菊川怜が演じる美人女将を、日本を代表する名優たちが口説く!テレビ大阪『役者ダマしい』毎週月曜深夜1:05~1:35放送

台本は一切無し。設定も役柄も演じる俳優に任せられ、15分という制限時間の中で小料理店の女将を口説かなければならない…役者の力量が試されるー。そんなガチドラマに挑むのは、日本を代表する12人の名優たちだ。

そして毎回名優たちに口説かれる美人女将役の菊川怜もガチンコ勝負。どんな設定になったのか、知らされないまま本番。ゲストたちの個性あふれるキャラと時には奇抜な設定に、女将がどんなリアクションをするのか?名優×名優の駆け引きも見逃せない。

出演の話があった時は「すごく面白そうだなと思う反面、すごく難しそうだなという気持ちが両方ありました。」 と語る菊川怜。ゲストの思わぬセリフにも動ぜず機転を利かせた反応に、#2のゲスト・神保悟志は「菊川怜さんはやっぱり感性が鋭いなと改めて思いました。こう投げればこう返してきてくださるので、だんだん楽しくなっちゃって。」と絶賛。
気になるラインナップは…

 

#1 津田寛治/逃走中

初回のゲストは俳優歴27年の津田寛治。自ら設定を考え口説くストーリーを考える。役者の力量が試されるというプレッシャーの中、津田が演じる役は…。いきなり目出し帽をかぶって、女将(菊川玲)の小料理店に飛び込んできた、いかにも怪しげな男。「自信はまったく持てない」と語っていた津田だが、果たして女将を口説くことができるのか?

 

#2 神保悟志/天国から来た男

ゲストは神保悟志。冷徹な官僚や刑事などクールな役が多い神保だが、今回演じるのはなんと犬!「“焼酎の牛乳割り”を浅いお皿で」と注文するこの客は、女将が高校生の頃、隣の家で飼われていたダルメシアンのポチだという。突拍子もない客の身の上話に、女将(菊川怜)のとった対応は…。犬が女将を口説くファンタジードラマ!?

 

#3 小市慢太郎 /超・無口な客

ゲストは小市慢太郎。どんな役柄でもこなせるバイプレイヤーの小市が、自ら決めた役柄は“超・無口な男”。店に入ってきた瞬間から暗い雰囲気を漂わせ、女将の問いかけにもポツポツとしか答えない。自然とできる静寂の“間”は驚くほど長い。無口な客に困惑しつつも話しかける女将(菊川怜)。そんな女将にだんだん客も打ち解けてきて…。無口な男の口説き文句はいかに?

この他にも個性豊かな実力派俳優たちがユニークな設定で登場!
収録を終えて、緊張感から解放されたの出演者たちの本音の舞台裏トークもお楽しみに!

 

テレビ大阪『役者ダマしい』

[放送日時]
2018年4月9日(月) 深夜1:05~1:35放送スタート

[出演]
女将:菊川怜

ゲスト:
#1・津田寛治
#2・神保悟志
#3・小市慢太郎

[URL]
公式サイト:http://www.tv-osaka.co.jp/yakudama/

Tokyo Now Author