ジャニーズJr. 稲葉光、冨岡健翔、福士申樹、野澤祐樹 出演!舞台『野暮兄弟と小狐ちゃん』開幕

ジャニーズJr.の稲葉光、冨岡健翔、福士申樹、野澤祐樹が出演する舞台『野暮兄弟と小狐ちゃん』が、1月14日に東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて開幕した。初日前日には同劇場にてゲネプロが行われ4人は本番さながらの熱のこもった芝居を披露した。

©GEKKO

徹(稲葉)とヒロユキ(福士)と瑛士(冨岡)という、まるで兄弟のように仲が良い3人だが、 残念な共通点があった。それは女心を理解していない。だから女にモテない。ゆえに女に苦労しているというもの。その理由は三人三様だが、そんな3人がそれぞれ真剣に好きになった女性が現れた。
三人は、いつものように半分実体験、半分妄想の恋バナで盛り上がるのだが、三人にはもう一つの別の共通点があることが発覚し、いつしか三人は険悪のムードに……。そして、そこに謎の女(野澤)が絡んで、事態はおかしな方向へ……。
一体、謎の女の正体とは何なのか?そして、三人は本物の愛を見つけることができるのか?

とにかくすべてにおいてウザい徹、女をクソと思っているチャラ男のヒロユキ、一見モテそうなのに経験値が足りず常に自分に自信がない瑛士を、稲葉、福士、冨岡がリアルに、そしてコミカルに演じる様は見ているだけで笑いがこみ上げる。3人の“野暮”なところは男女問わず「あるある」「わかる!」と自身の経験や思い出を誰かしらに重ねながら楽しめることだろう。ただこの物語はそれだけではない驚きの秘密が隠されており、事態が進むにつれ謎が深まっていく。その鍵を握るのが狂言回し・野澤の存在。観客に進行説明やペンライトの使い方を教えるだけでなく、時には身体を張って謎の女を演じ、3人を惑わせる。この物語をより面白く転がしていくための起爆剤として、やたら背が高く、そして意外と色っぽい野澤にご注目いただきたい。

 

■ゲネプロ終了後の4人からメッセージが到着!

稲葉はよく通る声で元気よく、「明日から初日を迎えます。スタッフ、キャストともども感染対策しながら最後まで頑張ります!」、そして冨岡は少し落ち着いた声質で「緊急事態宣言が出ましたが、少しでもたくさんの方に笑って元気を出していただきたいです」と力強くコメント。
福士は「今日ゲネプロができて良かったです!」と笑顔を見せ「今日の失敗を糧に明日からの本番、頑張ります」と苦笑いを見せると稲葉たちがたまらず吹き出し「頑張ろうね!いや、頑張れ!」と互いを励ましあっていた。
最後に野澤は「今回僕は初めて女性役をやったんですが、男性の方にお伝えしたい事がありまして。ストッキングは最初は大人3人がかりじゃないと履けません!以上です!」と暴露し、笑いを誘っていた。

劇中ではダンスも披露、そしてジャニーズあるある(!)まで、ファンにとってはたまらないネタも盛りだくさん!なお、前出の通り、公演オリジナルのペンライトを使って観客も芝居に参加する場面があるのでより芝居を楽しみたい方はぜひ事前に入手をお勧めしたい。

(文:こむらさき/撮影:GEKKO)

 

<公演概要>

『野暮兄弟と小狐ちゃん』

[演出]
三枝孝臣

[原作]
ゴージャス村上

[脚色]
可児理華

[出演]
稲葉光、冨岡健翔、福士申樹、野澤祐樹

[公式サイト]
https://yabobros-littlefox.com

[公式Twitter]
@YaboBros_LilFox

[企画・製作]
(株)ミックスゾーン

[公演日程]
2021年1月14日(木)~1月17日(日)
※1月7日に政府より発出されました緊急事態宣言の内容に鑑みまして、本公演では一部公演の開演時間の繰り上げを行います。
《該当公演》
・1月14日(木)19:00開演→18:30開演
・1月15日(金)19:00開演→18:30開演
※本公演の上演時間は途中休憩なしの90分を予定しております。

[会場]
紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

[一般発売]
チケット発売日 12/12(土)AM10:00~

[チケット料金]
9,900円(全席指定・税込)/未就学児入場不可

[お問い合わせ]
サンライズプロモーション東京(平日12:00~15:00) 0570-00-3337

 

ご来場のお客様に安心してご観劇を楽しんで頂けるよう、出演者・スタッフ一丸となって、万全の対策を講じてまいります。
新型コロナウイルス感染拡大を考慮し、会場収容人数の制限、及びフィジカルディスタンスを確保しての開催を予定しております。また、出演者・スタッフの検温、体調管理、PCR検査などを実施し、劇場内の換気の強化、消毒も徹底してまいります。
ご来場のお客様への検温やマスクの着用、手指の消毒にもご協力頂きます。感染症対策の詳細はオフィシャルサイトをご確認下さい。

Tokyo Now Author