音楽劇『あらしのよるに』開幕!

2021年8月28日(土)・29日(日)上演、音楽劇『あらしのよるに』が日生劇場で開幕しました。

音楽劇『あらしのよるに』舞台写真
撮影:青木 司

本作品は、オオカミとヤギ、仲良くなるはずのない二匹が、困難に立ち向かいながら、「食べる側」と「食べられる側」の関係をこえて友情を育む物語。

2019年に好評を博した公演の再演で、友だち思いの心優しいオオカミのガブ役を渡部 豪太、そのガブと秘密の友情を育む好奇心たっぷりなヤギのメイ役を北浦 愛が演じ、オオカミのリーダー ギロ役を大森 博史、おばさんヤギ役を平田 敦子が演じています。

脚本・演出の立山 ひろみ、音楽の鈴木 光介(時々自動)、振付の山田 うんによる、歌や音楽、ダンスたっぷりの臨場感溢れる音楽劇です。

撮影:青木 司

ガブ 役/渡部 豪太 コメント
2019年に上演した今作が、更にパワーアップしてまた日生劇場で復活致します!初演時のキャストに新たな仲間を加えて、本当にワクワクドキドキしています。皆で創る最高のパフォーマンスをお届けしたいと思っております!
ガブとメイがポロポロヶ丘の洞窟でふたりきりになるシーンがあります。そこで二匹はお互いの悲しみを知ります。その時にガブは、メイを通してオオカミとヤギの美しい夢を見ます。この音楽とダンスが大好きです。
この劇をなんとしてでも皆様に届けたいと強く願う日生劇場の思いと我々演者、スタッフ一丸となって創りました。本当に苦しい時こそ演劇のもつ力が発揮されると信じています。こんな時勢だからこそ、子ども達の胸に一生残る本当の演劇体験をお届けします。

メイ 役/北浦 愛 コメント
いよいよ、『あらしのよるに』が開幕します!この物語は、特別な「ともだち」についてのお話です。ヤギとオオカミのひみつの友情がお芝居、踊り、音楽で繰り広げられていきますが、それとともに美術、照明で広がっていく世界観を皆様と一緒に旅できると思うとメイとガブはドキドキです。時にはハラハラする場面もある素敵な絵本の世界を是非体験してください!サワサワ山で皆さんをお待ちしています。合言葉の「あらしのよるに」も忘れずに!

 

―STORY―
ある嵐の夜、ヤギのメイとオオカミのガブは避難した山小屋で偶然出会い、互いの正体に気づかないまま言葉を交わします。翌日「あらしのよるに」を合言葉に再会した二人は、正体に驚きながらも秘密の友達になります。しかしその関係は群れの仲間に見つかってしまいます…。
群れよりも友情を選んだ二人は、仲間から離れ、仲良く暮らせるみどりの森を求め、遠く雪山の向こうを目指して旅立ちました…。

 

<公演概要>

日生劇場ファミリーフェスティヴァル 2021 音楽劇『あらしのよるに』

日生劇場ファミリーフェスティヴァル 2021
音楽劇『あらしのよるに』

[出演]
ガブ:渡部 豪太
メイ:北浦 愛
ギロ:大森 博史
おばさんヤギ:平田 敦子
バリー:島田 惇平
タプ:木原 浩太
ミィ:北川 結
飯嶋 あやめ 小山 まさし 酒井 直之 滝本 直子 笘篠 ひとみ 長谷川 暢
平山 トオル 古川 和佳奈 三田 瑶子 山口 将太朗 山﨑 まゆ子 山根 海音

[演奏]
鈴木 光介(tp) 砂川 佳代子(cl) 関根 真理(per) 高橋 牧(acco) 日高 和子(sax)

[スタッフ]
原作:きむらゆういち『あらしのよるに』(講談社)
脚本・演出:立山 ひろみ
音楽:鈴木 光介(時々自動)
振付:山田 うん
美術:池田 ともゆき
照明:齋藤 茂男
衣裳:太田 雅公
ヘアメイク:橘 房図
音響:島 猛
演出助手:神野 真理亜
舞台監督:八木 清市
宣伝:加藤 秀幸(グラインドハウス)
宣伝写真:三宮 幹史
宣伝衣裳:生田 志織
宣伝ヘアメイク:atsu.co、根本 亜沙美

Tokyo Now Author