舞台『観劇者』開幕!

脚本・演出を開沼豊が手掛け、堀田竜成、外岡えりか、林明寛、大滝樹、岩佐祐樹、わたなべかすみ、吉田翔吾、斉藤レイ、長戸勝彦という個性豊かな俳優たちが、客席の開場から終演後までの“観劇者”を演じる、舞台『観劇者』が、6月30日(水)に東京・シアターグリーン BIG TREE THEATERで初日を迎えました。

舞台『観劇者』舞台写真
(左から)岩佐祐樹、外岡えりか、斉藤レイ、長戸勝彦、堀田竜成、吉田翔吾、わたなべかすみ、大滝樹、林明寛

舞台『観劇者』では、同期が主演を務める舞台を見にきた元俳優、偶然劇場の前を通りかかった映像制作会社社員、“推し活”に勤しむ女性とそんな彼女に連れられて初めて舞台を見る男性、観劇が生きがいのフリーター、将来演劇の仕事に関わりたい女子高生、何かを我慢している不思議な男性、娘の出演作へと足を運んだ夫婦という男女9人が、どのような経緯でこの舞台を観劇することになったのかを描きます。同じ空間で演目を見ている“観劇者”たちが抱える事情をさまざまな角度から描き、ときに音声を交えながら軽快なやり取りで進んでいく会話劇となっています。

舞台『観劇者』舞台写真
(左から)堀田竜成、外岡えりか、林明寛、大滝樹、岩佐祐樹、わたなべかすみ、吉田翔吾、斉藤レイ、長戸勝彦

M列9番(高木蓮)/堀田竜成 コメント
この公演は、(登場人物)それぞれのストーリーがあり、(お越しいただく)みなさんにもきっとストーリーがあると思います。自分に置き換えられるものとか、感じられるものがたくさんある舞台になっています。次の何かの一歩に繋がる作品になると思いますので、一生懸命頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします。

M列12番(松下彩夏)/外岡えりか コメント
キャスト、スタッフ誰一人欠けることなく今日無事に幕が開くことがいまとても嬉しいです。私たち一人一人が背負っている物語だったり思いだったりを、来て下さるお客さんも一人一人背負って劇場に来てくれていると思うので、お届けするのがいまから楽しみです。最後まで駆け抜けられるように頑張ります。

M列5番(大澤亮太)/林明寛 コメント
この脚本は、長い間演出や役者をされている開沼さんだからこそ書けたものだと思っていまして、一回舞台を見たことがある人であれば、引っかかるポイントが絶対にあると思うので、楽しんで頂けると思います。個人的には開沼さんの頭の中を見られた感じがして楽しく本読みをやらせていただきました。楽しんで頂ければなと思います。

M列6番(田淵舞)/大滝樹 コメント
私はとにかく推し活をしている女性の代表だと思って、いまこの場にいると思っています。見に来て下さる方は誰か推しの方が必ずいると思うので、その人に失礼のないように精一杯演じさせていただきたいと思います。

M列13番(野間洋平)/岩佐祐樹 コメント
お客さんが劇場に来た段階で何か共感ができる作品だと思っています。よくある言葉ですが、一人一人が主役の舞台だと思いますので、誰か、もしくは複数人に共感して楽しんで頂けたら嬉しいですし、これからもっともっと観劇が好きになってもらえたら嬉しいです。

M列7番(林田未来)/わたなべかすみ コメント
2か月間いろいろ悩んだり考えたりしながら稽古をしてきました。その頑張った結果を見せられればいいなと思っています。私自身も観劇は好きですし、一観劇者としてこの観劇者の思いを伝えられればいいなと思います。

M列8番(佐々木真)/吉田翔吾 コメント
僕の役は仕掛けが一つしかないから、みんなと比べて言ってしまえば単純なことなんですけど、僕の中ではお客さんから一番共感を呼ぶようなことをやっているし、(開沼)豊さんからは、「お前はそうだ、そういう単純なことだけど、お前は一番劇的であれよ、一番ドラマティックであれよと言われているので、照明さんも音響さんも僕をめちゃくちゃドラマティックにしていただいて。だから僕はドラマティックに初日を迎えたいと思います。

M列11番(一条かなえ)/斉藤レイ コメント
コロナ禍のなかでのキャスティングだったと思うので、少ない人数で舞台上でもひとりずつ立っているような感じで、その空間を埋めるのがマンパワーだよって演出の開沼さんが言われていました。莫大なセリフの量なので、不安になることもあったんですけど、こうやって初日までこぎつけて、仕上がりを見ていただけたら笑いもあったし、みんながいい顔をして終われていたような気がして、もちろんもっともっと成長していくつもりですけれども、第一歩を踏み出せたかなと思っています。最後まで、怪我無き、事故なき、病気なきで頑張りますので、よろしくお願いいたします。

M列10番(一条勉)/長戸勝彦 コメント
私の妻(斉藤)が長かったので手短に(笑)。若者と交じって最年長ですけれども、楽日まで怪我のないように、笑顔で楽日を迎えられるように今日から頑張って参りますので、最後までみなさん応援よろしくお願いします。

 

―あらすじ―
客席にこそドラマがある。
客席開場から終演後までの観劇者たちを描く物語。
東京のとある劇場の客席M列5番から13番に座る男女9人の観劇者たち。
出演する娘を観にきた夫婦や、推しの俳優を彼氏候補の男と観にきた女。
ずっと観たくて仕方なかった作品を初めて観劇する女や、観劇そのものが生き甲斐となっている男。
とある事情で少しでも早く終演して欲しいと願っている男と、劇場の前をたまたま通り掛かって当日券で入った女。
そして、主演を務めることになった友人を観にきた男。
彼ら、彼女らはどのような経緯でこの舞台を観劇することになったのか。
どのような想いで予定を空け、チケットを買ったのか。
この作品は、客席開場から終演するまで、ご観劇されるお客様を描く物語。
俳優が最後まで観劇マナーを守って演じます。

 

<公演概要>

舞台『観劇者』

舞台『観劇者』

[公演日時]
2021年6月30日(水)~7月4日(日)<全9公演>

[会場]
シアターグリーン(池袋) BIG TREE THEATER
(東京都豊島区南池袋2-20-4)

[脚本・演出]
開沼豊

[出演]
堀田竜成、外岡えりか、林明寛、大滝樹、岩佐祐樹、わたなべかすみ、吉田翔吾/斉藤レイ、長戸勝彦

[チケット料金]
7,000円(全席指定/税込)

[チケット情報]
前売り
・チケットぴあ:https://w.pia.jp/t/kangekisya/ (Pコード:506-326)
・ローソンチケット:https://l-tike.com/kangekisya/ (Lコード:34898)
・イープラス:https://eplus.jp/kangekisya/

当日引換券
チケットぴあ:https://w.pia.jp/t/kangekisya/ (Pコード:506-326)
イープラス:https://eplus.jp/kangekisya/

当日券
当日券がご用意できる公演は、開演45分前から会場にて販売します。
詳細は公式ホームページ「FAQ」内にてご確認ください。

[企画・主催]
エーディープロジェクト/サンライズプロモーション東京

[制作]
エーディープロジェクト

[お問合せ]
サンライズプロモーション東京
0570-00-3337(平日12:00~15:00)

[URL]
公式サイト:https://www.kangekisha.jp/
Twitter:@kangekisha2021

Tokyo Now Author