ブロードウェイミュージカル『ピピン』森崎ウィン主演で再演決定! 

2019年に初演されたブロードウェイミュージカル『ピピン』日本語版が、主演ピピン役に新たに森崎ウィンを迎え、来年、2022年夏に再演されることが決定しました。

ブロードウェイミュージカル『ピピン』

『ピピン』は2013年、息をのむほどのエキサイティングな新演出でブロードウェイに帰還し、同年のトニー賞でミュージカル部門・最優秀リバイバル作品賞を含む4部門を受賞した傑作ミュージカルです。鬼才ボブ・フォッシー(ミュージカル『シカゴ』、映画版『キャバレー』)による演出と振付で1972年にブロードウェイで初演。当時もトニー賞5冠に輝いた、ブロードウェイミュージカルの名作中の名作です。

ボブ・フォッシーのスタイルを踏襲した刺激的なダンスと、シルク・ドゥ・ソレイユ出身のアーティストが手掛けたスリリングなサーカスアクロバットなど、斬新な手腕が大絶賛を浴びた演出はこれまでに誰も観たことのない、新しいミュージカルエンターテインメントとして世界中を驚かせました。2019年の日本語版公演初演では、本作で見事トニー賞最優秀演出賞を獲得したダイアン・パウルスが演出を手掛け、城田優主演にて連日のスタンディングオベーションを記録、大好評を博しました。

そんな傑作ミュージカル『ピピン』が2022年夏、主演ピピン役に森崎ウィン、キャサリン役に愛加あゆの新キャストを迎えて帰ってきます。他キャストには日本語版オリジナルキャストとしてリーディングプレイヤー役を演じ、本作で2019年読売演劇大賞優秀女優賞を受賞したCrystal Kayほか、今井清隆、霧矢大夢、岡田亮介、中尾ミエ、前田美波里ら実力派俳優の続投が決定。“奇跡のひととき”を再びお届けします。

劇場でしか体験することのできない、観たら一生忘れられないクライマックスを是非お見逃しなく!

ブロードウェイミュージカル『ピピン』

森崎ウィン コメント
今回、この作品に出演が決まった時は本当に嬉しかったです!!というのも、実はお話を頂く前に、前回公演を自分でチケットを買って、観に行っていて。「こんなエンターテイメントが日本にあるんだ!」と、とても興奮、感動したことを今でも覚えています。
初演が素晴らしかった分、緊張感やプレッシャーもありますが、自分に準備できることは全てやって、観に来てくださる方々に、実際に自分が感じたような感動をお届けできるように頑張りたいです!

ブロードウェイミュージカル『ピピン』

Crystal Kayコメント
初演は始まってから、すぐに終わってしまったような、あっという間の感覚でした。私の周りでも「観たかった!」という声を沢山頂いていたので、再演が決まった時は本当に嬉しかったです。2年前の上演時はミュージカル初挑戦だったので、すべてのことが初めてだったのですが、今回はより役に深みが出せればと思っています。リーディングプレイヤーとして、観てくださる全ての方々を夢のような世界に導いていきたいと思います。

 

<公演概要>

ブロードウェイミュージカル『ピピン』

ブロードウェイミュージカル『ピピン』

[公演日程]
東京公演:2022年8月~9月 東急シアターオーブ
大阪公演:2022年9月 オリックス劇場
※チケット情報は後日発表

[脚本]
ロジャー・O・ハーソン

[作詞・作曲]
スティーヴン・シュワルツ

[演出]
ダイアン・パウルス

[振付]
チェット・ウォーカー(in the style of Bob Fosse)

[サーカス・クリエーション]
ジプシー・シュナイダー(Les 7 doigts de la main)

[出演]
森崎ウィン Crystal Kay 今井清隆 霧矢大夢 愛加あゆ 岡田亮輔 中尾ミエ/前田美波里(Wキャスト)

神谷直樹、坂元宏旬、田極翼、茶谷健太、常住富大、石井亜早実、永石千尋、伯鞘麗名、妃白ゆあ、長谷川愛実、増井紬 他

[主催]
フジテレビジョン、キョードー東京、ワタナベインターテインメント

[共同制作]
バリー&フラン・ワイズラー、ハワード&ジャネット・ケイガン

[お問い合わせ]
キョードー東京 0570-550-799(平日11:00-18:00/土日祝10:00-18:00)

[URL]
公式HP:https://www.pippin2022.jp

Tokyo Now Author