主演 仲野太賀で実写ドラマ化も決定!個性派俳優・松尾諭による自伝風エッセイ『拾われた男』がマンガになって登場

『拾われた男』

株式会社文藝春秋コミック編集部は、マンガ『拾われた男』(原作・松尾諭、漫画・勝田文)を1月25日(火)より文春オンラインで連載開始します。本作は、俳優・松尾諭の自伝風エッセイを『風太郎不戦日記』『マリーマリーマリー』などを手がける漫画家の勝田文によってコミカライズしたものです。

―あらすじ―
俳優を志して上京した兵庫県尼崎生まれのマツオ(24)。自動販売機の下に落ちていた1枚の航空券を拾ったことから、彼の環境はめまぐるしく変わり始めーー。借金あり、貯金なし。崖っぷち俳優(志望)の行先は?

第1話は1月25日(火)に公開( https://bunshun.jp/articles/-/51450 )。
毎月第2・4火曜日に更新します。

松尾諭 コメント
マンガ化の話をいただいた時は驚きました…いや、実は薄らと期待はしていたのです。でちょうどその頃『風太郎不戦日記』を読んでいて、勝田文先生に描いていただけたら最高だなと、ダメ元でお願いしてもらったところ、まさかのご快諾!しかも出来上がりが期待の斜め上を行く面白さで、僕自身一刻も早く続きが読みたいです。

勝田文 コメント
原作の軽妙な雰囲気をそのままマンガにできたら嬉しいです!

 

■2022年初夏に実写ドラマを配信開始!

『拾われた男』は2022年初夏、実写ドラマ化します。監督は井上剛。主演に仲野太賀、他にも伊藤沙莉、草彅剛の出演が決まっています。

Tokyo Now Author