「tourist ツーリスト」舞台挨拶イベントレポート 豪華キャスト・3監督揃い踏みで登場!

  動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で9月28日(金)深夜より配信される「tourist」の完成披露試写会において、第1話「バンコク篇」、第2話「台北篇」、第3話「ホーチミン篇」の試写を行いました。その後、出演者の水川あさみさん、池田エライザさん、尾野真千子さん、三浦春馬さんに加え、山岸監督、スミス監督、横尾監督が登壇し、豪華キャストによる舞台挨拶を行いました。

©Paravi

TOHOシネマズ 日本橋で行われた「tourist」完成披露試写会は、第1話「バンコク篇」、第2話「台北篇」、第3話「ホーチミン篇」の順で上映されました。完成披露試写会後、舞台挨拶へ移りました。

MCのオープニングコメントより舞台挨拶が始まり、観客席の後方から出演者の水川あさみさん、池田エライザさん、尾野真千子さん、三浦春馬さんが登場すると観客席からは盛大な拍手が送られ、会場が一気に盛り上がりました。その後、山岸監督、スミス監督、横尾監督が登場しました。

出演者および監督からそれぞれの挨拶があり、第1話「バンコク篇」に出演した水川さんは、「今日、沢山お集りいただきありがとうございました。2時間半、ありましたよね~お疲れ様でした。」と言いながら、「沢山裏話ができれば良いなと思います」とコメントしました。山岸監督からも、「長い時間見ていただきありがとうございます。」と観客への感謝の挨拶がありました。

続いて、第2話「台北篇」に出演した池田さんから「2時間半のプチアジア旅行ですよね。楽しんでいただけたなら良いなと思います。」とコメントしました。スミス監督からも、「このチームみんなアジア各国を旅行してきたんで、その雰囲気を味わっていただければいいなと思いました」とオール海外ロケならでの魅力を伝えたい気持ちが感じられるコメントがありました。そして、第3話「ホーチミン篇」に出演した尾野さんより、「本日はお集りいただき、ありがとうございます。楽しんで参りましょう!」という挨拶がありました。横尾監督も、「楽しんで参りましょう!」と演者とそっくりなコメントをし、一瞬周りから笑いが飛び交っていました。

最後に全作品に出演した三浦さんからはこのようなコメントが。「やっと『tourist』全編を皆さんに届けることができて本当にうれしく思っています。僕は、その3カ国、それぞれ主人公の女優さんのお芝居だったり、それぞれの国でご協力いただいた現地のスタッフさんの頑張りや、日本人のスタッフの皆さんの熱量を見てきたので、それがやっと届けられた、という嬉しさがあります。本日は宜しくお願いします。」と本作品に関わった全ての人々を代弁するようなコメントでした。

©Paravi

 

■撮影秘話について

MCからそれぞれの出演者に記憶に残るシーンについて質問があり、各出演者・監督から印象に残ったシーンや面白いエピソード、監督のこだわりについての話が披露され、和やかな雰囲気の中でトークショーが進行されました。

第1話「バンコク篇」
水川さんから、「キスシーンがね、あったじゃん。監督にどんな感じで行きますか?と聞いたら、『大人の感じで』と言われて…」とキスシーンに関するエピソードを披露しました。普段は大人しい感じの山岸監督ですが、「キスシーンの時だけ『良かったです!』とすごい熱量で来ました。」と、監督の意外な一面を明かしました。山岸監督は、「最初はソフトな感じでもありかな、と思ったんですけど、何となくさつきさん(水川さんの役名)だったらグッ!と、行ってもいいかなと思まして…」とキスシーンでのこだわりについて話しました。
その後、オフショット写真が公開。水川さんは、「本当に観光しながら撮影した感じでした。」と当時の撮影シーンについてコメントし、三浦さんも現地のスタッフのおもてなしに感動した様子で「音楽が流れる涼しいトイレカー」について嬉しそうに話す場面もありました。

第2話「台北篇」
池田さんより、撮影中にスミス監督が骨折していたというエピソードが明かされました。「雨の日に気が付いたら、骨折していた」とコメントしたスミス監督は、車椅子に乗って撮影に挑んだと語りました。また、台北での撮影は「ずっと走ってて後ろに流れていく風景を見る感じの作品でした」という池田さんの感想を受け、三浦さんからも「夜シーンが多かったです。」と、「バンコク篇」とは一味違う台北の撮影に関するコメントがありました。タイトなスケジュールで撮影したという池田さんですが、三浦さんに対して「旅行してたんでしょ?空き時間に?私たちはヒーヒーと言いながら撮影してたのに」と、いきなりのツッコミが入り、三浦さんは「それも役作りだから!」と堂々と言い返し、池田さんが「年上って怖いわ…」と言い周りから笑いが起きるシーンもありました。

第3話「ホーチミン篇」
「ホーチミン篇」で、大通りを封鎖して撮影したシーンに関するコメントがありました。決まった時間での撮影だったため、ワンカットで撮影した尾野さんが泣き崩れるシーンに関しては、全員口をそろって「それはいいシーンでしたよね」とコメントをしました。また三浦さんからは、「ホーチミンはバイクの量が凄まじくて、一人では渡れない」とホーチミンならでの異色体験について語りました。そこで、尾野さんは日本とは違うホーチミンのクラクションのことに触れ、「ずっと鳴らしますよ!それが良いところなんですよ!」とホーチミン独特の活気について話し、周りからはまた笑いが起こりました。

最後に全篇出演した三浦さんに「ご覧いただいて、どんなことを感じていただきたいですか?もしくは誰に見せたいですか?」というMCからの質問があり、三浦さんは、「限定することはないんですが、今回のツーリストの本編を演じさせていただいて、振り返るじゃないですか。自分にとって旅ってなんだろう、と思うようになりました。そこで思いついたのが、自分自身への“確認”。どの旅も “旅を終えた時に、新しい自分が待っているだろうか”という期待感を含めて旅に出た自分がいたと気づきました。」と旅への思いを語りました。さらに、「今回の作品を見て、今の自分の心の位置とか、明日から頑張っていけるのかを自問自答しながら、新しい一歩を歩んで行けるきっかけになるような番組になればいいなと思っています。」とコメントしました。

そしてParavi独占配信の『天久真バージョン』があることが発表されました。こちらのバージョンは三浦さんのナレーションが入っている特別バージョンとなり、三浦さんは「自分の感情がナレーションとして入っているので、新たな天久真の主観が入った瞬間が点在したりとか、天久真のミステリアスなところをひも解くようなバージョンとなります。また違う楽しみになるのではないかと思います。」と話しました。

続いて、MCから「皆さんがご自身が次に海外へ行くとしたら“誰と”、“どこへ”、行きたいですか?」と追加質問がありました。水川さんは、「(女子)3人で行こうよ!どっか!」というコメントがあり、三浦さんは「なんで俺をはぶいた!」とコメントするシーンがあり、観客席からも笑いが起こりました。再度台湾に行きやり残した観光をするという結論になった女性陣でした。その一方、三浦さんは監督たちと男性4人での旅に行くことに。話し合った結果、三浦さんが希望していた「ガラパゴス島」という答えとなり、MCから「すっかり楽屋のトークですね」という軽いツッコミが入り会場を沸かせました。

©Paravi

 出演者・監督一同からの答えが終わり、「tourist」のテーマソング「Comes And Goes」を担当するHYUKOH(ヒョゴ)さんからのメッセージが届きました。「今回の「tourist」に僕たちの曲を使っていただきとても光栄に思います。」とコメント、「映像をみたら、とても綺麗でテンションが上がりました」と期待感を表していました。その後、三浦さんが動画の中にサプライズ登場!

実は、三浦春馬さんとHYUKOHさんとのスペシャル対談をParaviで独点配信するという告知でした。実際、韓国に行ってHYUKOHバンドの結成から今までの話を聞いてきたという三浦さんですが、「すごく充実したインタビューになったのでぜひぜひご期待ください!」と対談の感想を語りました。

©Paravi

 

■エンディングコメント

水川さん: 映像も音楽も合わさって、とても良いものになったんじゃないかなと思いますので。単純にストーリーを楽しんでいただいて、バンコク・台北・ホーチミンを映像で旅してもらえれば、と思います。

池田さん: 今まで何度もお世話になったチームと撮影したのですが、毎回面白いことをするチームだなと思います。このような形で皆さんにお見せすることができて、私としてはすごく幸せです。台本みたときに、「こんなセリフ恥ずかしくて言えないな」、と思ったりもしたのですが台湾の空気だったら言えたりもしていて、本当に旅は人を正直にするな、と思いました。是非、何度でも見てあげてください。

尾野さん: 便利な時代になりましたね。色んなところですぐ見れるから。どうか皆さん、色んなところで見ていただけたら違った味わいができるんじゃないでしょうか。旅先などでも色んな所でスマートフォーンで見れるんですから!皆さん、どうぞ宜しくお願いいたします。

三浦さん: 僕も、3都市回らせていただき、そして各国で色んな気づきがありました。現地のスタッフのプロフェッショナルな姿で刺激をうけました。企画自体も今まで関わったことがない新しく刺激的なものでした。どうか皆様の力で、天久真のミステリーがまた解決していないものですから、僕自身も彼の今後が気になっているところです。ぜひ応援していただいて、監督・スタッフ含めて新たな旅に出れたらとても光栄です。

山岸監督: 海外で全部撮影という、中々ない経験だと思いました。バンコクは初めてだったのですが、また行きたいと思っていて、毎年4月に行われる水かけ祭りも次は本番にいたいな、と思いました。皆さんにも旅のきっかけになる作品になればと思います。

スミス監督: 海外に行って夜に駆け巡ることは中々ないと思いますけど、撮影でみんなで走り回って、本当に旅行できたという感じがありました。皆さんも是非海外に行って、動画みながら体感していただけばと思います。そして、ケガには気を付けてください!

横尾監督: 僕はこの作品で、女性の強さともろさについて自分自身も勉強させてもらった気がします。また、春馬くんと同様、まだ天久真の秘密が解決されていないので…ぜひみなさん、SNSで広げていただければと思います。

それぞれからのコメントが終わるたびに、観客からは拍手が起き、イベントは大盛況のうちに終了しました。

©Paravi

 

<番組情報>

TBS・テレビ東京・WOWOW3局横断 Paraviオリジナルドラマ「tourist」

放送スケジュール

  • 第1話 TBS     9月28日 (金)24:35~25:35
  • 第2話 テレビ東京  10月1日 (月)24:12~25:15(本編は24:20~)
  • 第3話 WOWOW   10月7日 (日)24:30~25:30(無料放送)

出演・監督:

<第1話バンコク篇> 水川あさみ・マキタスポーツ・監督:山岸聖太
<第2話台北篇>   池田エライザ・仁村紗和・石橋奈津美・監督:スミス
<第3話ホーチミン篇>尾野真千子・バカリズム・成海璃子・監督:横尾初喜
<全話>三浦春馬

クリエイティブディレクター:関和亮

配信:各話放送後、未公開シーンを含むフルバージョンと、三浦春馬さん演じる天久真目線のオリジナルバージョンを独占配信

放送局:

  • 第1話バンコク篇(TBS)
  • 第2話台北篇(テレビ東京)
  • 第3話ホーチミン篇(WOWOW・無料放送)

特設サイト:https://www.paravi.jp/feature/tourist/

Tokyo Now Author