石原さとみ 出演、東京メトロ「Find my Tokyo.」9月28日(金)から新CM「高田馬場_アジアの深み」篇を先行公開!

東京メトロは、イメージキャラクターに石原さとみさんを起用し、東京の魅力をお伝えする「Find my Tokyo.」キャンペーンの2018年第三弾CM「高田馬場_アジアの深み」篇を、9月28日(金)から特設WEBサイト(www.findmy.tokyo)にて、9月30日(日)から全国のTVCM、10月1日(月)からメトロ駅構内・車内ディスプレイにて順次公開します。

https://youtu.be/r0b6qOpAdqQ

今回のCMは、東西線に乗って高田馬場へ。アジア風のスタイルで訪れた石原さんは、お出かけ相手の安田聖愛さんと一緒に、高田馬場で見つけたアジアの魅力を体験していきます。
きれいなカンボジアシルクが置いてあるお店を発見したり、街の人からおすすめされた本場さながらのミャンマー料理屋さんでお昼ご飯を食べたり、見た目がかわいい台湾スイーツを堪能したり、アジアの深みにハマっていく石原さん。また、訪れたスポットで、その国の言葉で気持ちをつぶやいている姿にもご注目ください!
CMソングは、「JUJU×松尾 潔×小林武史」による「メトロ」。小林武史さん、松尾 潔さんWプロデューサーのもと、JUJUさんが歌いあげています。

10月~12月は、新宿区の高田馬場駅、落合駅、東新宿駅をご紹介する広告を展開予定。CMやポスターの他にも“チャレンジ”をテーマに、各エリアならではのさまざまな“Find体験/カルチャー体験” ( “あなたもチャレンジ!Find my Tokyo. ”)をご紹介します。特設WEBサイト/東京メトロ駅構内・車内ディスプレイ限定公開の、石原さんによる“チャレンジ動画”は今回も必見!石原さんの魅力いっぱいの動画をお楽しみください!

 

■Find my Tokyo.のSNSアカウントでも情報配信中

Find my Tokyo.のFacebookおよびInstagramでは、石原さとみさんを起用したCMやポスターの情報の他、日々さまざまな街の“あなたもチャレンジ!Find my Tokyo. ”をご紹介しています。

 

■CM・ポスターの見どころ

10月のCM・ポスターでは「高田馬場」をご紹介。高田馬場といえば“若者が集う学生街”というイメージをお持ちの方が多いはず。しかし実は、多様なアジアの文化を堪能できる街なのです。ばっちりアジア風のスタイルで決めてきたお出かけ相手の安田聖愛さんと一緒に街に繰り出す石原さん。様々なアジアの魅力に次々とハマっていきます。カンボジアシルクのお店「maki×maki」では色鮮やかなスカーフを自分に合わせてみたり、本場さながらのミャンマー料理屋さん「スィゥミャンマー」ではお昼ご飯を食べて思わず一言。店内で遭遇する特別出演の音楽プロデューサー 松尾 潔さんにもご注目ください。台湾スイーツの「I♥(ハートと書いて読み方は「ラブ」)豆花」では、豆花(トーファ)の見た目のかわいさにニッコリ。スリランカ料理「アプサラ」では、バラのシロップを使ったドリンクを眺めてうっとりしてしまいます。その国の言葉で気持ちをつぶやきながらアジアの深みにハマっていく石原さんの様子は必見です。
豆花をカスタマイズしている様子などはチャレンジ動画でご紹介。詳しくは特設WEBサイトをぜひご覧ください!

 

■あなたもチャレンジ!Find my Tokyo.

10月~12月にご紹介予定の高田馬場、落合、東新宿での“チャレンジ”動画をお届けします。石原さんが体験している“チャレンジ”以外にも、特設WEBサイトでは200以上の“チャレンジ”をご用意!みなさんもぜひ、その街ならではの魅力的な“チャレンジ”を楽しんでみてください!

Challenge261:豆花をカスタマイズしよう!
(東西線 高田馬場駅/I♥(ハートと書いて読み方は「ラブ」)豆花)

  • 豆花(トーファ)は豆乳で作られたプルプルのプリンに甘いシロップをかけて食べる台湾の人気スイーツ。素朴な甘味とヘルシーさで、日本でもじわじわと注目され始めています!ここ「I♥(ハートと書いて読み方は「ラブ」)豆花」では、豆花からシロップ、トッピングまで様々なメニューの中からカスタマイズすることができます。
  • ゴマの豆乳プリンを中心に、カスタマイズを楽しむ石原さん。
  • 石原さんの特製豆花を食べたのは、安田さん!どんなリアクションが飛び出すのか、注目です

challenge 262:シャン料理を食べてみよう!
(東西線 高田馬場駅/ノング・インレイ )

  • ここノング・インレイでいただける”シャン料理”は、アジアの文化を堪能できる高田馬場でもなかなかお目にかかれない料理の一つです。シャン料理はミャンマーのシャン族が生み出した料理で、油分が少なく、発酵食品が豊富なことが特徴です。
  • 石原さんが注文したのは、パパイヤのサラダとハイビスカスのスープ。ハイビスカスは、少しとろみがあっておいしい!と石原さん。
  • どの料理も石原さんの感想からスパイシーさが伝わってきます。

challenge 274:工房で型染めをしよう!
(東西線 落合駅/二葉苑)

  • 新宿区の地場産業である染物。この二葉苑は昔ながらの技法を伝え続ける型染めの工房です。
  • 型染めは、別々の穴が空いた複数枚の型を順番に使って染めていくことで模様を作っていく、江戸時代から着物染めに利用されてきた手法です。肘を軸にかるーく塗っていく力加減の難しさに、職人の先生の技術力を感じることができます。
  • 塗り終わった型をめくる度、石原さんも感動!蒸し器から取り出した石原さんの作品の仕上がりは必見です!

challenge 275: 東京で忍者になってみよう!
(副都心線 東新宿駅/忍者からくり屋敷)

  • 今では日本の象徴の一つとなった忍者。ここ、忍者からくり屋敷は大都会東新宿のビルの中で忍者になることができるスポットです。
  • 忍者の先生から指導を受けて、手裏剣投げや居合の体験が可能。屋敷には忍者ならではのからくりが仕込まれています。
  • 手裏剣投げを体験した石原さんも、楽しんで何度もチャレンジ!石原さんの手裏剣投げの実力やいかに!

 

■「Find my Tokyo.お土産」第二弾! 10月上旬より販売! (※12/25(火)販売終了予定)

「工房で型染めをしよう!」のチャレンジスポットである「二葉苑」とFind my Tokyo.がタイアップして、オリジナル土産第二弾である【テーブルセンター】(税込2,800円)を販売いたします。チャレンジ動画で使用している型と同じ模様に、Find my Tokyo.のロゴが入った特製テーブルセンターです。是非お買い求めください。

 

■撮影秘話

アジア風のコンセプトに合わせた衣装とオシャレなヘアスタイルで登場した石原さん。どんなスタイルも着こなしてしまう石原さんに「さすが!」という声が聞こえながらの、撮影スタートです。
今回CMでは、石原さんがいろんなアジアの国の言葉に挑戦しています。それぞれの現場では、講師の方から発音のレクチャーを受けながら練習をしていただきました。特に『スィゥミャンマー』では、ミャンマー語の発音「カウンデ(おいしい!)」が難しかったようで、講師の方の発音を熱心に聞き、何度もご自身や、店内にいたミャンマー人の方とみんなで一緒になって発音の練習をした石原さん!練習の成果もあって、本番では見事上手に発音ができていました。
『maki×maki』では緊張気味の共演者の方がNGを出してしまったときにも、石原さんが笑顔を送るなど、現場はとても和やかに、楽しく撮影が進みました。
戸山公園内での撮影では、石原さんの周りをぐるぐると何回転もカメラが回り込みながら撮影するシーンになりましたが、即興で舞っているような踊りの演技をお願いしたところ、監督・スタッフからもアドリブとは思えない完成度!と絶賛されていました。

Tokyo Now Author