映画『渇いた鉢』12月10日(土)より池袋シネマ・ロサほか全国順次公開決定!

映画『異物-完全版-』や『転がるビー玉』を手がけた宇賀那健一監督の新作長編映画『渇いた鉢』(洋題:The Empty Flowerpot)が2022年12月10日(土)より池袋シネマ・ロサほか全国順次公開することが決定、併せて予告編も公開されました

『渇いた鉢』は世界各国の映画祭を席巻した『異物-完全版-』をはじめ、ジャンルを問わず意欲的に作品を作り続けている宇賀那監督が新たに打ち出した、愛する家族を奪われてしまった1人の男性の喪失の物語。ひとくくりに〈被害者遺族〉と世間から呼ばれてしまう人々のやり切れない思い、理不尽な処遇。周囲の身勝手な好奇に晒されるという不条理…。どうしようもなく大きな喪失感に苛まれながらも、彼は何を思い、何を願い、何故生きるのか。不安定にぐらつきながら狂おしく歩む姿をただひたすらに描き切った作品です。

主演には今作が映画初主演となる俳優、安部一希。上司の三浦役に『さがす』(2022年)や『由宇子の天秤』(2021年)などへの話題作に出演が続いている松浦祐也や『シュシュシュの娘』(2021年)で市長役を演じ存在感を見せた三溝浩二など実力のある役者たちが出演しております。

また、『渇いた鉢』はイギリスのアカデミー賞である英国映画テレビ芸術アカデミー公認映画祭のRomford Film Festivalで上映され、最優秀監督賞・最優秀主演男優賞・最優秀脚本賞・最優秀撮影賞の4部門にノミネート。そして観客賞であるSpecial Commendationを受賞しました。

公開日の決定にあわせて解禁となるのは、「愛する家族を奪われた男」というフレーズから始まる不穏な空気の漂う予告編。静かながらスケール感のある音楽と共に、「人殺した事とかあるんすか」「僕なんか生まれなければ」というセンセーショナルなセリフや、主人公がランドセルを背負い歩いていたり、骨壺から骨を取り出しかじったりする姿等、気になるカットが続いていきます。どう展開していくのか分からない、想像を膨らませる内容にご注目下さい。

 

―STORY―
暗い部屋で独り、パソコンの光に照らされ、浮かび上がる男の姿。
松村大地(安部一希)は無心に検索画面に言葉を打ち込み続けている・・・。
彼は3年前に、最も愛する家族を見知らぬ狂気によって突然奪われてしまっていた。
幼い娘を手にかけた犯人、いたずらに家族を責め立てて妻を追い詰めたマスコミや野次馬への憎しみ。
何よりも2人を守れなかった自分に対する抱え切れない自責の念。
時と共に簡単に忘れられ、風化していく事件。余りにも深い孤独の中、彼が今も生きる理由とは――。
松村大地はまたフラフラと街へ歩み出す。

 

映画『渇いた鉢』

映画『渇いた鉢』

2022年12月10日(土)より池袋シネマ・ロサほか全国順次公開

[CAST]
安部一希
三溝浩二 東龍之介 はぎの一 山本月乃 遠藤隆太 田中栄吾 青島心 贄田愛菜 髙木直子 志田織乃 松浦祐也
新海ひろ子 石原理衣 本山勇賢 竹崎綾華 川崎希 櫻井亜衣 峰秀一 飯田浩次郎 フェルナンデス直行

[STAFF]
監督:宇賀那健一
プロデューサー:安部一希
脚本:木村暉
共同プロデューサー・撮影・編集:小美野昌史
撮影:大西恵太、空井大地
録音・整音・効果:紫藤佑弥
美術:岡田匡未
衣装:小笠原吉恵、中村もやし
メイク:くつみ綾音
助監督:福田和弘、伊藤祥、工藤渉
音楽:小野川浩幸
制作:真田和輝、小林和仁、浅田隼也
製作:『渇いた鉢』フィルムパートナーズ
配給:vandalism

Tokyo Now Author