山谷花純「憧れていたラブストーリーのヒロインになれて嬉しい!」と喜びを爆発!『私の正しいお兄ちゃん』メインビジュアル解禁

動画配信サービスFODは、10月15日(金)より配信されるモリエサトシ原作の漫画を映像化したドラマ『私の正しいお兄ちゃん』のヒロインに女優の山谷花純が決定したことを発表。併せて、豪華共演者と番組メインビジュアルも公開しました。

『私の正しいお兄ちゃん』
©モリエサトシ・講談社/フジテレビジョン

本作は、過去を背負った男女の切なすぎる純愛ラブストーリーを描いており、主人公の海利を古川雄大が務めます。山谷が演じるヒロインの理世は、生き別れになった兄に似た面影を持つ海利に惹かれていく女子大生。女優歴13年目となる山谷は今回が初ヒロインで、「これまでは、恋の邪魔をする役の方が多かったのですが、ラブストーリーのヒロインに憧れていたので今回こういう機会をいただけて嬉しいです」と喜びの様子を見せました。山谷演じる理世は、「自分が決めたことは猪突猛進に後先考えずに行動するようなタイプで、純粋な感情を持っていて人前でも涙も流せるような感情豊かな子」と評していますが、普段から落ち着いているタイプの山谷は、監督から「役の設定に引っ張られて暗くならないように、明るく」というアドバイスを元に、「好きな人の前での仕草とか雰囲気や、女の子らしい仕草を意識しながら演技に臨んだ」と撮影中のエピソードを明かしました。

今回発表するその他のキャストには、理世の近所に住み、理世のことを心配し見守る刑事役に堀井新太、理世の大好きな兄役に長谷川純、バイト先の店長にダンディ坂野、理世のバイトの同僚に喜多乃愛、海利の過去に携わる重要な役どころに佐津川愛美、橋本マナミ、そして理世の地元の刑事役に飯田基祐が花を添えます。長谷川純は人生初の金髪になって今回の役に挑みます。

ストーリーが進む中で次々と明るみに出る真実!愛すること…憎むこと…本当の幸せとは…。ストーリーが進む中で登場人物たちが様々な真実に直面していく、ジェットコースター・クライムサスペンス&ラブドラマに仕上がっています。

さらに、本作に相応しいビジュアルも完成しました。純白に包まれた二人は、純粋すぎるがゆえにどことない不安定さや儚さを演出するラブストーリーを表現し、作品のキーワードである「眠る」ことが表現されています。

 

山谷花純

山谷花純 コメント
これまでは、恋の邪魔をする役の方が多かったのですが、ラブストーリーのヒロインに憧れていたので今回こういう機会をいただけて嬉しいです。
私が演じる理世は、ものすごく純粋で一見かよわそうに見えるんですけど、自分の中で決めたことに猪突猛進なタイプで、人前で涙を見せられるような純粋な感情を持っている子。複雑な家庭環境の中で育った子なのですが、それを感じさせないように、明るく元気に演じました。
作品は、二人の出会いから始まる恋愛模様や成長の過程が描かれています。こんな時代だからこそ、人の事をちゃんと信じてもいいんだと思える作品になっています。ぜひ大切な人と一緒に見ていただきたい作品です。

 

―STORY―
大学生の理世は、アルバイト先で、ずっと会っていない兄に面影の似た海利という青年に出会う。
眠れないという海利に肩を貸すうち、理世は、海利に惹かれていき…。しかし、海利のアパートで見てしまった日記には「人を殺した罪からは逃れられない」という文章が…。海利は本当に人を殺したのか…。そして、行き場のなくなった理世の恋の行方は…。次々と明るみに出る真実!愛すること…憎むこと…本当の幸せとは…。

 

『私の正しいお兄ちゃん』

『私の正しいお兄ちゃん』

[配信]
2021年10月15日(金)0時配信 (全8話)

[原作]
モリエサトシ『私の正しいお兄ちゃん』(講談社「BE・LOVE」所載)

[主題歌]
古川雄大 タイトル未定(シンコーミュージック・エンタテイメント)

[出演]
古川雄大、山谷花純、堀井新太、ダンディ坂野、喜多乃愛、佐津川愛美、橋本マナミ、長谷川純、飯田基祐 ほか

[脚本]
加藤綾子、井上テテ、阿部沙耶佳、河原瑶(テレパック)

[プロデュース]
田淵麻子(フジテレビジョン)

[プロデューサー]
河原瑶(テレパック)、三本千晶(テレパック)

[監督]
河原瑶(テレパック)

[制作協力]
テレパック

[制作著作]
フジテレビジョン

[URL]
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/tada-ani/

©モリエサトシ・講談社/フジテレビジョン

Tokyo Now Author