東京芸術祭2020 野外劇「NIPPON・CHA! CHA! CHA!」開幕!

東京芸術祭2020の野外劇として、故・如月小春がオリンピック前夜の喧騒を描いた「NIPPON・CHA! CHA! CHA!」が2020年10月18日にGLOBAL RING THEATREで初日を迎えました。

撮影:住田麿音

「NIPPON・CHA! CHA! CHA!」は1988年に如月小春の長編作品として発表され、現在に至るまで様々なアーティストによって再演が繰り返されており、直近では2020年1月にKAAT神奈川芸術劇場にて山田うん演出で上演されるなど、如月小春の代表作の一つです。今回は東京芸術祭2020の野外劇で、期せずして作品の舞台と同じオリンピック開催前となった2020年10月の上演になりました。

本作品の演出は、鳥取の鳥の劇場の芸術監督であり、幅広い作品を現代にも通ずる高い普遍性をもって演出することで国内外からの高い評価を受ける、演出家中島諒人がつとめます。

また、音楽には渋さ知らズの不破大輔、舞台美術には建築家のアトリエ・ワンを迎え、応募者200名のオーディションから選ばれた気鋭の俳優14名で、25日までこの野外劇に挑みます。

 

<公演概要>

東京芸術祭2020野外劇「NIPPON・CHA! CHA! CHA!」

作:如月小春
上演台本・演出:中島諒人(鳥の劇場)
総合ディレクター:宮城聰(演出家、SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督)
日程:2020年10月18日(日)~25日(日)17:30開演 [東京芸術祭2020会期中]
会場:GLOBAL RING THEATRE(池袋西口公園野外劇場)
主催:東京芸術祭実行委員会
共催:鳥の劇場運営委員会

[キャスト]
ホリユウキ (DULL-COLORED POP) 斎藤友香莉 絵理子 (劇団ホチキス) 菅沼岳 木村聡太 嶋村桜
川鍋知記 宮下泰幸 三橋麻子 小口響郁 下地萌音 チカナガチサト 関森絵美 齊藤頼陽 (鳥の劇場)

[スタッフ]
音楽:不破大輔(渋さ知らズ)
美術:アトリエ・ワン
音響:原伸弘(オハラ企画)
照明:大迫浩二
メインテーマ作曲:武中淳彦(鳥の劇場)
衣裳:KiRi(tathagata)
ヘアメイク:安田茉耶(鳥の劇場)
舞台監督:岩崎健一郎(ニケステージワークス)
演出助手:中井尋央(ステージワークURAK)
テクニカルマネージャー:八木清市、後藤恭徳(ニケステージワークス)
宣伝美術:安藤理樹
制作:北川大輔 大中小 / 神田圭美(鳥の劇場) 甲斐荘秀生
企画製作:佐藤商事株式会社

[チケット]
500円(当日同額・全席自由)
東京芸術祭公式ウェブサイト( https://tokyo-festival.jp/ )にて

 

<開催概要>

東京芸術祭2020

[会期]
2020(令和2)年9月30日(水)~11月29日(日)

[会場]
東京芸術劇場、あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)、東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)、GLOBAL RING THEATRE(池袋西口公園野外劇場) ほか 池袋周辺エリア

[主催]
東京芸術祭実行委員会
<豊島区、公益財団法人としま未来文化財団、フェスティバル/トーキョー実行委員会、公益財団法人東京都歴史文化財団(東京芸術劇場・アーツカウンシル東京)>

[URL]
東京芸術祭公式サイト:https://tokyo-festival.jp/
Facebook:@tokyofestivalsince2016
Twitter:@tokyo_festival
Instagram:tokyo_festival

※内容は予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

 

東京芸術祭について
東京芸術祭は、東京の多彩で奥深い芸術文化を通して世界とつながることを目指した都市型の総合芸術祭で、2016年から開催しています。2018年より、総合ディレクターとして就任した宮城聰氏(演出家、SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督)と各事業のディレクター(プランニングチーム)との協働体制で展開しています。

Tokyo Now Author