『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』東京での開催決定!

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)は、2021年9月17日(金)から、2022年1月10日(月・祝)まで、日本のポップカルチャーを代表するサンリオキャラクターが大集合する『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』を開催します。

サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史
©2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

本展では、2020年で創業60周年を迎えた株式会社サンリオの歴史を辿ると同時に、のちに世界でも注目されることとなる「カワイイ」文化がどのように生まれ、発展していったのか、またその裏にある「サンリオの想い」を、貴重なデザインや商品とともに、深く解説していきます。

カワイイ文化を、サンリオ創業以前の歴史から紐解き、日本が産んだカワイイ文化の成り立ちや、発展についてサンリオ独自の目線で掘り下げていきます。発信側だからこそ明らかにできる、企画意図や苦労話など、本展でしか見ることが出来ないコンテンツを多数展示します。また、企業としてサンリオがどのような戦略でファンシービジネスを築きあげていったのかといったビジネス視点や、「やなせたかし」「水森亜土」「内藤ルネ」など日本を代表するアーティストとサンリオとの関係から、世界的アーティストのレディ・ガガが着用したことで話題を集めた、ハローキティのドレスの再現展示まで、サンリオの魅力を余すことなく体験できる展覧会です。

そして、サンリオがこれまでに制作した400以上のキャラクターのうち、ハローキティやマイメロディから、パティ&ジミーまで、懐かしいキャラクターにもスポットを当て、サンリオ史上最大となる800点以上の商品および貴重な原画や資料を展示します。

また、日本のKAWAII文化の第一人者であるアーティスト・アートディレクターの増田セバスチャン氏が、本展のために制作したシンボリックアート「Unforgettable Tower」をメインにした空間プロデュースを担当し、東京シティビューならではの景色と融合したダイナミックな空間演出をするほか、国内の新進気鋭アーティストたちとのコラボ作品も展示します。

さらに、東京会場では、期間中にハロウィン、クリスマス、お正月といった季節イベントに合わせた楽しい展開も予定しています。海抜250mの展望台、東京シティビューからの絶景と現代アート作品が融合し、より一層ポップでダイナミックなサンリオワールドをお楽しみいただけます。また、同フロアにある「Museum Cafe & Restaurant THE SUN & THE MOON」では、カワイイコラボメニューも登場予定です。

カワイイのヒミツを紐解く『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』で、見て触って食べて「カワイイ」文化をご堪能ください。

 

■本展覧会のみどころ

●プロローグ
増田セバスチャン氏によるシンボリックアート作品「Unforgettable Tower」
増田セバスチャン氏によるシンボリックアート作品を景色と融合した展望台の大空間で展示します。

サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史
シンボリックアートを制作した増田セバスチャン氏

●みどころ1 かわいいのはじまり
いちごから始まった「カワイイ文化」。日本のファンシー文化の秘密を探る。
「人を感動させる」サービスから始まったサンリオのカワイイ文化。
「ギフト」を通じて人々の「気持ち」を媒介する独特の手法をとりました。
他社のファンシーグッズとは一線を画する独自のサンリオスタイルのヒミツを探ります。
さらに、やなせたかしさん、水森亜土さん、内藤ルネさんとサンリオの関わりや軌跡もご紹介します。

●みどころ2 キャラクターの誕生
すべての判断基準は「カワイイ」?か、かわいくないか?
オリジナルキャラクターが誕生した背景は?サンリオデザインの秘密は罫線にある?!
なぜアーティスト性はいらない?作家性を排除したデザインとは?
なぜ、ストーリーをもたないキャラクターに人気がでるのか?
サンリオキャラクター誕生の過程を掘り下げます。

サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史
マイメロディ原画

●みどころ3 サンリオキャラクターズ
ヒットキャラクターをどうやって生み出すか?
1980年代、世の中にキャラクターが溢れかえった時代。その中で行われた熾烈な生き残り競争。
みんなに人気のあるキャラクターから、自分だけのキャラクターが欲しいという志向性へ変化しました。
生き延びるキャラクター、衰退するキャラクター。サンリオがいかにキャラクターを育成していったのかをご紹介します。

サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史
パティ&ジミー イメージラフ画

●みどころ4 いちご新聞
カワイイという感覚はすべて「いちご新聞」が教えてくれた!
子どものころ、一度は手にとったことがある「いちご新聞」。
いちご新聞を通じてファンに訴えたかったこと、ファンにとってのいちご新聞とはどういう存在だったのか?
往年の記事を中心に、サンリオファンといちご新聞およびサンリオとの関係性を、ショップやグッズのエピソードとともに紐解いていきます。

●みどころ5 ハローキティ ~世界のアイドルに成長したキャラクター~
大人が好きになってもいいの??ハローキティが起こした価値観の革命
ハローキティブームは単なるブームでなく「仕掛けられた革命」だった!
世界的アーティストのレディ・ガガが着用し、話題を集めたドレスの再現展示など、
ハローキティを通じて、サンリオキャラクターが長く愛し続けられるヒミツを解説します。

サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史
※ドレスは実際のものを再現した展示になります。

●みどころ6 新進気鋭のアーティストたちとの競演!
アートの各分野で活躍するアーティストが、本展のためにオリジナル作品を制作しました。
各アーティストによる、独自のサンリオアートをお楽しみください。

[参加予定アーティスト](順不同)
深堀隆介氏(オブジェ)、中臣一氏(バンブーアート)、森貴也氏(彫刻)、はしもとみお氏(彫刻)、福井利佐氏(切り絵)

 

<開催概要>

サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史

サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史

[会期]
2021年9月17日(金)~2022年1月10日(月・祝)

[会場]
東京シティビュー
(六本木ヒルズ森タワー52階)

[開館時間]
未定

[料金]
未定

[主催]
東京シティビュー、TBS

[企画制作]
サンリオ展製作委員会

[制作協力]
TMエンタテインメント

[問い合わせ]
03-6406-6652(東京シティビュー)

[公式サイト・SNS]
展覧会公式ポータルサイト:https://sanriocharactermuseum.com/
東京会場公式サイト:https://www.tokyocityview.com/sanrio-museum-ex/
サンリオ展公式Twitter:@sanrio_art
東京シティビュー公式Twitter:@tokyo_cityview

※本展覧会に関する情報は予告なく変更になる場合があります。
最新情報、詳細、注意事項を公式サイトおよび公式SNSにて必ずご確認ください。

©2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

 

Tokyo Now Author