世界の第一線で活躍する日本人ダンサー 渡辺レイ、小㞍健太、湯浅永麻 によるダンス・プロジェクト「Opto(オプト)」埼玉初登場!

世界のコンテンポラリーダンスをリードするNederlands Dans Theater1 (NDT1,メインカンパニー)に在籍し、現代振付家の巨匠イリ・キリアンをはじめ、世界的な振付家たちの作品に出演し、実績と経験を積み上げてきた渡辺レイ、小㞍健太、湯浅永麻。同じルーツを辿った3人は多岐にわたり活躍の場を広げています。

その3人が中心となり発足した「opto」は、世界的振付家の作品を上演する権利をもつ日本有数のダンス・プロジェクトであり、その先鋭的な作品群は日本のダンス界に大きな影響力を持っています。今回はクリスタル・パイト作品、ヴァツラフ・クネシュ作品ほか、新作2作品を携えて埼玉に初登場します!

 

上演演目 全4作品 (予定・演目順未定)

The Other You (再演)

©Ryu Endo

振付演出▶ クリスタル・パイト
音楽▶ Owen Belton,
Ludwig van Beethoven“Piano Sonata No. 14 in C Sharp Minor, Op.27 No.2”
出演▶ 小㞍健太 & アンソニー・ロムルホ
初演▶ 2010年11月4日 ドイツ/フランクフルト、
クンストラーハウス・ムソントム劇場

世界で最も注目されているカナダ出身の振付家クリスタル・パイトによる振付作品『The Other You』の再演。
本公演では、スウェーデン王立バレエ団ファーストソリストのアンソニー・ロムルホ(マッツ・エック版「ジュリエットとロミオ」ロミオ役初演)をゲストに迎え、小㞍健太と共演します。

 

『Recall』(再演)

©Ryu Endo

振付▶ ヴァツラフ・クネシュ
音楽▶ Jan Slkl / Zabelov Group
出演▶ 渡辺レイ、小㞍健太、
湯浅永麻、フィリップ・スタニェック
初演▶ 2017年10月14日桐生市市民文化会館 [Opto“optofile4”]

Optoのメンバー(渡辺レイ、小㞍健太、湯浅永麻)のために振り付けられた作品。抽象的な作品の中にもダンサーの個性が光ることで、それぞれの物語があるかのように見える魅力的な作品です。

 

NEP and BAT (新作)

©Ryu Endo

振付演出▶ 小㞍健太
音楽▶ 小出稚子(新曲)
演奏▶ 大石将紀(サクソフォン奏者)
出演▶ 渡辺レイ

渡辺レイのソロを、小㞍健太と現代作曲家として活躍する小出稚子のクリエーション(創作+新曲)を経て、サクソフォン奏者の大石将紀によるライブ演奏と合わせて上演。渡辺レイの持つ独特な雰囲気と音楽が織りなす世界は不思議と小さな生き物が必死に生きている様を思い描かせます。

 

media ( ) (新作 )  

©Isao Tsuge

振付演出▶ 湯浅永麻
出演▶ 湯浅永麻
*写真はイメージです

<媒体としての身体>の可能性を模索する湯浅永麻の新作であり、自作自演のソロ作品。

 

<公演情報>

Opto『 optofile_touch』 Contemporary Dance Performance

2018年12月8日[土]、9日[日] 15:00 開演
会場:彩の国さいたま芸術劇場 小ホール
チケット料金(全指定席、税込)
▶ 前売り 4,500円
▶ 当日  5,000円
▶ U25   3,000円 (1公演につき10枚限定/ 25歳以下対象、入場時要身分証提示)
※未就学児童のご入場はご遠慮いただいております。
※車椅子でご来場のお客様は、事前に各劇場へご連絡ください。
公演詳細ページ  http://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/5726

チケット取扱い・お問い合わせ ▶
彩の国さいたま芸術劇場
[窓口] 休館日を除く10:00-19:00
[TEL]0570-064-939(休館日を除く10:00-19:00)
[PC] http://www.saf.or.jp/ *PC画面でお席が選べます。
[携帯] http://www.saf.or.jp/mobile/

主催/企画制作▶ Opto
共催/企画制作▶ 公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団 (埼玉公演)
活動助成▶ 2020文化芸術イニシアティブ  ( http://taci.dance/ )
助成▶ 芸術文化振興基金助成事業

Tokyo Now Author