平祐奈、20歳を記念して「太陽のような写真集」を発売!「ありのままの私も、背伸びした部分も両方見てください!」

女優・平祐奈が、 自身の20歳の誕生日に平祐奈写真集「Comme le Soleil」(東京ニュース通信社刊)を発売。 これを記念したイベントが11月17日(土)に福家書店 新宿サブナード店にて行われた。

平祐奈写真集「Comme le Soleil」(東京ニュース通信社刊)

映画、 ドラマの主演を務めるほか、 CMやバラエティー番組でも活躍するなど、 今、 大躍進を遂げている注目度No.1女優の平祐奈が、 20歳を記念した写真集を発売。 撮影は、 新たなリゾート地として人気上昇中のベトナム・ダナン、 さまざまな国の文化が交差した情緒溢れる街・ホイヤンでロケを敢行。 “ちょっぴり大人な平祐奈”を意識した、 これまで見せたことのない美しく妖艶な姿を披露している。 もちろん、 滞在先のホテルでのんびり過ごしたり、 現地を思いっきり楽しんだり、 はじけた笑顔の平祐奈もたっぷり楽しめる一冊となっている。

平祐奈写真集「Comme le Soleil」(東京ニュース通信社刊)

この日、 イベントの前に行われた会見に登場した平。 写真集のタイトルである「Comme le Soleil=太陽のような」という言葉がぴったりのまぶしい笑顔で、 「ありのままの自分の姿が載っているので、 私の素の部分を見てもらいたいです。 ちょっと背伸びしちゃったなという部分もあるんですけど、 両方見てほしいですね。 この一冊で“平祐奈”をご覧いただけたら嬉しいなと思います」と、 写真集をアピールした。

平祐奈写真集「Comme le Soleil」(東京ニュース通信社刊)

写真集の撮影は、 「本当にアットホーム」な雰囲気で進んだそうで、 「普段からお世話になっているスタッフさんやカメラマンさんとの撮影が、 家族といるように心地よくて」と振り返った。 ロケ地となったベトナムについても、 「リゾート地で、 海も綺麗だし、 人もすごく優しくて、 旅行気分で撮影をさせてもらいました」とすっかり気に入った様子。 「街を歩きながら朝からずっと撮っていたり、 (ベトナムに)着いてすぐの夕食でも、 食べているときにずっとカメラを向けてもらっていたので、 私の日々の生活の感じが写真に出ていると思います。 本当に自然体な、 等身大の私がいます」と、 写真集の魅力を伝えた。

現地で作ったアオザイを着用したり、 夕暮れの海、 風情ある旧市街地、 ベトナムの雰囲気満載の市場や川や住居、 さらには厳かな衣装を着て訪れた遺跡など、 さまざまなロケーションで平の豊かな表情が楽しめる今回の写真集。 そんな魅力的な写真の数々の中でも、 平が選んだお気に入りのカットは、 赤く透き通ったベールのようなものから垣間見える大人びた表情がなんとも幻想的な一枚。

平祐奈写真集「Comme le Soleil」(東京ニュース通信社刊) 

この写真について、 「ベトナムの古民家にお邪魔して撮影をしている時に、 出会った花と生まれた奇跡のショットです。 赤く見えるのはそこに咲いていた花なんですよ」と説明し、 「撮影している時はこんな風に出来上がっているなんて思ってもいなかったので、 出来上がりを見てすごいなって。 花びらがこんなに美しく写るんだって思いました」と、 お気に入りの理由を明かした。 報道陣から「すごく大人っぽいですね」という声があがると、 「そうですね、 なんかちょっと私じゃないみたい」とはにかんだ笑顔を浮かべた。

今回、 3年ぶりの発売となった写真集にちなんで、 3年前と比べて自分自身で変わったと思うことを聞かれると、 「今までそんなに思ったことはなかったんですけれど、 姉(平愛梨)が最近作ってくれた誕生日の動画を見返していたら眉毛の強調がすごいなって(笑)。 剃ったことはないのに、 昔の方がすごかったなって思って。 役で髪と眉毛の色を変えると、 こんなに(印象が)変わるものなんですね。 眉毛の成長が止まってきているのかな(笑)」と答え、 「メイクは眉毛を重視していて。 初めて言うんですけれど、 髪の毛を固めるヘアスプレーでいつも固めています」と、 並々ならぬこだわりも明かし、 会場を驚かせた。

平祐奈写真集「Comme le Soleil」(東京ニュース通信社刊)

写真集の発売日である11月12日に、 20歳の誕生日を迎え、 会見でも大きなケーキで祝福された平。 20歳で挑戦してみたいことについて、 「今はまだ制服を着させていただける機会が多いので、 着られるうちはたくさん着たいです。 でも実際、 自分も大学生なので大学生役だったり、 お着物を着ることが好きなので時代劇など、 殺陣とか、 激しいアクションにも幅広く挑戦してみたいなと思っています」と意気込み、 ますますの活躍を期待させた。

平祐奈写真集「Comme le Soleil」(東京ニュース通信社刊)

しかし、 「自分の中で20歳ってすごく大きな一歩のイメージだったんですけれど、 なってみたらあまり実感がわかなくて」と、 複雑な心境も告白。 「家のルールで、 炭酸を飲めるのが20歳で解禁になったんですが、 外で炭酸を進められても『まだ飲んじゃいけない!』っていう危機感があって(笑)。 いまだに飲んだら母に怒られるんじゃないかって思いながら過ごしています」と、 大人になったばかりの初々しい様子を見せた。

そんな気になる炭酸デビューは、 「20歳になった乾杯のジンジャーエール」だったそうで、 「すごくいい香りだなって思ったんですけれど、 喉が焼けるようで(笑)。 そのあとも飲みましたが、 咳が止まらなくなっちゃって、 ちょっと今は炭酸お休み中です(笑)」と感想を。 報道陣から「強炭酸も流行っていますよ」と声をかけられると、 「どうなっちゃうんだろうと思います。 寝れなくなっちゃうのかな(笑)。 怖いので、 徐々に弱いものから飲んでいきたいです」と笑った。

平祐奈写真集「Comme le Soleil」(東京ニュース通信社刊)

お酒を味わうのも「私にはだいぶ先かな」とのこと。 しかし、 炭酸と同様に、 家のルールで20歳から飲めるようになったコーヒーは楽しみにしているようで、 「どうしてもそこで解禁したいお店が広島にあって。 以前ドラマで(共演した)常盤貴子さんと橋爪功さんに連れて行っていただいたおしゃれなカフェなんですけれど、 そこに行くまでは解禁しないでおこうと。 コーヒーが50種類あって、 その人に合ったコーヒーをマスターが選んでくれるんです。 『私も20歳になったらここで飲みますね』って約束したので、 今年中に行けたらいいなと思っています」と、 目を輝かせた。

誕生日当日については、 「12時になった瞬間から、 たくさんメッセージをいただきました。 姉からももらったし、 長友(佑都)さんからも12時ぴったりにプレゼントが届いてびっくりしました。 時計をもらって、 『これでいつでも佑都さんとお姉ちゃんがそばにいると思ってね』ってお姉ちゃんに言われました」と心温まるエピソードを。 来月12日には平愛梨が誕生日を迎えるが、 「トルコにいるので、 行けないとは思うんですけれど、 なにか出来たらいいなって思っています」と計画を練っているようで、 「今言っちゃうとあれだから(笑)」とサプライズのお返しを予感させた。

平祐奈写真集「Comme le Soleil」(東京ニュース通信社刊)

最後に、 「20歳を記念して、 こうして写真集を出させていただけて本当に嬉しいです。 ぜひ、 太陽のような写真集をご覧ください!」とファンにメッセージを。 会見後に開催されたイベントでは、 日ごろの感謝を来場したファン1人1人に丁寧に伝えた。

 

<商品情報>

平祐奈写真集「Comme le Soleil」

  • 発売日:11月12日(月)
  • 定 価:本体 2,500円+税
  • 撮 影:佐藤佑一
  • 発売元:東京ニュース通信社

全国の書店、 ネット書店、 TOKYO NEWS magazine&mook( https://zasshi.tv/ )にてご購入いただけます。

Tokyo Now Author