人気コスプレイヤー・五木あきら、エンタメ~テレのホラードラマ「戦慄女子 キャンプ女編」でドラマ初出演・初主演!

CS局エンタメ~テレ☆シネドラバラエティにて、日本のみならず世界各国で活躍中の人気コスプレイヤー・五木あきらが、10月27日(土)に放送されるオムニバスホラードラマの1編「戦慄女子 キャンプ女編」にドラマ初出演し、初の演技にして初主演を務めた。

「戦慄女子 キャンプ女編」より ©エンタメ~テレ

本作で五木あきらは、キャンプ場に訪れた4人の若者たちの前に姿を現し、不思議な現象を巻き起こす謎のヒロイン・ラビを演じている。

これまで演技の仕事のオファーはあったが、全て断っていたという五木あきら。本作への出演の決め手は、“ホラーが大好き”だから。「ホラーは非日常の世界を楽しめます。殺人鬼や幽霊に追われて、キャーキャー言うのって、普通の生活ではあまりないですよね?なので、やってみたいなと思いました」。

しかし、実際に与えられた役は、怖がる側ではなく、どちらかと言うと怖がらせる側。「五木さんはコスプレイヤーなので、コスプレ要素のあるキャラクターを演じて欲しかった」という藤田真一監督の意向で、ラビは五木あきらのために用意されたキャラクターだった。

そんなラビを演じてみての感想を聞くと、「表情や仕草だけで、ラビのミステリアスな雰囲気を出すのが、難しかったです。他の役者さんたちの演技の迫力に気圧されて、一気に緊張感が高まりました。これは頑張らないといけないと思いました」という答えが返ってきた。緊張する一方で、「役者さんたちは、本番スタートの声がかかると、声も表情もコロっと変ります。それがとてもかっこ良かったです。演技が出来るのってすごいですよね。私もそうなれるように、もっともっとお芝居の勉強しようと思いました」と、大きな刺激も受けた様子。

さらに「今、コスプレイヤーに求められていることは、キャラクターを再現することだけですが、見た目だけでなく、中身を含めてキャラクターに成り切ることが、次のステップだと思います。私はコスプレして人前に出る時、そのキャラクターがどのような動きをするのかを考えますが、まだ“らしくしている”程度でしかありません。演技が出来ればキャラクターに入り込んで、その結果、ファンの人たちをもっと魅了することが出来るはずです」と語り、演技がコスプレに良い影響を及ぼすという考えに至ったようだ。

「コスプレイヤーが、2.5次元の舞台やドラマに出られるようになるといいですね。2.5次元は演技が出来る役者さんが出演されていますが、役者のみなさんも見た目はキャラクターに似せていて、コスプレに近い部分もあると思います。私たちコスプレイヤーが、きちんと演技を勉強して、キャラクターをきちんと演じられるようになれば、別のフィールドでも活躍が出来て、幅が広がりますよね」とコスプレ界のことにも話は及んだ。もしかしたら「戦慄女子 キャンプ女編」への出演が、五木あきらにとってのターニングポイントとなり、そして、それがコスプレ界を変えて行くことになるのかもしれない。

「戦慄女子 キャンプ女編」より ©エンタメ~テレ

 

<作品概要>

「戦慄女子 キャンプ女編」

友達3人ととあるキャンプ場へやってきたナナ。そこにラビという風変わりな女が現れてから、不可解な出来事が起こり始める。ナナはまだ知らなかった。ここが曰く付きのキャンプ場であることを・・・。

出演:五木あきら、萬歳光恵、安田ゆう、土居健蔵、夏野香波
監督:藤田真一(映画「W~二つの顔を持つ女たち~」「戦慄女子 トル女編」)
放送スケジュール:2018年10月27日(土) 午後10:30~11:00
※メ~テレ地上波での放送予定はありません。
公式サイト: http://www.entermeitele.com/horror/senritsu_joshi.html

©エンタメ~テレ

Tokyo Now Author