莉子、秋田汐梨、永瀬莉子がパークでの“学生史上最高”の1日を描いた“青春動画”を公開!学生応援キャンペーン『ユニ春』 3月12日スタート!

今年で20周年を迎えるユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、超感動・超興奮によって【超元気】になれるNO LIMIT!な体験で、学生の皆さまに“学生史上最高の思い出”と“今後も途絶えることのない絆”を作っていただけるよう、学生応援キャンペーン『ユニ春(バル)』を3月12日(金)から4月28日(水)まで開催します。

「さぁ、ユニ春!」スペシャルサイト:https://www.usj.co.jp/web/ja/jp/campaign/students/spring-2021

“ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで学生史上最高の思い出づくり”がテーマのスペシャル青春動画「青春たっぷり!大切な仲間と一緒に、思いっきり笑顔はじけるパーク体験」を、 2021年3月4日に(木)から公開。この青春動画では、卒業を控えた高校3年生の3人がお揃いのコーデで、新エリア『スーパー・ニンテンドー・ワールド』をいち早く体験したり、パークで大人気のSNS映えスポットで写真を撮り合うなど、笑顔で思いっきりはしゃぎながら、心も身体も超元気になる“NO LIMIT!”な体験で、パークを大満喫し、絆を深める様子が描かれています。

本動画は、この1年に渡り多くの我慢を強いられ、学生生活の思い出を十分に作れなかった学生の皆さまに向けて、このまま学生生活を終えるのではなく、2021年の春を最高に楽しみ、 最高の思い出を作ってほしいという思いを込めて制作しました。普段から仲良しの関係だからこそ見られる“素の表情”や、どの瞬間を切り取っても最高の笑顔ではしゃぐ姿が印象的な動画となっています。誰もが共感し、自分も同じようにパークで友達と学生史上最高の思い出を作りたくなる“青春”動画です。

楽曲には、3人組ロックバンド「KALMA」の『これでいいんだ』を採用。本楽曲の、“とにかく前へと進み続けよう!!”という強い意志を表現したメッセージとユニバーサル・スタジオ・ジャパンの想いが重なり、動画をより一層盛り上げます。

 

■出演者インタビュー(莉子さん、秋田汐梨さん、永瀬莉子さん)

動画の公開にあわせ、出演者の莉子さん、秋田汐梨さん、永瀬莉子さんに撮影時の感想や、青春の思い出、2021年やりたいことなどについてインタビューを実施しました。

莉子、秋田汐梨、永瀬莉子『ユニ春』

Q. プライベートでも仲が良いという皆さんですが、撮影時のエピソードを教えてください。
秋田さん:撮影前から楽しみでワクワクしていました。実際に3人とも高校3年生ということもあって、当日は“卒業前の思い出作り!”という感じで、撮影をしていることを忘れてしまうほど楽しめました!

Q. 完成した動画をご覧になった際の感想を教えてください。
秋田さん:普段のワイワイしている部分を切り取った映像になっていて、とてもリアルだなと感じましたし、同年代の方には共感できるステキな動画になっていると思いました!3人で楽しんでいる姿は、本当に素の状態に近いと思います(笑)後半の方に写真がパパパパっと流れるところは、楽曲のテンポともあっていて、写真から楽しさが伝わってきて、青春だな~!っと感じてもらえると思います。

Q. 皆さんにとってユニバーサル・スタジオ・ジャパンはどのような場所ですか?また、パークでの思い出のエピソードを教えてください。
莉子さん:私は今回の撮影が初ユニバーサル・スタジオ・ジャパンだったのですが、私にとってユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行くということは憧れ的にも距離的にも一大イベントです。高校生のうちに友達と卒業旅行で行きたいねって話していたので今回このような形で一足先にユニバーサル・スタジオ・ジャパンを満喫できてとても嬉しかったです。
秋田さん:私は京都に住んでいて、年間パスポートを買うほどユニバーサル・スタジオ・ジャパンが大好きです。放課後に友達と弾丸で行こう!っとなる程、身近な存在でした。何度訪れても飽きない、友達との楽しい思い出がたくさん詰まった大好きな場所です!

Q. 本動画は「青春」をテーマにしていますが、皆さんにとって青春とはなんですか。またそのエピソードを教えてください。
永瀬さん:卒業も近づいているので、学校に行っている時間が青春です!特に高校最後のお昼ご飯はお弁当を仲良しの友達4人で食べました!チーズケーキを持ってきてくれたのでそれを食べました!特別な時間で最高に楽しかったです!

Q. 本動画には、卒業旅行を舞台に、“青春をこのまま終わらせない”という思いが込められていますが、皆さんが2020年にやり残したことや、2021年絶対にやりたいことや目標があれば教えてください。
秋田さん:卒業旅行です。旅行できるようになったら仲のいい友達と絶対行こう!と約束しています。大人数でユニバーサル・スタジオ・ジャパンに遊びに行きたいね!という話も出ていて、いつか叶えたいです!
永瀬さん:去年は姉と海外旅行の予定を立てていたのですが、このご時世なので旅行に行けなかったのが心残りです!今年の目標は当たり前だったことができなくなったことが多いので、まずは高校の卒業式が無事にできたら嬉しいです!あとは沢山写真を撮って思い出を形にして残したいです!!

Q. 女優さんとしても活躍されている皆さん。共演経験があると思いますが、 もし今後3人で共演するとしたらどんな作品に出演したいですか?また、今後挑戦したい役柄などあれば教えてください
莉子さん:3人とも同い年なので学園ものでみんな正反対の性格をしたクラスメイトの役をやってみたいです。今後挑戦したい役柄は今まで悪役的な役の経験がないのでいじわるな女の子の役など普段とは違う役に挑戦できたら嬉しいです。
永瀬さん:今回のCMでは同じ学校の仲良し3人組という設定だったので実際に学校生活を描いた青春ものをやったら楽しそうだなと思います。あとは、三姉妹の役も楽しそう!それぞれのキャラが濃いので面白いと思います(笑)私が挑戦したい役はまだ経験したことのない時代劇にチャレンジしたいです!私の知らない時代背景や所作などを学んでその時代を生きたいです。幅広く色んなことにチャレンジしていきたいです。

Q. 動画をご覧になっている皆さんにメッセージをお願い致します。
永瀬さん:今までとは違う時間のなかでもどかしい思いをした方もいると思います。私自身、戸惑うこともありましたが、その分、友達や家族との時間が今まで以上に特別に感じました。このCMを見て学生生活や学生時代を思い出したり、振り返ってもらえると嬉しいです。

莉子、秋田汐梨、永瀬莉子『ユニ春』

 

■楽曲担当「KALMA」インタビュー

楽曲担当のKALMAの皆さんには、起用楽曲に込めた想いや青春の思い出、2021年やりたいことなどについてインタビューを実施しました。

Q. 起用楽曲『これでいいんだ』は、どのような思いを込めて制作された曲なのか教えてください。
Vo&Gt 畑山悠月さん:歌詞にもあるように、「楽しい思い出や悲しかった思い出も全部抱きしめて、時には失敗したり落ち込むこともあるけれどなんとかなるさ!と笑って、何が起こったって結局は自分の人生なんだから、自分の思うがままに生きていこう!」そんなことを考えながら、毎日を過ごしていた時に自然とできた曲です。

Q. 動画をご覧になった感想を教えてください。
Ba 斉藤陸斗さん:高校生の修学旅行でユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行った事を思い出しました。その時はハロウィーンイベントが行われていて、とても楽しかった記憶があります。この映像を見て、もっとたくさん写真や動画といった、形に残る思い出を残しておけば良かったなと感じました!20歳になりましたが、また友人たちとユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行き、今の学生さん達よりも青春したいなと思っています!

Q. KALMAの皆さんは北海道出身ですが、皆さんにとってユニバーサル・スタジオ・ジャパンはどのような場所ですか?また、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの思い出のエピソードを教えてください。
Dr 金田竜也さん:高校の修学旅行で行ったり、ライブで大阪に訪れた時には陸斗と二人で行ったりしました。とにかく楽しい思い出がたくさん詰まった場所です!今度はメンバー三人で行きたいと思います。

Q. 本動画は、「青春」をテーマにしていますが、高校生の頃出会った皆さんは学生時代どのように過ごしていましたか。また、仲良くなったきっかけや青春の思い出について教えてください。
Vo&Gt 畑山悠月さん:高校生の時は特に部活もしてなかったし勉強もあまりしてなかったので、 なにをしていたかと問われてもすぐにパッとは思い浮かびませんが、ハッキリと覚えているのは、今までで一番楽しかった3年間だったことです。高校生活あってのバンドだし、高校生活あっての今です!陸斗とは家も近所で小学校入学前からの親友です。竜也は高校が別なのですが、仲が良くなったのは、札幌の街中を流れている川のベンチで一緒にテイクアウトした牛丼を食べた時です。その時から、片想いをしていました(笑)その後にバンドに誘って今のKALMAになりました。

Q. 本動画には、卒業旅行を舞台に、“青春をこのまま終わらせない”という思いが込められていますが、皆さんが2020年にやり残したことや、2021年絶対にやりたいことや目標があれば教えてください。
Vo&Gt 畑山悠月さん:2020年、個人的にはなんだかんだで笑って過ごせていたけれど、2021年は、その100倍くらいは笑いたいです!
Ba 斉藤陸斗さん:去年は今までの年と違って我慢しなければいけない事が多かったので、今年は状況次第ですがたくさん旅行をしたいなと思います!バンドで色々な都道府県に行くことも多いですが、個人的に旅行に行きたいです。
Dr 金田竜也さん:2021年はたくさんフェスに出たいです!去年できなかった分、たくさん出たいし無事にフェスが開催されるようになればいいなと思います!

 

■学生応援キャンペーン『ユニ春(バル)』について

学生諸君!年間パスを学割で!
これからも、いつだって、このメンバーで思いっきり遊びつくせる!「ユニバーサル年間パス」が期間限定で5,000円OFFに!
現役の学生はもちろん、学生最後の春を思い切り楽しめなかった今年の“卒業生”も対象となります。

[発売期間]
2021年3月4日(木)~2021年4月28日(水)
※チケットブースでの販売及び、 パーク内での販売・アップグレードは3月12日(金)より開始

[有効期間]
2021年3月12日(金)(未定)~2021年4月28日(水)のうち、1日を有効期間の開始日(初回入場日)として指定し、有効期間開始日から1年間利用できます。
※有効期間開始日に限り、除外日でも入場可

[対象者]
・学生証(原本)をお持ちの学生(中学生以上)
・2021年3月卒業の卒業証書・卒業証明書(原本)をお持ちの卒業生
※購入時(新規、更新)、アップグレード時、またはチケット引換時には学生証の原本のご提示が必要
※2021年3月卒業生のみ卒業証書・卒業証明書の原本でも可能
その場合、以下の原本いずれか一点を併せてご提示ください
1.パスポート 2.運転免許証 3.マイナンバーカード 4.保険証

[価格]
ユニバーサル年間パス(大人)(除外日:年間約20日)
通常価格 24,364円(税込 26,800円)→19,818円(税込 21,800円)
※ユニバーサル年間パス・ライト、ユニバーサル年間パス VIP、子ども料金は対象外となります

[発売箇所]
・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン チケットブース ※当日分のみ販売
・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内 年間パスセンター ※当日分のみ販売
・WEBチケットストア ※パーク引換えのみ、4月27日(火)まで販売
・ローソン(ローソンチケット、店頭の Loppi) ※パーク引換えのみ、当日来場分販売無し、4月27日(火)まで販売
※開始日を購入日とは別日に設定したい場合はWEBチケットストアをご利用ください

 

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンについて
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンはコムキャストNBCユニバーサルが完全所有しています。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、国内のみならず海外からも多くのゲストが訪れるエンターテイメント、レジャー界における一大ランドマークとしての地位を築きあげています。ハリウッドの人気映画だけではなく、さまざまな世界的人気エンターテイメント・ブランドをテーマとする本格的なアトラクションやショー、ゲストが思いきり楽しめるシーズナル・イベントなど、世界最高クオリティのエンターテイメントを提供し、訪れるゲストに世界最高の体験と思い出をつくっていただいています。2001年の開業以来、常に革新をし続けており、近年は「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」が絶大な人気を博しているほか、「ジュラシック・パーク」エリア一帯を滑走する画期的なフライングコースター「ザ・フライング・ダイナソー」、大人気エリア「ミニオン・パーク」ではミニオンたちが繰り広げる想像を超える“ハチャメチャ″が楽しめる「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」など次々と世界最高エンターテイメントを打ち出し、さらなる進化・成長を遂げています。さらに、任天堂が世界に誇るキャラクターたちやその世界観をテーマにしたエンターテイメントをお楽しみいただける新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」をオープンします。

WIZARDING WORLD and all related trademarks, characters, names, and indicia are © & ™ Warner Bros. Entertainment Inc. Publishing Rights © JKR. (s21) Minions and all related elements and indicia TM & © 2021 Universal Studios. All rights reserved.
© 2021 Peanuts Worldwide LLC © Walter Lantz Productions LLC TM & © Universal Studios & Amblin Entertainment
TM & © Universal Studios. All rights reserved.  ©Nintendo

Tokyo Now Author