちを追ったドキュメンタリー映画。 宮田宣也は、 都市部に暮らす若者や留学生たちを連れて、 全国各地の担ぎ手が少なくなった祭に参加しています。 そこで祭に魅了され、 宮田とともに祭の世界へのめり込んでいった人たちも少なくありません。 祭ならではの熱い空気感。 近代化された都市部では希薄になっている人と人との結びつき。 先人たちが命懸けで守ってきた”宝物”の祭の世界を伝える一作です。

 

<上映概要>

日程 :2019年3月23日(土)~29日(金)
場所 :アップリンク渋谷(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)

 

<作品情報>

MIKOSHI GUY 祭の男

監督・構成 :イノマタトシ[猪股敏郎]
プロデューサー :石井正人
撮影 :黒田大介・下山遼佑
音楽 :濱田貴司
歌 :CHAN-MIKA
編集 :宮田耕嗣
宣伝 :アーヤ藍
製作 :「MIKOSHI GUY」製作委員会
制作 :FPI
制作協力 :一般社団法人 明日襷
2019年/日本/カラー/ 1時間16分 (C)MIKOSHI GUY

公式HP  : http://mikoshiguy.com/

Tokyo Now Author