舞台「若様組まいる~若様とロマン~」メインビジュアル公開

2018年10月に三越劇場にて上演する、 舞台「若様組まいる~若様とロマン~」のメインビジュアル&キャラクタービジュアルを公開されました。

畠中恵の人気小説を原作とした、 舞台「若様組まいる~若様とロマン~」を2018年10月6日(土)~10月21日(日)の期間で、 東京・三越劇場にて上演いたします。 この度、 出演者が勢揃いしたメインビジュアルを公開いたします。 本作品の著者 畠中恵は、 シリーズ累計発行800万部を超える「しゃばけ」シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

今回舞台化する「若様とロマン」は、 戦争が近づいてきた明治の世で、 戦争を避けるべく「お見合い」に奮闘する元幕臣の警官たち“若様組”の面々を描いた「若様組シリーズ」3作目です。

「若様組シリーズ」の舞台化1作目となる「若様組まいる」は、 全編ライトでポップな演出で、 2作目となる「若様組まいる~アイスクリン強し~」は“スイーツ”の香りを使った新しい演出でどちらも好評を得ました。

出演者には若手実力派の入江甚儀、 宮﨑香蓮、 原嶋元久等に加え、 女優としても活躍する市川美織、 栞奈、 高柳明音(SKE48)、 そしてキャラメルボックスの岡田達也等のベテラン俳優を迎え、 過去最多の豪華な出演者でお届けいたします。 脚本・演出は、 前作に引き続き、 「拙者ムニエル」主宰として劇団公演や外部公演など多くの作品(「けものフレンズ」「私のホストちゃん」「ママと僕たち」など)を手掛ける村上大樹氏が務めます。

2018年は、 明治元年(1868年)から起算して満150年の年にあたります。 メインビジュアルも、 出演者が衣裳に身を包み、 歴史ロマン感じるものになりました。 会場となる三越劇場は、 文化遺産にも登録されており、 歴史を感じる豪華な内装も特徴です。 本作では、 お客様にも、 舞台を観て楽しむだけでなく、 明治の世に入り込んで楽しんでいただけるよう、 全公演を通してドレスコード特典や、 イベント公演ではアフターティーパーティーなどもご用意しています。 ぜひ、 明治の物語を全身でお楽しみください。

舞台「若様組まいる~若様とロマン」

  • 原作:畠中恵「若様組まいる」(講談社文庫)「若様とロマン」(講談社刊)
  • 日程:2018年10月6日(土)~10月21日(日)
  • 劇場:三越劇場
  • 出演者:入江甚儀 /宮﨑香蓮 原嶋元久 宇野結也 井澤巧麻 伊崎龍次郎 安川純平 森田桐矢 / 市川美織 栞菜 高柳明音(SKE48)(Wキャスト) 小槙まこ(Wキャスト)/ 和合真一 山口大地 小多田直樹 角島美緒 斎藤直紀 綾乃彩 / 内藤大希 鎌苅健太 岡田達也  他
  • チケット販売:2018年8月4日より各プレイガイドにて一般発売開始
    現在、 各種先行販売受付中。
  • チケット価格:
    • 全席指定8,500円(税込)
    • アフターパーティーのある公演10,000円(税込・洋菓子付き)
  • 主催:株式会社メディアミックス・ジャパン
  • 公式サイト:http://www.mmj-pro.co.jp/wakasamagumi/
  • 公式ツイッターアカウント:@wakasamagumi

あらすじ
平和に見えた明治の世にも、 戦争は直ぐそこまで迫ってきた。 戦争へと突き進む勢いを抑え込むために成金 小泉琢磨が考えた作戦は「お見合い」だった。 次々と「お見合い」をさせられていく若様組の面々の脇で、 若様組と親しい西洋菓子屋を営む皆川真次郎や、 若様組のマドンナ的存在沙羅も、 自らの将来に関する決断を迫られていた。 戦争の流れに争いながら、 自分の人生を生きていこうと葛藤する明治の若者を描きます

Tokyo Now Author