“一発撮り×ライブ上映×縦型動画”、新感覚ライブエンターテイメント『A/LIVE』始動!

舞台×映画×LINE NEWS VISIONで魅せる、新感覚ライブエンターテイメント『A/LIVE(エーライブ)』が始動する。

キャストには注目の若手俳優・塩野瑛久、山田愛奈や、個性派俳優・加藤諒、坂口涼太郎、実力派俳優・丸山智己、紺野まひるが出演。『鵜頭川村事件』、『全裸監督』などの脚本を手掛ける脚本家によるチームライティングをはじめ、制作陣にも大物・注目の若手クリエイターたちが多数参画、新しいVISIONを生み出す夢のようなコラボレーションがLINE NEWS VISIONで実現します。

 

■『A/LIVE』で試される新しい舞台と映画の形とは

“生で見る芸術”という考えの舞台においては、その瞬間、その場でしか生まれない“ヒリヒリするような”生の緊張感や演技の熱量、そして観客との一体感があります。

そこで、配信でもその空気感をなんとか伝えられないかと考えたのが、劇場のセット内に組み込まれた10台以上の映画用高感度カメラを駆使して、“一発撮り”に挑戦し、その映像を映画館でライブ上映し、さらに有料オンラインライブ「LINE LIVE-VIEWING」にてオンライン生配信します。

単なる舞台の生配信ではなく、映画化、しかも縦型動画での映像化を前提にした舞台美術、照明、カメラワークの設計を行うことでまったく新しい舞台表現を目指し、また映画作品としても、“限りなく生に近い映画”そして“縦型映像”というこれまでにない新しい体験を提供します。

また、LINE LIVE-VIEWINGでは本編だけでなく、LINE LIVE-VIEWINGでしか観られない、キャストらによるアフタートークなども限定配信いたします。ライブ配信中はコメントやハートを送って視聴者同士で興奮を共有し、まるで実際の劇場にいるような一体感と非日常感を体感できます。

 

■注目の若手俳優とトップクリエイターが集結した密室劇ミステリー

『A/LIVE(エーライブ)』が作品を通じて訴えかける“生き抜く”ことへのメッセージは、コロナ禍で大打撃を受けたエンターテイメント業界に携わるすべての人の想いの投影です。

エンタメを止めてはいけない、生き続けなければいけないという叫びにも似た“エンタメ人”らの想いが詰まる本作には、塩野瑛久、山田愛奈、加藤諒、坂口涼太郎といった注目の若手俳優と、大人の色香を放つ丸山智己、紺野まひるが出演。

そして制作陣には、撮影監督には大物クリエイターの鯵坂輝国、また、「鵜頭川村事件」、「全裸監督」、「MOZU」シリーズ、「深夜食堂」などの脚本を手掛ける脚本家がチームライティングで執筆します。若手演出家・岸本鮎佳も脚本、演出、映像制作に参加。

各業界で活躍する若手とベテラントップクリエイターもコラボレーションも、本作の見どころの一つです。

また『A/LIVE(エーライブ)』は、LINE NEWSが展開する縦型動画コンテンツ「VISION」において、その縦型動画ならではの映像表現を活かした配信コンテンツとしても提供されます。

狭角という縦型動画の特徴を活かし、寄りでの目線の動きや表情の変化を見せることで心理ゲームへの没入感を高めたり、心の声を縦型字幕で象徴的に見せ、心理戦の攻防に奥行きを持たせるという、縦型動画ならではの新たな物語体験を提供します。
また、LINE NEWS VISIONでの配信には、本企画の制作過程や上演の舞台裏などのドキュメンタリー映像も追加されます。

 

―STORY―
ある日、金髪の大学生・健一郎(塩野瑛久)と愛菜(山田愛奈)は、謎の男・「いなだ」から、『行方不明になっている友人・隅田幸生(加藤諒)の居場所を知りたいなら、地下のパブに来い』と呼び出される。
パブに向かうと、そこには幸生と関係があると思われる人物——ナイト(坂口涼太郎)、龍彦(丸山智己)、恵美(紺野まひる)、店員の翼(黒沢リコ)、店長の成島(吉田東吾)ら5人が集められていた。
「いなだ」から『この7人の中に幸生を殺した犯人がいる、自分たちで探し出せ』と告げられた健一郎らは、s閉じ込められた密室の中で、犯人を探すための心理戦を繰り広げていく。
次々と明らかになっていく、それぞれが知らない幸生の姿・・・そして物語は意外な結末へと向かっていくーー。

 

[タイトル]
『A/LIVE(エーライブ)』+アフタートーク

[出演]
塩野瑛久 山田愛奈 加藤諒 坂口涼太郎 丸山智己 紺野まひる

[制作スタッフ]
脚本:チームライティング(和田清人 ヒツジ 仁志光佑)
音楽:岡田ユミ
音響:吉田ゐさお
ドキュメンタリー ディレクター:もろんのん
ナイトフォトグラフィー撮影:Junya Watanabe
ビジュアルデザイン:consommé design bloc
OP・メインビジュアル撮影:bird and insect
撮影監督:鯵坂輝国
照明・平野勝利
テクニカルディレクター:伊藤格(dittok media production technology)
プロデュース:村瀬博之(キューブ) 橋尾恭介
演出:岸本鮎佳(艶∞ポリス)

《LINE LIVE-VIEWING 概要》
タイトル︓『A/LIVE(エーライブ)』+アフタートーク
配信日︓12月20日(日)開場 18:30/開演 19:00
(上演時間 60分、キャストによるアフタートーク 30分程度)
料金︓3300円(税込/別途、システム利用料 220円)
チケット販売期間︓12月10日(木)7:00~12月23日(水)21:00まで
アーカイブ配信期間︓12月23日(水)23:59までチケット購入リンク
https://viewing.live.line.me/live/584
※詳しい視聴方法、推奨環境、注意事項に関しては、LINE LIVE-VIEWING公式サイト( https://viewing.live.line.me/ )をご確認ください。

《映画館上演情報》
上映館:ユーロスペース東京都渋谷区円山町 1-5 KINOHAUS 3F
上映日︓12月20日(日)
開場 19:00/開映 19:10(上演時間 60分)
(トークセッションはございません)
料金︓1400円(税込)
チケット購入︓ユーロスペース公式HPにて( http://www.eurospace.co.jp/
お問い合わせ︓ユーロスペース(03-3461-0211)
※出演者及び公演スケジュールは予告なく変更となる場合がございます。
※ご購入先の注意事項をご参照ください。

 

LINE NEWS「VISIONとは
「LINE NEWS」の動画プロジェクト「VISION」は、スマートフォンに特化した新たな映像表現を目指し、「LINE」アプリの「ニュースタブ」内に掲出される縦型動画コンテンツです。

『A/LIVE』LINE 公式アカウント:https://line.me/R/ti/p/%40oa-vi-alive

Tokyo Now Author