『スカーレット・ピンパーネル』開幕直前囲み取材!石丸幹二「1年を経て熟した」と手応え

昨年2016年に好評を博した主演石丸幹二、 ヒロイン安蘭けいのミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』が早くも再演される。 初日となる11月13日(月)前日に、 大阪・梅田芸術劇場メインホールで、 報道陣に向けてプレスコールと囲み取材が行われた。 昨年の舞台より続投の石丸幹二、 安蘭けい、 石井一孝の他、 再演で新たに加わった上原理生、 泉見洋平、 松下洸平が囲み取材に登壇、 華やかな衣装に身を包み意気込みを語った。

本作は1997年にフランク・ワイルドホーン作曲にてブロードウェイで初演、 日本でも宝塚歌劇団による上演など再演を重ねる人気作。 フランス革命後の恐怖政治が進むなか、 イギリス貴族のパーシー・ブレイク二ー(石丸)が、 知恵と勇気で無実の人々を救う痛快な冒険活劇だ。 昨年、 ガブリエル・バリー潤色・演出にて、 新曲も加わった“世界初の新バージョン”を上演。 再演では気鋭の石丸さち子が演出に加わり、 より進化した舞台で魅せる。

プレスコールでは3シーンを披露。 元恋人のマルグリット(安蘭)に熱い想いをぶつけるフランス政府全権大使・ショーヴラン(石井)のナンバー「あの日の君はどこへ」、 パーシーの仲間・ピンパーネル団によるナンバー「炎のなかへ」、 マルグリットの「悲惨な世界のためにリプライズ」、 パーシーがマルグリットの愛の深さに気づく「あなたはそこに」などが歌い継がれた。

囲み取材で石丸は、 「1年置くことで、 こんなに熟するのだなと実感しています」と話し、 キャストが一新されたピンパーネル団との芝居でも、 「演者が変わることでセリフの魂の宿り方が大きく違ってきます。 新たな球をどうキャッチするか、 楽しみながら演じることができています」と再演の手応えを感じている様子。
宝塚歌劇星組公演では主役のパーシーを演じ、 本作ではヒロインに挑戦している安蘭も「ショーヴランとの関係をもっと深く考えようと思いながら、 稽古をしてきました。 その結果、 三角関係が鮮やかに出ていれば」と、 芝居の面での変化をまず語った。 ショーヴランを演じる石井は、 「このように全身真っ黒の装いになるとすごくやる気も出て、 マルグリットはもはや僕の手に抱かれるのではないか、 という思いでいます!」と熱く語る。 その隣で安蘭は「ムリムリ」と笑い、 場を和ませてチームワークの良さもにじませる。

ロベスピエールとプリンス・オブ・ウェールズの二役を演じる上原は、 「ワイルドホーンさんの作品には初めて出演しますが、 名曲ばかりで(舞台裏でも)ずっといい曲が流れているから幸せで心が潤います。 (昨年加わった)新曲を一回一回大事に歌いたいです」と話す。 ピンパーネル団のデュハーストを演じる泉見も、 「ロマンティックな曲や勇ましい曲、 妖しい曲などタイプが違うのに、 言葉が直球で届く」と話し、 アルマンを演じる松下も「この作品の曲は誰の耳にもスッと入り込み、 何度も何度も聴きたくなります」と楽曲を絶賛する。

フランク・ワイルドホーン氏の『ジキル&ハイド』などにも出演してきた石丸は、 「歌えば歌うほど次のハードルが見つかり、 そのハードルをどう越えていこうかと楽しくなり、 どんどん挑戦してしまいます」と氏の楽曲の魅力を語る。 安蘭も「一曲ずつシングルカットして発売してほしいぐらいすべていい曲!メロディに添って歌えば自然と感情も流れてきます」と話す。 石井も「『スカーレット・ピンパーネル』の音楽はシーンに即した全く違うベクトルの曲が実にきれいに並んでいて、 奇跡だと思いますね!」と力強く語った。

美しく壮大な難曲を歌いこなせるメンバーが揃い、 芝居の面でも深まった新たな『スカーレット・ピンパーネル』。 本作は大阪公演後、 東京でも上演される。 石丸パーシーを筆頭に一致団結した熱い舞台が期待できそうだ。

文:小野寺亜紀/撮影:岸隆子(Studio Elenish)

 

<公演情報>

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』

[大阪公演]
2017年11月13日(月)~11月15日(水)梅田芸術劇場メインホール
S席 13,000円 A席 9,000円 B席  5,000円(全席指定・税込)

[東京公演]
2017年11月20日(月)~12月5日(火)  TBS赤坂ACTシアター
S席 13,000円 A席 9,000円(全席指定・税込)*未就学児童入場不可

[お問合せ]
梅田芸術劇場 [東京]0570-077-039/[大阪]06-6377-3800

公式ホームページ:http://www.umegei.com/the-scarlet-pimpernel
公式ツイッター:@pimpernel_2017

Tokyo Now Author