松本ももな、籾山ひめり、橋本桃呼の電撃加入で話題!「高嶺のなでしこ」TIF2022で初お披露目

『JDOL AUDITION supported by TIF』の最終合格者7名と、2022年5月31日に活動を終了した「ラストアイドル」の元メンバー3名(松本ももな・籾山ひめり・橋本桃呼)、計10名によって結成された新規アイドルグループ「高嶺のなでしこ(たかねのなでしこ)」が、8月7日(日)「TOKYO IDOL FESTIVAL2022 supported by にしたんクリニック」SMILE GARDENステージにて初お披露目されました。

「高嶺のなでしこ」お披露目ステージ

会場全体が彼女たちの初ステージを待ちわびる高揚感に包まれる中、まずは『JDOL AUDITION supported by TIF』オーディションアンバサダーである村重杏奈が登場し、村重の呼びかけによりメンバー10名がステージに現れました。

「高嶺のなでしこ」お披露目ステージ

1曲目は、Sound Producer「HoneyWorks」が手掛けるオリジナル曲「アンチファン」を披露。メンバーは黒地にピンクのリボンと白いレースがあしらわれたお揃いの衣装に包まれ、早速息の揃ったパフォーマンスで観客を惹きつけます。続いて、2曲目もオリジナル曲となる「ユメムスビ」を披露。その後のMCで「高嶺のなでしこです!」と初めてステージで挨拶すると、メンバーの籾山ひめりより「大切な曲をカバー披露させていただきます」と曲紹介が。3曲目に披露したのは、「ラストアイドル」が2019年にリリースした「青春トレイン」。キャッチ―なサビの振り付けでは観客と一体感が生まれました。熱い想いがこもったパフォーマンスに会場は大きな拍手で包まれた。計3曲の披露を終え、メンバーの晴れやかな笑顔とともに15分のデビューステージが華々しく幕を閉じた。

「高嶺のなでしこ」お披露目ステージ

松本ももな コメント
メンバー発表から初お披露目まで2日間だったので、ドキドキ続きの初お披露目ライブでしたがステージに立ってファンの方を見た時に、アイドルになれた幸せを噛み締めました!そして思い入れのある大切な曲「青春トレイン」を高嶺のなでしこのメンバーでカバーさせて頂けて嬉しかったです!今日まで沢山レッスンを重ねて高嶺のなでしこ10人で本当に楽しいステージができて、ファンの方からも声援や応援を頂けて嬉しかったです!これからも高嶺のなでしこの応援よろしくお願いします!

東山恵里沙 コメント
TIF2022ありがとうございました!応援して下さった皆様にとって、最高の日になっていたら幸いです。皆様の見せて下さった景色は、一生忘れられない宝物となりました。この日に向けて、真剣に練習をしているメンバーの姿はとてもかっこよかったです。この9人と一緒にステージに立てること、とても誇りに思います。大切な今日を忘れず、目標としている大きなステージに立てるよう、精一杯頑張ります!「高嶺のなでしこ」のそばにいて下さると嬉しいです。

「高嶺のなでしこ」お披露目ステージ
(後段左から)星谷美来、葉月紗蘭、春野莉々、日向端ひな
(前段左から)城月菜央、涼海すう、東山恵里沙、松本ももな、橋本桃呼、籾山ひめり

 

高嶺のなでしこ

Tokyo Now Author