ブロードウェイミュージカル『レント』来日公演2018が開幕!

ブロードウェイミュージカルの歴史を塗り替えた伝説のロックミュージカル『RENT(レント)』のオリジナル演出版が2年ぶりの来日を果たし、 8月1日、 渋谷・東急シアターオーブで初日の幕を開けた。

1996年にブロードウェイで初演され、 圧倒的な音楽のパワーと、 現代アメリカ社会のリアリティーを直視したストーリーが絶賛された『レント』。 作詞・作曲・脚本を手掛けたジョナサン・ラーソンは、 プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』を下敷きに、 AIDS、 ドラッグ、 同性愛、 都市の貧困層排除など90年代のニューヨークが抱えていた問題を扱い、 そこに生まれたコミュニティーの揺るぎない〈きずな〉を描き出した。 トニー賞やピュリツァー賞など各賞を総なめにした本作は、 以来、 時代と国境を越えて世界中に熱狂的なファンを生み続けている。

初演から22年経った今、 劇中で描かれる当時の〈現代アメリカ社会〉の一部は、 過去のものとなりつつある。 公衆電話は街角から姿を消し、 かつて〈死に至る病〉と言われたAIDSは研究開発が進み、 適切な服薬・治療次第で通常の生活を送ることが可能になった。 だからこそ余計に、 初演時のオリジナル演出で観る『レント』は、 年月を経ても変わらないもの──大切な誰かを失うことのつらさ、 弱者への差別、 人とのつながりがもたらす生き甲斐──を浮き彫りにしてくれる。

そんな中で、 今回来日したアメリカカンパニーは、 ひりつくような〈痛み〉や〈不寛容〉よりも、 劇中の名曲「シーズンズ・オブ・ラブ」に代表される包み込むような〈優しさ〉や〈愛〉を、 より深く体現しているように感じるのが印象的だ。 若くポジティブなエネルギーを醸し出す来日キャスト陣はおそらく、 リベラルなオバマ政権下で青春を送った世代。 〈愛〉こそが、 度重なる銃撃事件や時代と逆行するような差別問題が続く2018年の〈現代アメリカ社会〉に対する次世代の若者たちの答えなのではないか、 と捉えるのは考えすぎだろうか?

若さゆえか時折キャラクター造形に物足りなさを感じる部分もあるものの、 歌唱力の豊かさはさすが。 ローガン・ファリン(ロジャー役)、 デヴィンレ・アダムス(コリンズ役)、 リンディ・モエ(モーリーン役)、 ジャスミン・ローレンス(「シーズンズ・オブ・ラブ」ソリスト)ほか、 多様性に満ちたキャスト陣の層の深さを感じさせる。

来日公演は8月12日まで。 熱波に包まれた東京で、 傑作ミュージカル『レント』が届ける熱いメッセージにぜひ耳を傾けてほしい。

All photos:Tomoko Hidaki(文=武次光世/Gene & Fred)

 

RENTとは…

ブロードウェイミュージカル「レント」は96年にNYの小劇場でオープン後、 わずか2ヶ月でブロードウェイに進出。 ピューリッツァー賞、 トニー賞、 オビー賞など各賞を総なめにし、 世界中にレントヘッズと呼ばれる熱狂的ファンを生んで、 まさにミュージカルの歴史を変えた伝説のミュージカル。 プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』をもとに、 エイズ、 ドラッグ、 同性愛、 友の死…様々な問題を抱えながらも夢を諦めず懸命に生きる若者たちの姿を描いたストーリーと、 それを包み込む美しい音楽は、 世界中の人々に生きる勇気と希望を与えてきた。

2016年12月に初演から20年を記念して開催された来日公演では、 連日ソールドアウトにスタンディングオベーションで大熱狂。 新世代のエネルギー溢れるキャストで大絶賛をあびたオリジナル演出版が、 早くも2018年8月に再来日。 あの愛に包まれる感動と興奮を体感せずにはいられない!

 

ブロードウェイミュージカル『レント』来日公演2018

日時:2018年8月1日(水)~8月12日(日) 全17公演
会場:東急シアターオーブ (渋谷ヒカリエ11階)
料金:S席13,000円、 A席11,000円、 B席9,000円、 エンジェルシート6,500円
主催:キョードー東京  企画招聘:キョードー東京

【出演】アメリカカンパニー
【作詞・作曲・脚本】ジョナサン・ラーソン 【初演版演出】マイケル・グライフ

◆公式ホームページ: http://www.rent2018.jp/
【お問合せ】キョードー東京 0570-550-799(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)

Tokyo Now Author