吉沢亮と新木優子が研究員を演じる、ディオールのショート フィルム『Road to Creation』が1月4日から公開!

パルファン・クリスチャン・ディオールは、ディオールの最先端の研究成果から開発されたカプチュール トータル シリーズの新美容液ローションにインスピレーションを得て制作されたショートフィルム『Road to Creation』を2022年1月4日(火)にディオール公式サイトにて公開しました。

ショートフィルム『Road to Creation』

ショートフィルム視聴リンク:http://on.dior.com/capturetotale-2112-03

フィルムを制作したのは、映画『キングダム』『銀魂』などの作品群で知られる映画制作会社CREDEUS。同社代表の松橋真三が脚本・プロデュースを手がけました。そして監督は、映画『悪と仮面のルール』や著名アーティストのミュージックビデオなどの実績をもつ気鋭の映像監督 中村哲平。音楽は、数多くの映画やドラマ、ゲーム音楽などを手がける、日本を代表する作曲家 池頼広。撮影、照明、美術などの制作スタッフも含め、日本映画界のトップクリエイターが集結して作り上げた作品です。ディオール ビューティーアンバサダーを務める俳優 吉沢亮と新木優子が研究員を演じます。

ストーリー
場面は近未来を思わせる分断された研究所から始まります。すりガラスで分断された中での製品開発、そして化学式を通して徐々に触れ合っていく中で解を見つけていく喜び。人と人との触れあいや、行動が制限され不自由さを感じるいまの社会に、人とのつながりの大切さや、誰かと共に歩み創造する素晴らしさを描きます。
ディオール最先端の研究成果から生まれた新カプチュール トータル インテンシブ エッセンス ローション が
創る特別な瞬間を、“分断から解放へ”と向かいふたりが出会う喜びを美しいストーリーとして描きます。

制作エピソード
脚本・プロデュースを手掛けた松橋真三は制作を振り返り「今、人と会えない苦しさを世界中が経験しています。テーマは‘分断からの解放’です。人と人とが思いをひとつにしながら素晴らしいものを創り上げていく姿を表現したいと思いました。ひとりでできることは限られている。だから人に会いたい。だからいつまでも美しくありたい。心も身体も人と触れ合うことを求めているのです。中村監督と話し合い、分断されて息の詰まるような世界から、あたかも、新カプチュール トータル インテンシブ エッセンス ローションが開発されていく過程で心と身体が解放されていくような、こんな美しい物語を見てみたいなと思いました」と語ります。

Tokyo Now Author