おじドル・彦坂啓介、本当の憧れは半グレだった!?『おじドル,ヤクザ』公開初日に願望明かす

老舗スカコアバンドRUDE BONES・大川裕明のオリジナル脚本による可笑しくて、ダサくて、カッコ悪いおっさん二人のバディムービー『おじドル,ヤクザ』が1月22日、ついに公開!同日K’s cinemaで行われた初日舞台挨拶には、監督・脚本・主演の大川裕明、共演の彦坂啓介、たしろさやか、越山深喜が登壇しました。

映画『おじドル,ヤクザ』初日舞台挨拶
(左から)越山深喜、彦坂啓介、大川裕明(監督)、たしろさやか

ついに迎えた念願の封切り!早朝の初回上映後、ステージに立った大川監督は彦坂について「リアルに寝坊してきた!」と暴露して笑わせつつ「僕と彼がヤクザとアイドル。それだけで画として面白い。ヤクザとアイドルという凸凹な二人が、環境や家族の愛によって変わっていく。その姿をコメディを交えつつ伝えたかった」と斬新設定の狙いを明かした。

スパンコールのアイドル風劇中衣装で登壇した彦坂は「この衣装、あまりにも安くて動くたびにスパンコールがボロボロと落ちる」とぼやくと、すかさず大川監督が「三千円!」と低予算ならではの衣装事情をぶっちゃけ。また彦坂は、たしろから「セリフにあるお店の名前を噛み過ぎて正しく言えていなかった」と指摘されると、「あれ?僕今これ責められているの?泣けて来るヨオ~!」とションボリ。すかさずたしろが「そこがあずぽんと彦坂さんの可愛いところ!ほぼ素のキャラクターです」とフォローすると、大川監督も「頑張ってアイドルデビューさせます!」と宣言していた。

そんな彦坂のアイドルとしてのライブシーンも見所だが、実は口パク処理。大川監督は「全然歌を覚えられないの!どうしたらいいのか?と思ったけれど、彼にはスター性があるから、そのままでいいやと思った」と理由を明かすと、当の彦坂は「お酒が入っていればよかったんだけれどね」と反省。しかし熱狂的ファン役の越山は「楽しいライブシーンでした。高円寺の駅前でもゲリラライブをやって。彦坂さんの声の高さが独特でしたけど」と撮影現場での盛り上がりぶりを証言していた。

自身の“おじドル”姿に彦坂は「この衣装を着ている自分の姿を見て…これでいいのかな?と。いまだに僕はよくわからない」と公開を迎えてもなお混乱中だが、グラビアアイドル出身のたしろは「アイドルは謙虚な気持ちが大事だからいいと思うよ!」と性格面での資質に太鼓判。しかし彦坂は「半グレのリーダー役をいつか演じたい。ヤクザ映画のオファーがあればぜひ!」とギャップの在りすぎるジャンル進出に意気込んでいた。

インディペンデント作ながらも、『太陽にほえろ!』などで知られるベテラン俳優・竜雷太も出演。大川監督は「脚本を読んで決めてくれました。彼が自主映画に出演したのは初めてではないかと思う。現場で竜雷太さんに会ったときは感動してしまい、リハの途中で泣きそうになった」と感激していた。

最後に大川監督は「SNSでの告知、口コミ、リピーターなどの力を借りて、世界に行きたい!上映、地道に頑張ります!」とさらなる広がりに期待。彦坂は「月曜のチケットが売れていないのでぜひお願いします!」と頭を下げて爆笑を誘っていた。

 

―物語―
金田(42才)は潔癖症で、昔堅気のヤクザ。人付き合いが苦手で、オレオレ詐欺などイマドキのヤクザの仕事では使いものにならない。組でも浮いた存在で借金の取立の仕事をあてがわれている。債権者は老後破産の夫婦等いずれも底辺で懸命に生きる人々。
ある日の取立先は東(あずま)という男の家だった。彼は芸名をあずぽんと名乗り44歳の今でも地下アイドルとして活動している。あずぽんは年老いた両親と暮らし、どこまでも呑気でポジティブな男だった。そんなあずぽんにイラつく金田だったが、ひょんなことから一緒に取り立て旅行に行ったり、金田が密かに想いを寄せる女性をあずぽんが誘い3人で飲んだり、そうして互いを知るうちに特別な思いが芽生えていくーー。
ついにヤクザから足を洗って堅気の職につく決意をした金田。しかし、邪魔が入りなかなか仕事が続かない。そんなある日、自身の生誕ライブを楽しみにしているあずぽんは半グレのヤンキーから因縁をつけられ、ターゲットにされてしまう。そんなあずぽんが気になる金田。果たして金田は救いの手を差し伸べるのか?!そして、あずぽん待望のライブは開催できるのか?

 

映画『おじドル,ヤクザ』

映画『おじドル,ヤクザ』

2022年1月22日(土)よりK’s cinema他、順次公開

[出演]
大川裕明 彦坂啓介/たしろさやか 泉水美和子 榎本桜 松代大介/竜雷太

[監督・脚本・編集・音楽]
大川裕明

[撮影・照明]
福田陽平

[配給]
トリプルアップ

[宣伝協力]
TBSグロウディア

[上映時間]
82分

[URL]
公式サイト:https://ojidoru893.com/

©2021 おじドル,ヤクザ

Tokyo Now Author